市野よしたかブログ

2018.05.03 Thursday

情報公開、必須事項

おはようございます。

4月中旬、市民からの問い合わせで市に対し情報公開。
想定はしていたが、結果的に思わぬ結果となった。

その内容を相談者に連絡。
市の方針に対し反論異論(正当性有り)は示されるものの「職員はそこまで追い込まれていたのではないか。気の毒でならない。」とした言葉が返ってきた。

20年ほど前に読んだ情報公開に関する行政関係の研修資料を思い出した。
この時期は情報公開が全国的に本格化しようとした時期。

そこには「これまで会議録(概要)作成の際、相手が何を言って何と答えたかが会議録の主眼に置かれていた場合が見受けられる。今後は何を伝え何を説明し主張したかも力点にしなければならない。協議事項にはポイントがあり、そこは確実に記載する必要がある。」と記されていた。

国会は加計問題で空転状態。
愛媛県が公開した文書。
柳瀬経産相審議官(元首相秘書官)が首相官邸で2015年に県・市・学園関係者と面会した(県)、していない(柳瀬氏)、首相案件(県)である・・・。
一転して柳瀬氏は、関係者と面会を認め、与党も参考人招致する方向に転換した。

学園・県関係者が会議録を作成しようとするとき、要望案件に関し誰とどこで面会し、相手側が何を言ったかを作成する。
更に首相秘書官から「首相案件」と言われれば期待し、会議録記載の必須事項になる。
国会招致の際、面会は認めるが首相案件の言葉は最後まで否定すると推測されるが、それに対し学園や県関係者は最後まで否定するはず。

連休後、国会は審議再開となるが、首相案件を言った言わないでまた空転状態になるかもしれない。

4月末から別途案件で連絡や偶然お会いしたから話をお聞きし市に対し情報公開をしなければならなくなった。
考えること多々。

連休中もご案内をいただいた場所を訪問したり、早朝・夕刻は作業の日々。
ご連絡をいただく方に感謝。
1/1