市野よしたかブログ

<< 市民を守ってくれないのか | main |

2018.06.29 Friday

水面が「見える⇔見えない」この違いは大きい

おはようございます。

6/27(水)、会派3名で「児童心理療育施設・同隣接小中分校、木曽岬町源緑防災ステーション(国道23号線沿い)」を視察。
児童施設では計画が県の計画で進められたものが、当初、地元説明会時に県の協力が得られず県庁へ出向いた9年前を思い出す。
県庁職員10名を前にし「どちらが正しい」と問答し、何も答えることができない県職員の姿を思い出す。
現段階でも県の計画なのに県の十分な支援は受けられず、結局、その余波を児童や職員、教員が背負うことになっている。

木曽岬では、土盛・造成等の面的整備は国交省、3階建施設は町が整備。
桑名の城南防災ステーションとの違い。
木曽岬「川の水面が見える」⇔城南「水面が見えない」、揖斐長良川下流の白鶏防災ステーションも水面が見える。

3.11東日本大震災の際、リアス式海岸や堤防で水面が見えないことが心理的に影響し犠牲となった方もみえる。
水面が「見える⇔見えない」この違いは大きい。

6/25(月)〜26(水)、委員会開催。
私が班長を務めさせていただいた多度での議会報告会で伺ったご意見を私を含め班の市議が各委員会で質問。

前ブログの古野大規模林道崩壊は、現場下流域は県が土砂災害警戒区域指定の影響範囲内。
林道(農林)・林道下に水道導水管(水道)、土砂災害警戒区域(土木)等で、幅広く各部に質問。
市民から見れば、他人事のように答弁しているとした聞こえず、考えること多々。

6月議会最終日は、7/3(火)。

早朝、草刈りの日々。
車からクラクションを鳴らし手を挙げてくれる方に感謝。

金が無いにも程がある。

Trackback URL


Comments

Comment form