市野よしたかブログ

2008.04.30 Wednesday

お田植祭 他

★4/29(火)
午前 
早朝会合に出席
その後、伊曽島神社 お田植祭
2月の祈年祭で決まった長地自治会・農家組合でのお田植祭に伶人兼来賓で参加。
このお田植祭の特徴は、神田を受けることになった、地区の子ども達も農家組合長(各地区の農家代表)といっしょに田植えをすること。
田植えの経験が今の子供達にはない。
今回も10名ほどの子ども達が参加。ほほえましい姿。
植え終わった苗のラインはガタガタ、それを大人の皆さんが修正。

午後
鈴鹿文化会館「外国人との共生シンポジウム」に参加。
基調講演の坂本英徳氏による講演内容は、今までの取り組みを整理する意味で貴重であった。
坂本氏は、法務省でかって入国管理の最前線にいた方。
同省の入国管理局論文募集に応募し「今後の出入国管理行政のあり方」と題した論文が優秀賞になり後に「坂本論文」として日本の出入国行政に大きな影響を与えている。
少子高齢化が急速に進行しつつある日本社会において
  「外国人を受け入れなければ日本社会は維持できない。」
  「安価な労働力としか外国人を見ていない日本社会の現状」
を厳しく指摘をされた。
  「外国人に夢を与える社会構築・機会均等」
  「仮称・移民庁の設置」の提言をされた。
 ※政府与党の勉強会にも講師として招かれ講演をされている。
パネルディスカッションは途中で離席し、長島で所用をすませ、桑名市体育館での新日本プロレスの会場へ。

12月石井ジムによるボクシングに続く、桑名でのプロスポーツの第2弾目の興行。
4試合目から観戦。観客は約1000人。
ファイナル試合では、桑名出身の後藤選手で盛り上がる。
最後に後藤選手から、「次回桑名での興行には新日本プロレスの至宝「IWGPベルト」を巻いて凱旋をしたい。」と決意表明がされた。

イベントが多数開催をされる時期になると、疑問に思うことに、
 「市職員で博物館等の公共施設にに行ったことのない
               職員はどれぐらいいるのか?」
 「自分達の働くまちはこんなまちです。
     とPRすることができる職員はどれくらいいるのか?」

前のブログに書きましたが、桑名市博物館で「松平定信展」が開催をされています。
職員の皆さん、是非、この機会に博物館へ足を運び、江戸文化を感じてください。






  

2008.04.28 Monday

命は鼓動から始まる:松平定信展

★4/26市民会館:太鼓イベント感想

開始から終了まで見させていただいた。
最初は2階席から。
開始直後、近くの赤ちゃん(童子:6ヶ月位?)が、泣き始めたが直ぐに泣き止む。
随分以前、何かの講演での言葉。
  「命は鼓動(鼓童)から始まる」 を思い出す。
その赤ちゃん(童子)も、太鼓の波動・鼓動に何かを感じたのだろう。

帰ってみてパソコンで「命は鼓動から始まる」を検索。
岩手県陸前高田市「太鼓フェスティバル」のキャッチフレーズであった。

この市民会館のイベントは、「和楽祭 最終章 桑名場所」。
長良川 上流 郡上陣屋組  H19.12.23 
     中流 高富青雲組  H20. 3. 2
     下流 水郷輪中太鼓 H20. 4.26
の太鼓3チームが、それぞれの3会場で合同開催し、最後を桑名市民会館で開催。

市民会館の入場は約1000人。
ポスター、関係者の口コミでよく人が集まったと思う。

演目も3チームの特色がよく出ていた。
和太鼓によるオーケストラ・動きもあるミュージカル仕立等、見る側にも時間を感じさせなかった。

5曲目?で出演者一人のの太鼓のバチが「折れる?汗で滑る?」ハプニングを見たが、動揺せず演奏に影響をあたえず、うまくこなしたのも見事だった。
これに気がついたのは自分だけだろうか?
以前、劇団四季「李香蘭」中日劇場の舞台で、ダンサーの持つリボン?が舞台装置?に巻きつき、瞬時に立て直したことを思い出させる今回の太鼓の場面であった。

自由席であったこともあり、曲の間を1〜3階を移動する。
見る場所により感じ方も随分違ってくるのもおもしろかった。
3太鼓チームの今後の活躍と発展をお祈りします。

(4/27:日)
★午前 
長島の障がい者の方の作業所「のぞみの里」総会に参加。
来賓ではなく、ボランティアスタッフでの参加。
主な役目は「餅つき」「会場の後片付け」です。
 (餅つきでは、前日の草抜きの疲れが体にややきている。)
★午後
数件の所要をすませ、桑名市博物館企画展「松平定信展」へ。 
いつも、館内のひんやりとした感じと静けさは、時間を忘れさせてくれる。
書に関して古文書の読解力があるわけではないが、その時代へと誘うような感じがする。
「さだのぶ子どもチャレンジ」のクイズラリーもおもしろい。
以前、企画展「博物館で動物園」の際でのクイズラリーが子どもに好評であったことから今回を実施をしているとのこと。
現在の企画展も、子どもが保護者と来てこのクイズをしながら、館内の見学をするグループが増えたそうだ。
ほかに、NHK「ためしてガッテン」で放送をされた、江戸時代に松ぼっくりで焼く「桑名の焼き蛤」の画の展示がある。
今回の「企画展・桑名の焼き蛤の画」は多くの市民の皆さんにも見ていただきたいと願う。

この松平定信展は、6/1(日)まで。

2008.04.27 Sunday

障がい者作品展 他

桑名シティホテルで障がい者の皆さんの作品展スタート4/25。
中日・毎日新聞4/26朝刊に記事。
8/24まで市内4箇所でのロングラン展示。
今後は障がい者支援に関する仕事がしばらく続きます。

4/26(土)
午前 時折小雨の中、地元の子ども・保護者・ボランティア約40名の
   方と「わくわく農園」の作業。
   草抜き、ピーマン・とうもろこし等の苗植えの作業。
午後 後援会の用務   
夜  水郷輪中太鼓他長良川、上・中・下琉域の和太鼓チームの
   市民会館イベントに参加。この感想は、明日ブログにします。

4/27今から、「のぞみの里」総会に参加します。
「餅つき」をしなければなりません。

2008.04.25 Friday

モラル+桑名市の財政

本日の新聞各紙にチューリップを傘でなぎ倒す写真が掲載された。
★頭にくる!!の一言。
背広を着た中年男性であろうか?
上司への腹いせ、仕事がうまくいかない。
本人は、さぞかし新聞・TVに、その行為が掲載をされて内心は穏やかでなないだろう。
定期的に、防犯・青少年パトロール、河川清掃・不法投棄活動に参加をしている自分にとっては許せない行為だ。

さて、本日午前、総務政策委員会協議会で、行財政改革の市側からの説明有り。

厳しいことに変わりはないが、
過去のブログ(3/24)や市政レポートN0.3、4に掲載をした内容の意見の一部を再度、質問・政策提案をした。
 (最近のコメントにも同じ回答をしている。)
新規・継続事業を凍結・中止することで、一時的には
財政は好転をするが、それで市民の安心・安全は守られるのか?
従って、安心・安全のためにやらなければならないことはやる。

仮に補助金の入った継続事業中止をするのであれば、過去の国の補助金、起債(借金)も返却しなければならない場合も発生する。
★更に財政負担増となる。

行財政改革の「メリハリ」をどうやってつけていくか。
落としどころを考えていく必要がある。

2008.04.24 Thursday

障がい者支援他

この3日間、障がい者支援に関して、大橋議員ほかとあちこちに行っていました。
あくまでもこの活動は一市民・ボランティアとしての活動です。

4/25(金)桑名シティホテルをスタートし、ふるさと多度文学館で8/24まで4施設で4ヶ月間のロングラン展示を行います。
是非、皆様会場へお越しください。

また、会派通信NO.4が私の手元にありますので、ご覧になりたい方は連絡を下さい。
 45−2436(留守電にメッセージを入れてください。)
 45−2437(FAX)
最近、数名の方からも連絡をいただきました。

21日に多度へ行きました。
多度山の山桜も終わりを告げようとしていました。
2月末の寺町の河津桜からの2ヶ月間の桑名の桜街道も終わりです。
時折、初夏の兆しを感じるときもありますが、市内各地でイベントが盛んに開催をされます。
「集客」より「誘客」のあり方を考える今日この頃です。

2008.04.21 Monday

経済効果・モラル

土・日曜日も市内外のあちこちに行き昨日のブログで報告。
博物館の松平定信展が間に合わなかったのが残念。
1ヶ月ほど開催をしているから、また後日に。

なばなの里も駐車場が一杯でしたが、東建多度CCの大会の石川選手効果も新聞・TV等で報道をされた。
桑名駅から会場までのシャトルバスは、1〜1時間半必要であったとのこと。
約1万5千人のギャラリーは、ほぼ旧長島町の人口1万6千人に匹敵。
こういった人の動きは、渋滞・緊急車両の通行確保等の課題も多いが、桑名への経済効果はどれだけあるのだろう?
いずれにせよ、人の動きがなければ経済効果はない。
春となり人の動きも活発になり、市内外から市内イベント・観光地・名跡等へ来てほしいと願うが、誘客する工夫も必要。

さて、後期高齢者医療費・道路特定財源に関しても気になりますが、最近「チューリップ等の花が無残にも切られる・抜き取られる」報道が気になる。
5年程前、地元の学校でも同じ事が発生した。
その後、学校が近いことから土・日・夏休みの夜、毎回ではないが、個人的に見回りをしている。
木曽三川ごみの会の活動の際にも感じるが、モラル低下はここまできたのか!

2008.04.20 Sunday

視察報告追加+2日間

<彦根市に関する視察報告追加>
彦根市においては、下記のとおり職員給与の削減を実施。
 市長10%、副市長・教育長5%の給与削減
 管理職手当 部・次長級10%、課長級職員8%
  ※職員の時間外手当に関しても10%減を目指している。
職員給与改革は給与体系・水準や財政状況等を詳しい調査が必要で、単純に桑名市とは比較することはできないが、3月議会において「市長・副市長に関し3%減を行った桑名市」より大胆な改革であることに間違いはない。
この彦根市の給与改革は大きく彦根市民の皆さんからも評価をされているだろう。
視察後、市役所1階の各課の窓口対応を見ようとすると、すぐに「どこにご用件ですか?」と尋ねられ、視察に来た旨を伝える。
地域通貨「彦(げん)」のお知らせ版を発見。
◎趣旨「美しいひこね創造活動に参加しましょう」
この通貨に関しては資料をいただきました。
 ※詳しくは彦根市HPをご覧ください。

★4/19(土)
午前 四日市での講演会に参加
午後 三男のサッカー練習試合を30分ほど見学し、その後、
   障がい者作品展に関し、大橋議員ほか関係者と打ち合わせ他
夜  月1回参加をしている少年警察協助員の方と
   約2時間パトロール。春・土曜日であり人の活動も活発。
   数名の少年のグループに声をかけたり、自転車無灯の少年に
   声をかけたりイロイロ。 

★4/20(日)
午前 県トライアスロン協会の総会出席のため鈴鹿へ車を走らせる。
   毎年の「青少年スポーツセンター」と思い込み
   会場へ行くが、会議掲示板に記載がない?
   通知を再確認すると今年は「青少年研修センター」!しまった!
   約10分かかり移動するが総会終了時点に到着。
   会長さんと3分ほど話。会長さんとは8年前、
   北海道オロロンライントライアスロン大会で出会ってから、
   長良川大会等で声をかけていただいている。
午後 障がい者の方の作品展に関して報道機関等の対応準備後、
   長島輪中図書館で(市民の方から)以前から依頼をされている
   調べものと、藍染展の見学。(展示は最近新聞各紙に掲載有)
   その後、なばなの里の人の入りを見ながら、
    (意外と1号線は渋滞をしていなかったが)
   1号線から博物館「松平定信展」へ行くが入館時間に間に合わず。
   本日2度目!しまった!

さて、4/19(土)中日新聞に、私も参加をさせていただいている「木曽三川ごみの会」の活動を国際協力事業団インドネシア研修生の方が視察(4/18)され、その記事が掲載されていました。
(残念ながら、私は彦根市への視察が先に入り不参加。)
ごみの会の組織としての清掃通算活動回数は約100回になります。
この100回は行政側への報告回数のみで、不法投棄等の随時の回数も入れれば数百回になるでしょう。
「石も積もれば山となる=始めは少人数の活動も回を重ねるごとに人も増え広く社会認識されるようになった」  
この活動を知るものにとって、そんなことを感じさせる新聞記事でした。







   











   政策

2008.04.18 Friday

「視察報告」

2日間の日帰り会派視察報告
4/17(木)
★午前 鳥羽市環境・ゴミ
鳥羽市環境課で概要について説明を受ける。

鳥羽市の環境施策の特徴の1つに海岸・離島のゴミ対策がある。
‘辰法答志島が伊勢湾をふさぐ位置にあり、
             そこに流れ着くゴミ対策が課題。
  この課題は、TVの特集で取り上げられたのを見たことがある。
   ※桑名では木曽三川の上流ゴミが最下流に流れてくるのと同じ。
 伊勢湾奥からペットボトルにGPSをつけ答志島までの検証実験済。
 10月に「全国海ゴミサミット」を開催予定(参加予定)。

鳥羽リサイクルパーク
  この施設は、桑名のクルクル工房を参考に建設。
  相違点は、
 (1)民間が運営をしているが、一定の収益を上げることが可能。
 (2)地元の商店会「てんすうくんカード」と連携し、
    紙類1圓紡个靴藤吋櫂ぅ鵐肇ードへ加算。
    チョットした地域通貨としての運用。
 (3)紙類等のゴミがドライブスルーで降ろせるのが利点。

★午後 伊勢市資源循環課
マイバック運動・レジ袋有料化について視察。
  大手スーパーと提携したマイバック使用率が90%台。
  今後の課題として、大手ドラッグストア・コンビニ等への導入。
  スーパーでは、マイバックを使用していないといけない雰囲気や
  入口付近に山積みしてあるダンボールがマイバックの代わりに使用を
  されつつある。
  また、スーパーによっては、カゴの付近に「レジ袋必要」と記載をされた
  札を用意し、カゴの中にこの札を入れればレジの際にスーパー側も
 「レジ袋は必要ですか?」とお客さんに聞く必要がない工夫をしている。

  桑名でも8月を目指し「マイバック・レジ袋有料化」を計画しているが、
  注意しなければならないのは、
 (1)この施策は★「環境に配慮をした運動」★としてとらえる。
 (2)複数の環境施策を実施することでゴミ減量化になる。 
      ※レジ袋有料化では、大きなゴミ削減にはならない!!

2市での説明では、市民の皆さんが実践をすることは「ます職員が実践」
という意気込みが強く感じられた。
鳥羽市の説明を受けた職員の方は、偶然にも15年ほど前に職員時代に
交流を深めた方で、話題は「行財政改革・福祉他」にまで及ぶ。
鳥羽市の人口は約2万人で市ではあるが「住民意識」「役所・市民の関係」は
町村に似かよった点を有効に環境施策に活用。
伊勢市は人口がほぼ桑名市と類似。その市にあって
マイバックが90%台は「PR方法」の効果との印象を得た。

★4/18(金)
午前 滋賀県彦根市 経営改革推進室
行財政改革と経営改革に関する職員意識調査を視察
 行財政改革の内容は、全国的に地方自治体で取り組んでいる内容とほぼ
 同様で、市民病院・下水道事業への一般会計からの繰出し(大)等、
                桑名市とほぼ同じ課題を抱えている。
 改革に関しては彦根市と桑名の違いは、民間コンサルに発注せず、
 職員自らが「経営改革に関する意識調査」を実施し
                 かつHPに掲載をしたことにある。
 また、彦根市は合併の道を選ばす「自主独立の道」を歩むことになり
 改革に関して職員意識・実行率の高さとが感じとれた。
 市役所内部では管理職による協議会ではなく、その配下の職員で協議会等を
 立ち上げ改革に取り組んでいる。 
 桑名市でも「経営に関する職員意識調査」と類似の調査は実施したが
 それが活用をされているのか?
 これは、桑名市も大いに参考にする必要がある。

   ※6月議会の事前準備に十分に役立つ視察でした。

 







  

2008.04.16 Wednesday

視察準備 他

長島では、田植えがほぼ終了。
多度・桑名では、まだ田植えの準備も始まっていないところが大部分で、同じ市内でも違うものです。

この2日間は、4/25から桑名シティホテルからスタートし、8月下旬まで市内4会場で行う、障がい者の作品展等の準備や新たな障がい者支援と、2日間の会派視察の準備をしていました。
  4/17(木) 鳥羽市・伊勢市 ゴミ・マイバック問題について
    市民・職員の取り組みの意識調査・リサイクル施設の管理運営
  4/18(金) 彦根市 経営改革に関する職員の意識調査
    ※ 3市のHPにはその取り組みの一部が掲載をされています。

さて、国会では、道路特定財源・暫定税率の問題や後期高齢者医療制度の問題で大きく揺れています。
道路特定財源に関しては、後だしジャンケンのように、目的外使用等が出てきます。
一例ですが、「まちづくり交付金」として、道路に関係のない施設の用地取得に使用されているほか・・・。
結局は、一般財源化されていたことになる。
ガソリン暫定税率は、自動車使用者への受益者負担の原則により制定をされ、本来、道路以外に使用はできないはず?

いずれにせよ「地方自治体には迷惑をかけない」原則のもと、早く決着をしないと、国民生活に著しい影響を与えることになるが、私は単に「ガソリンが安ければいい」とは思わない。
国民に理解を求める説明責任を果たせるよな方向性を持ち、この制度改革をしてほしい。
  ★お礼★
   昨日4/15(火)朝、桑名駅前で会派通信の配布を行いました。
   受け取っていただいた皆様、声をかけていただいた皆様。
   ありがとうございました。

2008.04.13 Sunday

2日間、プロフェショナル

4/12(土)
★午前
「多文化共生を考える三重地方議員の会」「地元の子ども達との行事」をダブルで予定をしてしまった。
多文化共生に関しては会派で行動をしているので今までに数回参加等をしているから倉本・大橋・飯田議員にお願いし、「地元の子ども達との行事に参加」
 ※多文化共生に関しては、4/13の中日新聞・
        伊藤・倉本議員のブログに掲載をされています。

子ども達の行事は「子ども達約80名+保護者約20名」と「地域ボランティア約15名(畑の達人といえる方が多い)」で土に触れることのない「子ども・保護者向け」の農園(野菜作り)の野菜の苗・種蒔きの手伝いに。

そういえば自分が小学生でサツマイモ・ジャガイモを栽培して以後、本格的な畑仕事はしたことがない。
とりあえず長靴・軍手・ウインドブレーカーを着て会場の畑へ。

畑の達人の指導を受け、子ども達に植える指導をする。
「里芋・にんじん・トウモロコシ・」??記憶はイマイチ(間違いないと思うが?)。
年間を通して、こういった作業をして収穫祭・餅つき等をする。
普段の水・草の管理は地域のボランティアの方が担当(ご苦労様です)。
5月になったら餅米の田植えの手伝いに来る約束をする。

1時間半(弱)の作業、楽しい反面、3/23に長良川マラソン5Kより疲れる。
運動不足もあるが、中腰で作業をした経験が最近まったくない。

☆午後
地元消防団の新入団員の初任科研修の会場へ。(長島防災コミュニティセンター)
約15名ほどの方が訓練中。講師は桑名市消防本部長島木曽岬分署ほかの皆さん(ご苦労様)です。
訓練礼式等の訓練中で、明日も行われます。

4/13(日)
★午前
2件ほど所要を済ませ、11:00昨日に引き続き地元消防団新団員研修の会場へ。
講師は、分署の方+女性消防団員の方によるAEDによる心肺蘇生他の研修中で16:00頃まで諸訓練が行われる。
昼に長島北部・中部婦人会による炊き出しによるカレーをいただく。(うまかった!)
桑名市消防団長、長島方面団長他の皆さんと懇談。
団員の確保等消防団も課題が多い。

★午後
大橋議員、倉本議員と市民会館小ホールにて「要約筆記サークル・KAC’s」の10周年記念「春の風コンサート」に参加。
参加者は約200名。
要約筆記もいろいろな講演会等の場所で見かけるようになった。
コンサートには、
 ・手話ロックバンド:スマイル
        愛知県聾学校卒業生、先生による
 ・難聴を克服されピアノの演奏活動に取り組む
       桑名市出身・東員町在住の藤田氏によるピアノ演奏
途中退席し、所要を2件済ませ帰宅。

ブログ作成中、TV「鉄腕!DASH!、全国をソーラーで1周」で桑名が紹介をされているのを見る。
赤須賀でのハマグリ、長島輪中、伊勢湾台風の記録等。

★プロフェショナル 
  −4/12(土)「タイヤ脱落バス直撃」新聞各紙から−
トラックのタイヤが脱落し、バス運転手が亡くなるほか乗客7名の方がケガ。
新聞の報道によると
「停止後、バスガイドが慌ててサイドブレーキを引こうとしたら、すでに引いてあった。」とのことである。
運転手の方は乗客の安全のために、制動力をかけるためサイドブレーキまでかけ、亡くなる直前まで危険回避の行動をしていたこが推測される。
事故原因は、過積載やボルト断面が腐食していてトラックの点検不十分によることが報道をされている。
事故のあった11日は運転手さんの57歳の誕生日であり、社内の「師範運転手」であり若手ドライバーの指導役であった。
更に事故の検証が行われるれば、プロフェショナル「命のサイドブレーキ」も検証をされるだろう。
   ご冥福と今後の事故防止を祈ります。
1/2 >>