市野よしたかブログ

<< 59名のアルバム・・・・・ | main | 身を切る覚悟 × 24年度決算賛成討論 >>

2013.10.01 Tuesday

核のゴミ × 水道事業復興のため気仙沼へ職員1名派遣

おはようございます。

◎増税と核のゴミ
本日午後、来年4月から消費税が「5⇒8%」に増税されることが正式表明される。
社会保障費の増・慢性的な財政赤字への対応他の理由により、一定の理解はできる。
一方、この増税が3.11被災地の復興の足かせになることは間違いない。
復興建設土木事業の入札不調による事業の遅れ。
住宅再建・生活支援の影響も大きい。
8月被災地へ向かった際、双葉町周辺で除染作業中の大型土のう(これも核のゴミだ)を見てきたが、今後も続くこの工事も影響する。
進まない復興への影響や国内全体で生活への影響は大きい。

◎気仙沼へ職員派遣
9月下旬、日本水道協会からの水道事業復興を目的とした要請を受け、被災地・気仙沼へ1年間の予定で1名が派遣された。
水道事業の施設整備に関して多くの経験を有する職員。
慣れない土地・担当する工事の入札不調他、困難が待ち受けているが、被災地でしか体験・勉強する事もできないことも多い。
多くの事を吸収して桑名へ還元してほしいと思う。

本日(10/1)は、9月市議会最終日。
市役所へ向かう前に18年前から行ってきた少年スポーツの支援作業を今から2時間ほど。

Trackback URL


Comments

Comment form