市野よしたかブログ

2007.10.31 Wednesday

地域審議会NO.2 他

●地域審議会NO.2 他
昨日10/30,午前・多度、午後・長島の地域審議会が開催された。

議員研修他のため傍聴できず残念。
出席した方の話によると、多度・2時間、長島・3時間10分。

その他事項他で、様々な質問が出たとのこと。昨日のブログの中に書いたような地域審議会の意義・存在、まちづくり全般に関わること・・・・etc
時間が足りず時間切れのような状況とのこと。
審議会である以上、定期的に意見書・答申を出すような方向であってほしい。

さて、昨日の午後は議員全員参加の議員研修。
講師は、元全国議長会調査部長で実務経験からの話であり有意義。
政務調査費・地方議会の展望等・・・・。

この研修や最近、自分が考えること。
地方自治・地方議会を考えると、議会が危ないと感じる。
行財政改革の名のもと、画一的な国主導による市町村合併、集中改革プラン・役所の目標管理制度・・・・等が立案される。
これは、地方議会のみならず国会においても同じ。

議会の果たす役割は、審査権・議決権・立法権・政策提案権。
これが確実に機能していれば、行財政改革等はすでに実行され、これ程、問題にならないはず。
昨日の研修の中でもあったが、役所×議会になると、圧倒的に役所の方が情報量が多く、行政のスペシャリストである。
その中にあって、議員は自己研修・啓発に努め、その職責を果たさなければならない。
最近、議会の会派室でなにをしているのとよく聞かれますが、この「自己研修・啓発」です。
3月までの想定される行政スケジュールに合わせ、12・3月議会までの質問は、ほぼ現在で策定済み。
この質問内容の理論的武装・根拠の肉付けをしている。

話は変わり「秋の夜」
昨日は友人2名と 飲みにケーション。
話は多岐。
数年前は仕事でうつ病寸前だった・・・・。
最近の桑名の出来事。
自分の1年前。
終盤に入り、10月に事務所を立ち上げ、荷物も多くなり帰るとき事務所の荷物を持っていくことができなくなり、床にダンボールを敷き毛布をかぶり約3週間過ごしていた。
もう1年経過。こんなに早い1年は初めてです。

2007.10.30 Tuesday

地域審議会・大学駅伝

「地域審議会」
桑名・多度・長島の地域審議会が開催される(た)。

昨日、10/29の午後は桑名。
本日、10/30の午前は多度、午後は長島。
ということで昨日、桑名地区地域審議会を傍聴した。
  (多度・長島は、議員研修他のため傍聴できません。)
  ※地域審議会は、合併協議により10年間
   H27・3・31まで設置され、委員の任期は2年。

 5件の報告と議題として2件の内容であった。

◎感じたこと・・・・
 ゞ軌藕埓の責任者が出席していない。なぜ??
   (教育行政の所管の質問に対し、市長部局が回答をしていた。)
 ∧鷙陲筏賃蠅瞭睛討蓮何が違うのか??
   (議題2件も報告の内容)
 2馗后ι会長選出(数分)
    報告・議題に時間をとられすぎていたのでは??
     (約1時間30分)

報告等に関し、積極的・前向きな意見・評価も有ったが・・・・。

他市・先進地の事例では、地域審議会が地域の案件・課題に対し優先順位をつけたり、まちづくりの方針に対し、定期的に意見書・答申をしている。

会派では、桑名全域に中学校区ごとに地域審議会を設置してはどうかと提言をしている。
各分野の代表者の方が集まり、その地域のまちづくりの方向性について審議をして、市に対し意見書・答申書を提出する。そんな地域審議会であってほしい。

●大学駅伝●
11/4(日)、伊勢路を大学の長距離会トップランナーが駆け抜ける。
10年くらい前までは、1月に開催されていたが、
選手コンディション・他の大会との調整から、今では11月に。

子どもが幼・小学生の頃は、R23売店から揖斐・長良川の橋までの歩道を1位の選手といっしょに走ることを楽しみにしていた。
応援に自宅を出る際、TVをビデオ録画をしておき、
選手が走り終わったら自宅に帰り、
ビデオに選手を並走する自分の姿が写っていたら、
子ども達は「おおはしゃぎして、やったー!!!」

選手は、小学生3年生くらいが、全力疾走するスピード「330m/分」で駆け抜けます。
全日本クラスの選手のレベルを感じ、目のあたりをするには絶好の機会。

ちなみに長島を通過するのは、9:00〜9:15です。
小さなお子さんをお持ちの方、こんな楽しみ方もあります。
是非、一度、お試しください。

2007.10.29 Monday

秋のイベント 他

秋のイベントの最中のため、市内各所へ。

10/27(土)
10:00 コスモス祭(長島遊館広場) 
    雨のため人の入りはイマイチ。押し寿司他購入。
11:00 コスモス祭(桑名上之輪)   〃
    ミス桑名と入れ違い、下が雨でベタベタのため
   「ヒールで行けるのか?」と思い次ぎの会場へ。
    川えび・自然薯を買う。両方美味で、夜に自宅でビールのツマミに。
14:00 コスモス祭(長島遊館広場)
    餅つきを手伝いに行く。
    この頃には、やや少ないが人はマズマズ。
    図書館のイベントに合わせて、餅つきをしているのですぐになくなる。
      ※その他、市内各所で情報収集。

10/28(日)
10:00 みのり作業所30周年イベント・地域交流会
  ※開会の通所者によるミニコンサートを聴き・ケーキ他を購入後に津へ
11:15 暁高校サッカー部選手権二次リーグ応援(津市海浜公園)
  ※今年の選手権予選は見ているとおもしろい。
   強豪校が、引き分けたりしている。
      (後半途中からトンボ帰りして)
13:30 昨日に続き「コスモス祭(長島遊館広場)」の餅つき手伝い。
  (晴天のため大盛況、大行列。)
15:00 長島フットサル大会見学・応援(長島中部小)
  (幼年から大人・家族で集う大会、地域性が強く感じられる。)
17:00 地元の方にお誘いを受け、30名の方と懇親。貴重な時間。 

 この2日間の発見他
  「桑名の自然薯・川えびは美味」
   自然薯を天ぷら料理に使うことも上之輪コスモス祭で試食で知る。

 桑名市内でイベント盛んです。市民の皆さん、出かけましょう。
 桑名の新たな魅力を発見します。

※亀田兄弟・長男の記者会見が先週末ありました。
 20才の青年の普通の顔をしていた。
 厳しく温かく今後は見守っていきましょう。
 ただ、TBS、きちんとコメントしろ。報道記者・機関と社会の関係
  TBS×ミャンマーで凶弾に倒れたジャーナリスト
 この違いをよく考えよう。

2007.10.26 Friday

くわな教研NO.2 他

「くわな教研N0.2」
昨日のブログに関し何名かの先生方からご意見をいただき、当日、話を聞かせていただいたことから。

◎外国人教育少人数の授業
ルビ・ふりがなが、漢字の下につけてあった教材。
昨日、参加された指導主事の先生と話をした。
「なかなか気付きそうで気付かない箇所であり、研究授業後の話し合いにもでてきた。その目的。」
.屮薀献襪任魯襯咾魏爾砲垢襦
  のほかに
∧絃呂鯑匹鵑任い際に、ルビを紙等で隠しながら読めば漢字の習得にもなる。
教材として2つの要素があるとの話をいただいた。
さすがー。

◎作品にコメント等の見たしるしがあった。
当日、「作品等にコメント・しるし等がある。」とこちらから話をしたら、
「全ての作品にあるわけではありません。例えば習字。以前は、作品に朱墨(朱色の墨汁)で丸して(○◎・・・・)評価していたが、児童の作品をそのまま見せるということで、していないこともある。」と教示していただく。
・・十分に納得・・・

4年前に小学校6年生を対象に2限の授業をしたことがある。
地元の神社でS58年から6名仲間との伶人をしていることから、日本の伝統音楽「雅楽」について、当日は、仲間4名が授業に講師として参加。
神社では「玉串」等の際に奏でる「越天楽」ほか1曲、計2曲しかできませんが。
教材を作成や2限の時間配分とか、思った以上に準備に時間がかかり先生方の苦労を実感した。
当日の授業の自己採点75点。
その後、授業を受けた子ども達から感想が寄せられ感動。
その中の1文から、「久々にお父さんの頑張っている姿を見た。」
授業に参加していた、当時6年生の三男の感想。
当時の自分の姿を反映した三男の感想に・・・・・でした。

2007.10.25 Thursday

くわな教研 他

「くわな教研」
昨日10/24、くわな教研、学校の先生方の授業研究に2会場(1h×2会場)を回った。43会場で研究授業を実施。

午前 深谷小学校
特別支援教育での生活単元「劇遊び」を見させていただいた後、他の授業も。
特別支援教室では、先生の豊かな表情での児童への接し方に感銘した。子どもが自主的に動くまで待つ雰囲気も感じた。
音楽室では、高学年の和太鼓の授業も見せていただいた。児童を太鼓の世界に引きつけていた。
教室・廊下の作品(観察記録他)にも、担任教諭がこの作品を見たという「しるし・サイン・コメント」もあった。(学校に長く関わるとこういうことも気が付くようになります。)

午後 光陵中学校 
外国人児童生徒教育の授業を見せていただく。
少人数の複数学年の取り出し授業「日本史」。
教材に驚く。
ルビ・ふりがなが、漢字の下につけてある。ブラジルでは、下にふりがなをつけるとのこと。
B4(1枚)に縄文時代から古墳時代のことをうまくまとめ、土器・埴輪等を実際に見せ関心を持たせていた。
授業の展開では、生徒を見つめ答えを導き出せようとする雰囲気が十分に伝わってきた。
後で聞いたら、専門は国語の先生とのこと。

(教員は[自信を持って教育(共育※)をする役者]が私の持論。いい意味で言っているのです。研究授業を担当された先生には、それが感じられた。)※共育−子ども・教員・学校・地域が共に育つ

2校では、校長・教頭先生他と短い時間ではあったが懇談。学校の現状、地域との関わり他。
深谷小では、学校に隣接しコスモスが広がっていた。
これも地元の方の協力によるものとのこと。
久々に会う先生方も有り、有意義な学校訪問。


「役所の常識は社会の非常識」
今日の新聞各紙。
名古屋市議選における、選挙カー燃料費に関して、区選管から満額の請求をするように指示が出ていたとか?
「あきれる。」の一言。

再度、私も自らを律し活動します。

2007.10.24 Wednesday

常識は非常識 他

費用弁償と選挙カー

新聞各紙に愛知県議会の費用弁償と名古屋市議会選挙カーに関する公費負担の記事。

愛知県議会では、閉会中での登庁でも費用弁償15000円を支給。
費用弁償は、交通費や日当等の性格を持つが、閉会中はどうか??
議員の活動スタイルも違うことから、閉会中も県庁議会棟で調査をする人、自宅や事務所でする人・・。
遠方の県議であれば、県庁までかなりの時間を要する人・・・。様々。
登庁に時間を要する方は、県庁の近くで、APを借りている人もいるかも?
しかし、閉会中登庁の費用弁償は、どうか????

名古屋市議会では、選挙カー公費負担も問題に。
うまく公費負担分を車の広報機器・看板等にしていたように・・。

私は、全くしておりませんのでご安心を!!
それが支援者の皆さんの条件で、20代前半に「県知事と語る集い」等、明るい選挙運動をしていましたので自分のポリシーでもあります。

赤福他         「会社の常識は社会の非常識」
愛知県議会・名古屋市議会「議員の常識は社会の非常識」
役所を取り巻く環境   「役所の常識は社会の非常識」・・・

最近、長島のみならず桑名・多度の方とお会いすることが多々・・あり、こんなことを感じる。少しずつですが、桑名全区になりつつあります。

私もかっては公務員で、今は議員です。自らを律し、活動をします。

昨日10/23
午前中、40分ほど、市長・公室長へ、4定例議会を新人会派で終え、これまでの指導等へのお礼と市政に関し懇談。
その後、「なばなの里」の開発に尽力された長島観光協会・青空市実行委員会会長の丹羽会長さんを会派で訪ね懇談。有言実行の方の発言は、重みがある。会派5名も感じたはず。
午後は、桑名初、元東洋チャンピオンの石井KOZO氏による、ボクシングプロ興行12/22の現状報告と打ち合わせ。
石井氏のかざらない紳士的な態度やボクシングを通じた青少年の育成の心には感銘する。誰かとは大違い。
皆さん、是非、来場してください。

2007.10.23 Tuesday

秋のイベント学校版 他

昨日10/22(月)、光風中学校の体育祭へ。
この1ヶ月間、幼保小中学校の運動会・体育祭・授業参観他に結構行っています。
この日は、光風中学校体育祭を午前・午後各1時間テントから。

学年別クラス対抗全校リレー
学年別クラス対抗選抜リレー他を見学。

最後の3年生男子による選抜リレーでは、優勝したクラスがグランドへ流れ込む!
クラスのまとまりや歓喜に、お・・・・・・って感じ!

この1ヶ月間で感じたことは、この半年間、桑名の学校教育界には、いろいろあったが、基本的には「桑名の学校教育は死なず」を実感した。

学校の先生方へ「理解し見ている人は見ています。」頑張ってください。

2007.10.22 Monday

秋のイベント・役所メセナ

10/20(土)
午前 戦没者追悼式(市民会館)
   桑名三川商工会イベント(長島商工会館前)
午後 あちこちで意見交換・調査

10/21(日)
午前 キッズサッカー視察(木曽川河川敷)
   桑名三川商工会イベント(長島商工会館前)
   御台所祭
午後 高校サッカー選手権試合応援(鈴鹿)
   まちづくり情報交換

桑名三川商工会のイベントを見学に。
多度・長島の商工会が合併し初のイベント。
合併効果も現れていた。
何と、多度の馬車が長島の駅周辺に出現。エーって感じ。

キッズサッカー、高一三男が運営に協力をしていると聞き、
来るな・・・・と言われたが、逆にいってやろうと思い見学。
人は一杯で、三男はどこにいるのか不明。
気になったことは、一部の保護者のマナー。
河川敷の道路には路上駐車しないで!!!!

御台所祭、数年前に見に行ってから、しばらくご無沙汰。
表は人で一杯、裏の方も見る。
寺町って、こんなに情緒があったかなと気付かされる。
市職員の方もボランティアで協力をしている。
ただのおじさんの格好をしていてもお、職員・知人から声をかけられる。

私が職員時代から職員の若手に、
「行政側として人にボランティアと言うなら、1年に1回でいいから、ボランティアをしたらどうか。まちづくりの視野も広がる。」結構口癖のように言っていた。
バブル全盛期の頃、「企業メセナ」といわれることがあった。
企業の「人」「物(箱物)」「金」で地域社会に貢献すること。
企業では文化・福祉事業団等を設立し補助金の交付等をしているのが、その一例。
私は「役所メセナ」があるべきだと思う。
「金」「物」は、市民全体のもの。ならば、「人」。
約1600人の市職員が市内で、1回/年、何かボランティアをしたら、そのマンパワーはすごい。
この役所メセナに関して、ご意見のある方は、是非、コメントで投稿をお願いします。

最近、前向きなコメントが2件、感謝。

   

2007.10.19 Friday

「愛のピアノ」

昨日10/18の午前中、会派で市民の方からの要望等の意見交換会がありましたが、伊曽島小学校で伊勢湾台風後に「奥様は魔女」に主演されたシャーリー・マックレーンさんほか俳優から贈られた「愛のピアノ」を使った授業があり、この授業を拝見させていただきました。

講師には5歳で台風に遭い、伊曽島小卒業で愛知県内中学校で音楽教諭の方をお招きし授業が行われ、この講師を小学校3年生で担任された先生も参加。
台風時には赴任されたばかりで、学童疎開の祭には児童に同行されています。

伊曽島小では、この台風で59/353名中の方が亡くなっています。

※2週間ほど前にこの件に関しブログに掲載しましたが、本日の中日・毎日・読売新聞にも詳しく掲載されています。

2007.10.18 Thursday

終わったこと。会ったらお疲れさんと声をかけたい

「終わったこと。会ったらお疲れさんと声をかけたい。」

世界戦での王者の言葉。
王者の品位と品格を感じる。

TBSは、コメントを出したのみで、ボクシングを桧舞台に押し上げたプラスの面はあるが、挑戦者の親・家との考えや方向性が一致し、メディアとして社会をあおり今回の事態となった社会的責任を感じていないように感じる。
TBSはっきり、「悪かった。ごめんなさい。」と言え。

12Rプロレス技の後、ラッキーパンチで挑戦者が勝っていたら、どうなったのか?
その後、社会的影響を考えると、どうなっていたのだろう。
翌朝のTV番組では、王者を讃えるTBS。こんなもんか!

2週間ほど前、ミャンマーで命をかけ民主化を伝えようとしたジャーナリストの方が銃弾に志半ばに倒れた。

TBSとジャーナリスト。この違いをよく考えよう。
1/2 >>