市野よしたかブログ

<< 四刻八刻十二刻、数の概念 | main |

2018.05.03 Thursday

情報公開、必須事項

おはようございます。

4月中旬、市民からの問い合わせで市に対し情報公開。
想定はしていたが、結果的に思わぬ結果となった。

その内容を相談者に連絡。
市の方針に対し反論異論(正当性有り)は示されるものの「職員はそこまで追い込まれていたのではないか。気の毒でならない。」とした言葉が返ってきた。

20年ほど前に読んだ情報公開に関する行政関係の研修資料を思い出した。
この時期は情報公開が全国的に本格化しようとした時期。

そこには「これまで会議録(概要)作成の際、相手が何を言って何と答えたかが会議録の主眼に置かれていた場合が見受けられる。今後は何を伝え何を説明し主張したかも力点にしなければならない。協議事項にはポイントがあり、そこは確実に記載する必要がある。」と記されていた。

国会は加計問題で空転状態。
愛媛県が公開した文書。
柳瀬経産相審議官(元首相秘書官)が首相官邸で2015年に県・市・学園関係者と面会した(県)、していない(柳瀬氏)、首相案件(県)である・・・。
一転して柳瀬氏は、関係者と面会を認め、与党も参考人招致する方向に転換した。

学園・県関係者が会議録を作成しようとするとき、要望案件に関し誰とどこで面会し、相手側が何を言ったかを作成する。
更に首相秘書官から「首相案件」と言われれば期待し、会議録記載の必須事項になる。
国会招致の際、面会は認めるが首相案件の言葉は最後まで否定すると推測されるが、それに対し学園や県関係者は最後まで否定するはず。

連休後、国会は審議再開となるが、首相案件を言った言わないでまた空転状態になるかもしれない。

4月末から別途案件で連絡や偶然お会いしたから話をお聞きし市に対し情報公開をしなければならなくなった。
考えること多々。

連休中もご案内をいただいた場所を訪問したり、早朝・夕刻は作業の日々。
ご連絡をいただく方に感謝。

Trackback URL


Comments

市役所内に通りまかる本質的なパワハラXX職員によると整理正論を申しのべても聞き入れられず指示通り対応し雲行きがおかしくなるとそんな指示はしていないあげくのはて給与カット辞めろ異動させる職員指導期限までに工事完成や書類作成協議でも+の報告だけ上申しーは報告せず後に問題発生を部下に指導すれば異議を申し立てる今回の件は本末転倒そもそもあなたが指摘した8時23分の件それに質問の主旨がわからない答弁では何も職場はかわらないXX職員談をコメントにします
忖度がまかりとる政治の世界。

そもそも、そのような事がいっぱいされているのだろう。

関係する上級の国家公務員が平気で虚偽答弁を繰り返したが、

証拠の積み上げで、そとぼりを埋められ申し開きが、出来ない状況に追い込まれて、漸く罪を認める。

人間としてのプライドも尊厳も一切、持ち合わせていない悲しい

現実だ。

人は、最後まで嘘を貫けないものだ。それが人間として、当たり前だ。

市の行政執行に、忖度が蔓延る事は無いと信じたいが、、、

行政執行は、常に公明正大でなければ、世の中は崩壊するだろう。

Comment form