市野よしたかブログ

2007.09.30 Sunday

長島中授業参観、決算委員会 他

「長島中授業参観」
9/27日の長中体育祭の翌日28日、
保護者の方から、今週は保護者・関係者が自由に授業を参観できると聞ききし、長中を再訪。
8:45から50分ほどの時間でしたが有意義でした。
校長先生から15分ほど、学校の状況を聞いた後、廊下から授業を見学。
数学の授業では、方程式を自分で解こうとしましたが、半分はOK、半分は×。
全体的に落ち着いた雰囲気の授業でした。
地元の伊曽島小もよく訪問する際、いつも掲示物を見ることから、同じ行動を。
長中では、全国中学校体育大会に出場した生徒が、新聞全国紙に投稿した力強いコラムや自分も目標の掲示物等・・・・。
8年前に長中のPTA会長をしていた当時より、掲示物が多く感じる。
10:00から決算特別委員会のため、急いで市役所へ。

「決算特別委員会」
10:00〜16:30まで、総務部・市長公室・危機管理部・消防本部.環境部(説明・質疑)、保健福祉部(説明のみ)
職員として執行側の立場であったので、質問に答える職員の気持ちがよくわかる。
先輩議員が質問すると「自分ならこう答える」とすぐ頭の中で考えてしまう。
途中、先輩議員から「遠慮せずにもっとやれ。」とご意見・ご指導をいただく。
議論が活発になったのは、PFI・指定管理者制度。
4名の方が質問。
この委員会での議論とは、少し方向性がズレた部分があったが、有意義な議論の展開。
私は「基金」「消防車の配備」他について質問。
10/1・2の委員会ではしっかり質問します。

「コメントをいただいた方へ」
上記の委員会報告でも書きましたが、職員出身ということで遠慮している部分があり、同じようなコメントを前にもいただいています。
今後、本会議・委員会しっかり質問をします。

2007.09.28 Friday

長中体育祭、国政 他

「長中体育祭」
昨日27日は長中体育祭。
曇りで後半には小雨があったものの、暑くも無く寒くもなく。

(関心・感銘・驚いたこと)
保護者の見学者の多さ。約150人
全校リレーのハンディのある生徒へ走る距離を短く。
借り物競走では、女子生徒が男子の先生・生徒と普通に手をつないだり。
生徒・先生の真剣さ。
(特に先生、クラスの生徒が走るときは、並んで走ったり。何回もしているので、先生は今日は筋肉痛?)


「国政」他
背水の陣 福田内閣が発足し数日経過。
構造改革を継承しながらも調整型内閣・地域格差是正の側面も。

特に考えてほしいことは、地方、特に過疎地域への配慮。
教育は地方で受け(投資され)、社会人になったら都会へ(税収は都会へ)
山を守り農地を守り治山・治水し、緑・水・空気を守っているのは、地方の人。(都会もしていますが)
(交付税の地方への特別措置があるのは当然)
郵政民営化で過疎部の郵便局がなくなり、郵便局が担っていた、高齢者の安否確認等は誰がするのか?
福田内閣もしっかり地方の現実を見てほしい。

構造改革の名のもと、地方自治体・桑名市でも、急速に行財政改革が進みんでいる。
構造改革が進みつつも、調整型・地方重視に変化し、日本は一色でないことに、ようやく気付いている。
まちづくりも一色でないと私は思う。

2007.09.27 Thursday

建設企業委員会・時代の壁 他

「建設企業委員会」
昨日26日、建設企業委員会が開催され出席。

議題
午前 市内視察
午後 水道料金改定、桑名・多度・長島の水道事業統合とガス事業民営化に伴う条例改正他の審議 18:00終了

「時代の壁」
社会全体に戦前・戦後という時代の壁があります。
私の住む長島では、更に伊勢湾台風(前・後生)(体験・未体験)の壁があります。
桑名・東海地区でも、そういった地域が多いと思います。
S34.9.26  伊勢湾台風来襲
S35.3.13生まれの私(台風の際にはお腹の中で浮いていました。)
私の住む長島・伊曽島は、特に大被害を受け、当時の長島の人口約8000人の内、長島では383人(人口の約4%)の方が亡くなり、その多くは伊曽島の方です。

従って、小学校では私の前後の学年が約35名のクラスであったのに対し、私の学年は28名でした。
少ない原因として台風で0歳の同年の方が亡くなったことによるものです。

昨年11月の当選後、様々な研修会等で演壇の場所をいただく機会を得ますが、今日の朝その場をいただき、時代の壁・伊勢湾台風の話と安心・安全なまつづくりについて話をさせていただきました。
災害は忘れた頃にやってくる→災害はいつやってくるかわからない
時代に変化しています。
今一度、災害のことを再考しましょう。

2007.09.25 Tuesday

中秋の名月・お詫び 他

「中秋の名月」
今日は中秋の名月です。
桑名近辺に「月見の寺」と呼ばれるお寺があるのが、ご存知でしょうか。
海津市南濃町(南濃ドライブインの西側山の中腹)の「行基寺」(高洲松平藩菩提寺)が、その寺です。
約20年ほど前に、職員時代・社会教育公民館担当の時に、その寺の存在を知り、年に何回か訪ねるようになりました。
普段でも、木曽三川の一望することができ、風光明媚なお寺です。
冬に訪れたときは、目の前約5mでサルに出あいました。5匹くらい。
毎年中秋の名月には、夜間でも開門(午後8時頃まで)されています。
一度、お出かけください。(拝観料:要) 

「お詫び」
年金保険料等の横領について、「桑名では無い」と報告をさせていただきましたが、国の2回目の調査において桑名市においても約20年前に13万円の横領の事実が判明しました。
議会本会議で判明し21日会派代表者会議で報告がされました。
内容は、新聞報道されましたのでご理解をいただいていることと存じます。
「桑名では無い」は、1回目の調査時点でしたのでご理解ください。
深くお詫び申し上げます。

「3連休」
22日(土)
長島地区の3小学校の運動会を回りました。
私達の時代とは内容がかなり違います。
全校リレーや表現(よさこいソーラン・組体操)・・・・。

23日(日)
喫茶「新栄丸」が、本日からオープンし、朝訪ねました。
障がい者の方の作業所「のぞみの里」が運営にあたります。
当面は、午前中のみです。火曜定休。
次は、長島自動車学校のイベントへ。
のぞみの里も出店。
市役所危機管理部もゲーム感覚での自転車安全の体験を担当し人気のコーナーで、子ども達の列ができていました。ご苦労様でした。
その後、障がい者の方の視察「くわのみ実」のイベントへ。
コロッケが美味。
午後からは、輪中図書館を訪問他。

24日(月)
問い合わせ事項の調査他いろいろ。
やはり、現場の調査が必要です。

2007.09.21 Friday

9月議会NO.6

昨日20日、当会派の大橋議員が一般質問。
内容、
災害に対する備えについて
 生活弱者・高齢者世帯等の情報の関係者の共有
 災害対策本部になる市役所の耐震化
 災害に対する職員の意識
多分化共生 etc

輪島市を視察した際、地震後に職員が市役所へ登庁する際、災害状況の把握・安否確認等を聴きながら登庁し、数時間後は市民の安否確認ができた話を思い出しました。
(地域性もあると思いますが)

さて、昨日の夜は、建設企業委員会の視察を受けて、駅自由通路・市営住宅に関して自分なりの委員会への政策提言をまとめました。

10月5日まで、議会は続きます。
国会は休会状況ですが、桑名市議会は活動をしています。

追記「お詫び」
年金の横領問題について、ブログに「桑名ではない」と書きましたが、本日の一般質問の中において、過去において1件発生していたとの報告がされました。
国の2回目の調査のようです。
「桑名ではない」との回答の時点は1回目でしたので、ご理解ください。

2007.09.20 Thursday

9月議会NO.5 他

昨日19日は、一般質問で新志会から飯田議員が質問。

子ども議会での発言でも出た、久米小学校の通学路対策を3月議会に続いて再度質問。
答弁は、あまり前進がみられなかったが、内容は十分に市側は理解をしている。
安心・安全なまちづくりのため、H20年度は、是非、調査費・用地買収費を予算化してほしい。
子ども議会での発言を速やかに実現するのが行政と議会の役目。

他会派から2名の方が、多度・長島の図書館他の指定管理者制度について質問。
地域性や心の問題からの発言。納得する質問内容。
「業務仕様書」により解決したいの回答。
(指定管理者制度:公の施設の管理・運営を民間に委託する制度)

地域活動をしている方であれば「仕様書では解決できない地域性・心の問題が、多々ある。」と感じるはず。(私の持論 
指定管理者制度を使わなくて、行政改革により経費削減を図ることを考えるのが本来の姿。(私の持論◆
この制度で、桑名を巡るお金・経済効果を考えているのか。(私の持論)

夜は、少年警察協助員3名の方と、19:30から長島地区のパトロール。
市議になってから、パトロールのお誘いを受け参加している。
毎月19日の夜、約1時間半実施。
3名の方は、このほかに昼間3日間程度、不法投棄の監視も兼ねパトロールをされる。今回は、伊曽島駐在所警察官の方も同行。

特に大きな問題は無かったが、いつも気になるのは、長島駅のゴミ。

パトロール中、放置バイク等も確認し、NO・距離を記録し、次回の際、距離の確認をされ、放置であるか判断をされる。
(皆さん、自分に置き換えたらできますか?)
移動中の車の中の話も、今後のまちづくりの参考になる。
有言実行の方の発言の重みをいつも感じます。

今後もこのパトロールに参加を続けます。

2007.09.19 Wednesday

9月議会N.4 他

昨日18日、本会議において会派の代表質疑をしました。

※主な内容

18年度決算内容
財政調整基金(市の貯金)
いじめ問題
学校給食費滞納とモンスターペアレント
(常識の範囲を越え、学校へ理不尽な要求をする保護者)
PFIと指定管理者制度の効果
(公の施設の民間への管理・運営委託)
国保税の収納対策と改定
下水道の計画と料金改定
入札の低落札の問題 etc

時間は60分与えられるのですが、45分で終わりました。
前回、質問が多すぎて回答が半分で終わったので、今回は、市側も簡潔明瞭な回答でした。市側に感謝します。

形式的な回答もありましたが、
「モンスターペアレント → 統計を取る」
「給食費の悪質滞納 → 滞納者の5%」
「いじめ問題 → 17年度39件、18年度71件」
(但し、昨年10月から把握の取り方が変更による増も有)etc

具体的な数値・回答も出てきました。
後日、後援会たより等でお知らせさせていただきます。

尚、給食費の滞納については、本日、中日新聞北勢版に詳しく掲載されています。
12月水道料金、6月賃金他の25%の配当留保、9月給食費の滞納が記事となりました。
新聞掲載率は3/4、75%となりました。
記者の方、ありがとうございました。

2007.09.18 Tuesday

敬老会N.2 他

9/16の午前中、長島北部・中部地区の合同の敬老会に出席。

中部の北よりの位置に長島防災コミュニティセンターが建設されたことに伴い、今年は合同で開催。
2名の婦人会長さんの挨拶の中にも笑いがあり、司会者とそのアシスタントをされた方も、見事なてきぱきとした司会・アシストでした。
ただ、合同で開催されたことに伴い、会場が狭い感じ。

午後から出番の子ども達の控室も外で、参加者が増えたら、かなり厳しいのでは?

午後は、小雨・風の中、海津市長良川漕艇場で、桑名市から参加しているレガッタクルーの応援に。
各クラスの決勝に、桑名から4チームが残り、2チームが3位に。
参加された皆さん、ご苦労様でした。

本日9/18の朝は、お決まりの早朝の堤防ゴミ拾い。
長島温泉の花火が終わったため、めっきり少なくなりましたが、目立つのは釣り客のゴミ。テングス・釣り針の袋・・・・・。

2007.09.17 Monday

総裁選 他

総裁選 福田氏・麻生氏の街頭演説等TVで見た。

堅実・調整・共生・松 福田氏
劇場・発言・行動・桜 麻生氏の印象を得た。
皆さんも同じでは?

圧倒的、福田氏の有利の中、自民県連の多数が、党員の意向を聞く動きに出ている。国民の意見を聞くという流れでは、たいへんいい流れだ。

今回、派閥の理論の問題が、再燃をしている。
しかし、現実に派閥の理論だろうか。

突然、安倍総理の辞任と内閣支持率の低下等で「国民が何を望んでいるか」方向性を感じ取ったのでは?

さて、今回の街頭演説で、皆さん何か気付きませんでしたか?
2人の後ろに、小池百合子議員がいたことを。
中東・外交通であるのは、承知しているが、新進党・保守党・自民党と渡り歩きながら、知らぬ間に政権の中枢に?
今回、街頭演説の車の上にいたのは、何か、党の役員でもしているのか?

総裁選終了後、国会論争が本格的になる。
メインは、年金とテロ特措法。
インド洋の給油は、日本の国際貢献で各国も評価はしている。
民主党も、かっての社会党のように、何でも反対ではなく、どういった国際貢献をしていくのか、メディアを利用するなど、その政策を見える形で提言をしてほしい。

2007.09.15 Saturday

自民党総裁選、9月議会

「自民党総裁選」
額賀氏が、福田支持を表明し、福田氏・麻生氏の一騎打ちに。
圧倒的に福田氏有利の方向。
福田氏は、党内からの待望論を受けての出馬。

今回、若い麻生氏より年配の福田氏が選ばれた方が、今後想定される近い将来の衆議院選挙において自民が惨敗し場合、麻生氏がその時になれる機会もある。
福田氏は、自民党のアクを抜く貧乏くじかも。

安倍総裁(イメージは桜)→福田氏(イメージは松)で、
田中総裁→三木総裁の時のことを思いだす。

振り子の現象のように、全く色合いの違う反対の人が後を継ぐのが今回はいいかも。
今まで自民党の総裁選では、このようなことは何回もあった。
麻生氏も次に十分にチャンスはある。

「9月議会」
昨日、午後から会派内で現行のチェツク。
文章の構成、内容、理論の展開の仕方、政策の方向性・・・・。
私の出番は、18日火曜日午後2時頃です。
1/3 >>