市野よしたかブログ

<< 障がい者支援他 | main | 障がい者作品展 他 >>

2008.04.25 Friday

モラル+桑名市の財政

本日の新聞各紙にチューリップを傘でなぎ倒す写真が掲載された。
★頭にくる!!の一言。
背広を着た中年男性であろうか?
上司への腹いせ、仕事がうまくいかない。
本人は、さぞかし新聞・TVに、その行為が掲載をされて内心は穏やかでなないだろう。
定期的に、防犯・青少年パトロール、河川清掃・不法投棄活動に参加をしている自分にとっては許せない行為だ。

さて、本日午前、総務政策委員会協議会で、行財政改革の市側からの説明有り。

厳しいことに変わりはないが、
過去のブログ(3/24)や市政レポートN0.3、4に掲載をした内容の意見の一部を再度、質問・政策提案をした。
 (最近のコメントにも同じ回答をしている。)
新規・継続事業を凍結・中止することで、一時的には
財政は好転をするが、それで市民の安心・安全は守られるのか?
従って、安心・安全のためにやらなければならないことはやる。

仮に補助金の入った継続事業中止をするのであれば、過去の国の補助金、起債(借金)も返却しなければならない場合も発生する。
★更に財政負担増となる。

行財政改革の「メリハリ」をどうやってつけていくか。
落としどころを考えていく必要がある。

Trackback URL


Comments

Comment form