市野よしたかブログ

2008.04.20 Sunday

視察報告追加+2日間

<彦根市に関する視察報告追加>
彦根市においては、下記のとおり職員給与の削減を実施。
 市長10%、副市長・教育長5%の給与削減
 管理職手当 部・次長級10%、課長級職員8%
  ※職員の時間外手当に関しても10%減を目指している。
職員給与改革は給与体系・水準や財政状況等を詳しい調査が必要で、単純に桑名市とは比較することはできないが、3月議会において「市長・副市長に関し3%減を行った桑名市」より大胆な改革であることに間違いはない。
この彦根市の給与改革は大きく彦根市民の皆さんからも評価をされているだろう。
視察後、市役所1階の各課の窓口対応を見ようとすると、すぐに「どこにご用件ですか?」と尋ねられ、視察に来た旨を伝える。
地域通貨「彦(げん)」のお知らせ版を発見。
◎趣旨「美しいひこね創造活動に参加しましょう」
この通貨に関しては資料をいただきました。
 ※詳しくは彦根市HPをご覧ください。

★4/19(土)
午前 四日市での講演会に参加
午後 三男のサッカー練習試合を30分ほど見学し、その後、
   障がい者作品展に関し、大橋議員ほか関係者と打ち合わせ他
夜  月1回参加をしている少年警察協助員の方と
   約2時間パトロール。春・土曜日であり人の活動も活発。
   数名の少年のグループに声をかけたり、自転車無灯の少年に
   声をかけたりイロイロ。 

★4/20(日)
午前 県トライアスロン協会の総会出席のため鈴鹿へ車を走らせる。
   毎年の「青少年スポーツセンター」と思い込み
   会場へ行くが、会議掲示板に記載がない?
   通知を再確認すると今年は「青少年研修センター」!しまった!
   約10分かかり移動するが総会終了時点に到着。
   会長さんと3分ほど話。会長さんとは8年前、
   北海道オロロンライントライアスロン大会で出会ってから、
   長良川大会等で声をかけていただいている。
午後 障がい者の方の作品展に関して報道機関等の対応準備後、
   長島輪中図書館で(市民の方から)以前から依頼をされている
   調べものと、藍染展の見学。(展示は最近新聞各紙に掲載有)
   その後、なばなの里の人の入りを見ながら、
    (意外と1号線は渋滞をしていなかったが)
   1号線から博物館「松平定信展」へ行くが入館時間に間に合わず。
   本日2度目!しまった!

さて、4/19(土)中日新聞に、私も参加をさせていただいている「木曽三川ごみの会」の活動を国際協力事業団インドネシア研修生の方が視察(4/18)され、その記事が掲載されていました。
(残念ながら、私は彦根市への視察が先に入り不参加。)
ごみの会の組織としての清掃通算活動回数は約100回になります。
この100回は行政側への報告回数のみで、不法投棄等の随時の回数も入れれば数百回になるでしょう。
「石も積もれば山となる=始めは少人数の活動も回を重ねるごとに人も増え広く社会認識されるようになった」  
この活動を知るものにとって、そんなことを感じさせる新聞記事でした。







   











   政策
1/1