市野よしたかブログ

<< 初月忌 | main | 水面が「見える⇔見えない」この違いは大きい >>

2018.06.20 Wednesday

市民を守ってくれないのか

おはようございます

6/19(月)7時58分、大阪北部を震源とする地震発生。
お亡くなりになりました方のご冥福、被災されました皆様にお見舞いと早期の復旧をお祈り申し上げます

タイトルは、6/8(金)多度議会報告会で会場から出された言葉。
重みがあるで済まされないような意味がある。

5/11頃、多度古野地区で林道崩壊が発生。
高さ50m、幅30m。
現場上流に地区200戸に給水する水道取水口、地域の皆さんから崇敬される青池神社がある。
多度会場市議に所管の都市経済委員会の市議2名は知らされていない。
11日(金)会派の所管委員長に確認したが知らされていなかった。

出水期となり崩壊が拡大し浄水場までの導水管の破断で断水し飲料水・消火栓への影響や、更なる土砂災害、土石流発生等を心配されていた。
当然以上の事だ。
市と協議しているが何ら進んでいないとお聞きした。

報告会班長であったので「市へ厳しく問う」と申し上げた。

今、外は雨。
時間雨量5ミリ程度。

19日(月)の地震発生20分後「崩壊現場の確認へ行ったか」と市へ連絡。
その時点で関係職員が行こうとしていたどうかがわからないが(午後現地確認)、地震直後に指示し「確認に向かう」回答があればよかったが、残念ながら指示されていなかったようだ。

危機管理は、マニュアル以上に即時対応、イメージし次の対応を指示することが求められる。
これまで何回も指摘したが改善された印象を受けない。

報告会は予定1時間半を大幅に延長し2時間15分、その半分以上は多度小中一貫校の問題。
議会は市民から直接、意見聴取する機会となり、大きな意味があった。
次、市民から直接意見を聴かなければならないのは誰か。

昨日6/19(火)、本会議場での質問が始まり、私は21日(木)午後2時〜3時頃、質問予定。
議会報告会で出された市民の声を中心に質問。

さて、昨日新聞報道された1名の市議に対し再度、議員辞職勧告決議を可決いたしました。早朝より連絡もいただきました。
自らを律し活動していきます。

是々非々、粛々の姿勢は変わりません。

Trackback URL


Comments

危機管理マニュアルについて


 多度町。長島町総合支所が、地区市民センターに変貌した。

 この事により、両町民が危惧した事の一つに、危機管理体制が大丈夫なのかを大いに疑念をもった。

 センター職員だけでは、職員数が激減しているので、防災体制に従事する職員がセンターの職員だけでは、足りないと皆が思っている。

 議員報告会では、センターに勤務する職員以外に地区市民センター毎に、担当職員をの配置をしたとのことであった。
 それなら、そのような情報は自治会長会議等できちんと自治会長に伝えなければならない。

 無用の心配事を無くさねば、意味がない。

市役所のする事は、大切な事ばかりです。

職員だけが、理解していても機能しません。市民に周知徹底することが、大事でしょう。
尊宅  →  忖度  変換ミスです。
市民の生命財産の保全に勤めるのが、自治体の役割。使命です。

危機管理の欠如に、憤る市民が多くいることに、気づかなくてはいけません。

市長への尊宅ばかりでは、市民の気持ちは、付いていけないでしょう。

市役所の各部署では、日々の業務に忙殺・多忙を理解できるが、昔のアナログ時代に比すれば、社会の情勢や情報を今や用意意に取得できる時代です。

職員各位には、日々の研鑽をよりされるように、期待します。

貴兄の議会質問にも注視します。

Comment form