市野よしたかブログ

2008.09.30 Tuesday

後戻りしない改革・桑名市議会本会議最終日

おはようございます。只今の時刻は、AM4:10です。

昨日の国会における所信表明演説は、異例で刺激的でした。
方針を明確に打ち出し、わかりやすかったと思います。
決して与野党どちらかを支持するというわけではありません。

政策・発表されるマニフェスト・報道では見えないところにある真実も、考えなければなりません。
小泉氏・小泉劇場・郵政民営化・構造改革でできた格差社会等に修正を求める「後戻りしない改革」を誰にゆだねるのか判断が必要です。

改革に意義を唱えはしないが、劇場型で「ゆがめられた民意・真実」にならないでほしいと願っています。
今回の所信表明は質問型で「政策論争・見えないところにある真実」も明らかになるかもしれません。

桑名市議会(3.6.9.12月)の所信も、今国会の所信のような刺激的であることを期待します。

★台風15号がゆっくり近づいています。
本州南岸をかすめるように東進していますが、災害も無く、四国の渇水した ダムへ適度な雨量をもたらすことを願います。

★本日9/30(火)は、9月議会最終日です。
午前中に、各派代表者会議・議会運営委員会が開催され、午後から本会議となり委員長報告、採決等が行われます。
今から準備し、少し早く市役所へ出かけます。

ソフトボール1.5試合分の疲れがきています。
8月のトライアスロンで1.5勹砲い世箸より疲れています。
急に走ったり止まったり、トライアスロンにはない動きのためですが、「うまい人、そうでない人」に声をかけ応援をしながらするソフトの楽しさを実感しています。

2008.09.29 Monday

今から再度寝ます

おはようございます? 只今の時刻はAM1:45です。

昨日9/28(日)(午前)
ソフトボールの試合にトリプルヘッダー中、1.5試合に参加。
セカンドで大きなミスも無く、本日の打率は5割でホットした。
試合の間にも、いろいろな話・要望等も受ける。
(午後)
少年サッカーの案件を2.5時間ほど。
夕刻は、11/1(土)・2(日)に長島の少年サッカーチームが中心となり、桑名・愛知・岐阜・三重から12チーム参加のサッカー大会事務局会議。PM8:30に帰宅。

ソフトの疲れか、夕食・?1本で、そのまま寝てしまいAM1:30に目覚めブログを書き込み。

本日は「会派通信NO.4」の作成他で1日が終わりそうです。
今から再度寝ます。
只今の時刻はAM2:30です。

2008.09.28 Sunday

運動会 他

おはようございます。 只今の時刻はAM6:15です。

昨日9/27(土)、長島の3小学校を南から北へ運動会巡り。
今の運動会は、私達の頃の定番、「入場行進・ラジオ体操」もなくかなり違う。
先週には立教小と長島3小学校と比較してみても同じことが言える。
立教小では、地区の自治会連合会との合同で「大人地区対抗リレー、桑名藩から脈々と続く打毬戯、昼休みには地区交通安全協会による挨拶や啓発物品等のよる交通安全啓発・・・」、長島の3小学校にはないものだ。
歴史や過程の違いを感じさせるが、4小学校とも子ども達のパワーを感じさせるいい運動会であったように感じる。
市内・全国どの運動会でも同じだろう。

運動会巡りの後、10名程の懇談会に約1時間出席。
国政・県政・市政等に話は広がり、特に国政は混沌としている。

19:00から、地元の集会に参加し、30分間の協議事項終了後、5分時間をいただいて市政の報告。
 々臺燦紕看を迎える未調整項目がある。
 長島ではゴミ袋に名前を書くが、桑名・多度では書かない。
  (長島は、他市・他県からのゴミの流入と
      モラル向上のため約10年前から続けられている。)
 D硬膤ご濱鞍等の防災体制
 ぐ冒湘臂東〜R23入口、約100m区間狭隘道路(狭い道路)
   の整備が20年度から始まった。4年間で整備目標

その後、某県議が県政報告をされる。
この県議は、4年に1度は、この時期この集会で報告をされている。
 …硬膤ご漾伊曽島漁港護岸整備
 外国人の皆さんとの共生
 市内の犯罪発生率
 す馥撮厩羸、伊勢大橋架け替え・・・・約40分間。

今日は、午前はソフトボール大会に参加後、午後・夜は少年サッカー大会の案件・会議に出席します。

2008.09.27 Saturday

海岸整備・防災センター

おはようございます(?)

現在AM2:30、S34年、49年前は伊勢湾台風が通過直後で市内各所・東海3県では甚大な被害が出ていた頃です。
我が家周辺は、一面濁流・泥水で、両親・姉二人は、伊曽島小学校の屋根裏で一晩を過ごしました
私は、母のお腹の中で3ヶ月目、伊勢湾台風という時代の境目生まれ(S35.3.13)です。
台風の記憶はありませんが、同級生になるべき当時0才の方も何人か亡くなり、小学生時代、私の学年の前後は、35〜40名のクラス編成であったのに、私の学年は29名でした
現在、地震、地震・台風の同時発生複合型災害の際には、長島海岸は破堤の恐れがあり、城南海岸も長島海岸ほどではありませんが、全く危険が無いわけではありません。
本日(9/27)朝日新聞にスーパー伊勢湾台風の際には、陽和中学校で3.1mの浸水、昨日から新聞各紙にも特集記事が組まれています。
長島海岸整備は三重県の事業により10年後に完成しますが、早期の整備が望まれると同時に、城南・伊曽島地区には防災センターの完成が望まれます。

★9/26(金)(午前)
いくつかの案件をすませる。うまくいったり、いかなかったりいろいろ。

(午後)
会派で、木曽岬干拓・ハートピア長島を視察。

木曽岬干拓は、伊勢湾岸道ができる前には、10回ほど行ったことがあるが、15年以上前。
この干拓事業は、畑作農地を目的に40年ほど前、農林水産省が着手した経緯があるが、時代の流れでその役目もなくなり、土地利用、愛知・三重の県境、長島・木曽岬で町境が問題になった経緯がある。
雰囲気は、オランダ干拓地のような感じ。
現在、自然体験・観察型の施設が整備されている。
小高い丘が造成中であるあ、もうしばらくかかりそうだ。
木曽岬町は、この干拓に流通施設の誘致等の夢をかけ合併をしなかった一つの原因にもなっている。
自然環境、希少野鳥を含む野鳥の状況、今後の整備計画を三重県の担当職員から説明を受ける。
この干拓地の約36haは桑名の土地である。
鍵・許可がないと入れないので、市役所のどこかの部署が、市民の皆さん向け「市政バス」を取り組み、一度多くの皆さんに見てほしい。
別の施設の視察を予定していたが急遽キャンセルとなり、前日に視察を干拓へ変更。
段取りをしてくれた市政策課・三重県職員に感謝。

その後、厚生年金ハートピア長島へ。
こういった施設は6月に、厚生年金施設の整理回収機構により入札・売り出した経緯がある。
調整区域であり建て替えが思うように行かず、その他複数の要因が重なりハートピア長島は入札不調。
1,000万円の利益を上げ、入湯税他の税収が約1,500〜2,000万円。土地面積約50,000屐2堝率等は約90%。
やり方により、もっと利益をあげれるかも。
阪神淡路大震災の際には、被災者の方を受け入れている。
2階建ての部分・土盛りをされたところに建築され、避難場所としても十分に使用ができる。
市内で浸水等の災害が発生した場合、仮住まい等の役目も果たすことができる。
施設の今後に関し、前向きな議論がされることを望む。

★本日(9/27)は、いくつかの小学校の運動会に出席後、懇談会・集会等に出席。全てが終わるのは21:00頃。

2008.09.26 Friday

「伊勢湾を生かすも殺すも・・」「伊勢湾台風」他

おはようございます

本日は、伊勢湾台風49年目にあたります。仏教式には50回忌。
50回忌の法要を最後にされる場合も多いと聞きます。
時代の流れを感じます。
この台風による死者約5,000名.
(内、桑名207名、長島383名、多度:人的被害無)
桑名では、特に高潮で「城南、伊曽島地区」に亡くなった方が集中しています。
桑名で防災・台風の話をすると、海・川に近い方とそうでない方の差を感じることがあります。
災害は忘れた頃にやってくる。今一度、災害に対する備えをかんがえましょう。

★9/25(木)午前
岐阜市内長良川沿いで「木曽三川ゴミの会15名」と「長良川環境レンジャー10名」の方との交流会に参加。
  マイクロバスを12年目ワゴンRで追っかけ会場へ。
「下流域」と「上・中流域」の河川清掃・環境問題にお互いに取り組んでいる。
長良西小学校4年生40名との合同清掃の活動を視察したり、国土交通省木曽川(上流・下流)事務所の方に同行・視察の手配・指導でお世話になり感謝。
いろいろ報告をしたいのですが、次の言葉に全てが凝縮されているので、この言葉で報告とします。
 (長良川環境レンジャーの活動のひとつのきっかけ)
  「岐阜県は海のない県と言っているが、
     伊勢湾の命運を握るのは岐阜県の環境意識、
      伊勢湾の漁場を生かすも殺すも岐阜県しだいである。」
午後
長中体育祭のため、長良川堤防道路を一人で戻る。
最後の学年別全校リレーにぎりぎり間に合う。
 (欷郤圓隆兩鑢鵤隠毅位勝生徒の約1/3。
 ▲螢譟質阿肪暴かまわず円陣を組む
 リレーの結果に涙ぐむ生徒多数。
 だ萓犬生徒以上に一生懸命で先生方はそろいのTシャツ。
  (Tシャツは、私費とのこと。運動会用として、
     市内の幼保小中の先生方に公費で支給できないか?)
 ダ古眠馗垢虜埜紊慮斥
  「優勝したクラスの皆さんオメデトウ、
    でも、優勝を目指す競いあうクラスもいて
     優勝できたのだから、そのクラスの気持ちも忘れないで。」
この言葉は、名言のように感じます。

本日は、会派で「木曽岬干拓、ハートピア長島」を視察します。

2008.09.25 Thursday

市政レポート更新 他

おはようございます

「市政レポートNO.8」(9月議会質問)を更新しましたので、ご覧ください。
 
 昨日は、市内調査先で相手方にあえず残念無念。
 夕方は、少年サッカー大会の関係の打ち合わせ。

本日9/25(木)予定
 午前 木曽三川ゴミの会の研修視察 (於:岐阜市)
   「上・中流域で環境・美化活動に取り組んでいる団体と懇談他」
 午後 午後は急いで地元へ戻り、長島中体育祭に出席予定

2008.09.24 Wednesday

足の疲労

おはようございます
21日のソフトボールの疲労が、少し足にきています?

★9/22(月)
午前 街頭指導の後、河川区域使用についての相談に関し調査。
   担当者から前向きな意見を聞きうまくいきそう。
   その後、議会内の課題について先輩議員の方と懇談。
午後 13年前から続けている地域活動。

★9/23(火)
1日中、昨日からの地域活動の続き。
もう半日くらいかかりそうです。

今日も多度他市内あちこちへ行きます。

2008.09.22 Monday

運動会 他

おはようございます

★9/21(土)
午前・午後、依頼・要望等の調査に市内あちこち、サッカー大会のトイレの問題他。
この日の走行距離は、約40K。

★9/22(日)
早朝より、ソフトボール大会。
近くのチームから、お誘いを受け7月からメンバーに。
グローブ・バットは10年以上、触ったこともないし球技系は苦手。手首を使う球技はイマイチです。
得意(?)なのは、パワー系や同じ運動を繰り返す、レガッタ・水泳・自転車(バイク)。
従って、守備は2塁、打順は8番。

8時からの第1試合は、17×10で5回コールド勝ち。
守備に大きなミスはなく、打ち合いになり私の打率は3打数2安打(内1安打は、ボテボテの内野安打)。
意外と今日の朝、体は痛くありません。
11時からの第2試合は、10時半頃からの雨のため中止となるため、28日の試合は、トリプルヘッダーになるらしい。

午後1時から、立教小の運動会で桑名藩伝来の「打毬戯」を見る予定であったので、雨のため早まるかも知れないと思い、自宅へ戻り急いで着替え立教小へ。
思ったとおり午後の競技の一部を午前に変更となり、5.6年生による桑名藩伝来の「打毬戯」を見学。
的(?)に玉を打ったり投げたり、最後には押し合いで線から相手を出し、得点を競う。
衣装は剣道着で、作法等が江戸時代からの伝統を感じさせる。
負けた方は、たすき・鉢巻をかごに入れ、相手に口上を述べ渡す。(戦利品?)
最後には、ひざまずき負けを認めり作法をしなければならない。

この立教小運動会は、立教地区自治会連合会と共催や打毬戯保存会の指導等、地域と一体になって取り組まれているのが印象的であった。

さて、今週は決算特別委員会が開催をされますが、この委員会には会派から倉本議員が出席のため、私は「新志会通信」の作成が主な仕事です。
19年度桑名市決算を会派でどのように評価をするか、思案中です。

2008.09.17 Wednesday

「公職選挙法・マニフェスト」

おはようございます。 今日は(も?)、少しかたい話を。

★「公職選挙法、略して公選法」
現在の国政・与野党のの総裁選・国替えの記事や過去の国政・地方選挙を見ていると、公選法との整合性を疑うことがある。

公選法では、選挙運動は、あくまでも選挙期間中に限られている。
現在のTV・新聞の報道を見ていると、予定・報道されている衆院選挙10/26を軸に全てのストーリー性を感じる。
総裁選・国替えによる出馬など、全て衆院解散・選挙を想定しての話だ。

公選法では、選挙期間前の事前運動は禁止をされている。
しかし、やや盛り上がりに欠け、麻生氏が9/14の名古屋の街頭演説で
 「岡崎他を襲った豪雨は、岡崎だったからいいけど、
   名古屋で同じことがおきたら全部洪水よ。」 と失言した街頭演説や、
小沢氏の 「国替えの話」 等は、事前運動のようにもとれる。

与野党、選挙を前に自分達の方へ「風」を呼び込もうと必死で、禁止をされている事前運動に場合により触れないのか、ギリギリ(?)、いわゆる「グレーゾーン」と感じる。
地方選挙においても「風」を狙うことは同じだ。
発言において、その裏にある真実・分析結果は、見えてこない。
「わかりやすい政策・政治」であることに疑う余地もないが、各候補も、自分に不利なことは言わないし、その裏にある発言とは違う事実は言わないのが常である。

こういったことが無ければ、有権者の皆さんに「主義・主張」も訴えることはできないが、粛々と、もっと違った形でなければならないとも感じる。(現実的には無理だろうが)

一方、有権者の皆さんに訴える手段として「マニフェスト」や「公約」がある。
これも真実が、なかなか伝わらない。
「これを実現する。」「何々支援をします。」・・と各候補、それほど新鮮味がないし、どうやって「実現するのか」そのストーリーはあまり書かれないし、書くことも現実的に難しい。

行財政改革・民間委託等の推進による財源確保等が精一杯であろう。
本来は、そこに至るまでのストーリーも、同様に重要視されなければならない。

○○劇場・刺客といわれる選挙があり、郵政民営化・構造改革が焦点になったが、「郵政民営化・構造改革により、何が変わるのか。」 理解をして投票をされた方がいたのだろうか。
高齢者の安否確認・憩いの場・地域の唯一の金融機関であった地方・過疎地の郵便局は、整理統合されつつある。
無くなることにより、税等の収納率の低下も危惧される。
構造改革により、ワーキングプア・派遣・格差社会の問題も発した。

改革に意義を唱えはしないが、その結果やストーリーに問題はなかったのか、大いに疑問に感じる。
その時点での「民意」ではあろうが、「真実がわからなかった、ある意味、ゆがめられた民意」ではなかったのか。

さて、私は粛々と議員活動や式典・イベントに参加をしています。
自分が関係した某イベントが、どういった効果が出るのか楽しみにしています。
週末は、市内あちこちに出没をしていますが、今回の各種選挙では、劇場型にならず、冷静な分析・判断をされた民意が反映をされることを願うのみである。

2008.09.15 Monday

実る「しいの木」

おはようございいます

本日9/15は、敬老の日です。
「戦争他の幾多の困難を乗り越えて、現在の社会を築かれた高齢の皆様に感謝します。」
上記の言葉は、昨日の敬老会の席上で、中学生代表によるメッセージの一部です。
メッセージは、
「今、私達が学校で勉強・部活動に取り組めるのも皆さんのおかげです。」 と続きます。

さて、現在、ふるさと多度文学館で、実る「しいの木」があります。
「北村けんじ〜児童文学とふるさと多度」の参加型展示として、しいの実のカードにメッセージを書き、しいの木(造形)に貼っていきます。
昨日では、20個の「しいの実」が実りをつけていました。
メッセージの多くは、元同僚の教員、教え子の方によるものです。
この企画展も残り2週間となりました。
2週間で、どれだけ実りをつけるのだろう。

※本日は、ブログ書き込み後、8時より約1.5時間、
  NPO法人木曽三川ゴミの会の活動に参加し河川清掃を行います。
1/2 >>