市野よしたかブログ

2009.07.31 Friday

訴訟のおそれ×消防救助技術大会×悪質不法投棄

おはようございます。只今の時刻は、AM6:24です。

◎7/30(木)(午前:午後)
第38回消防救助技術東海地区大会:三重県消防学校(鈴鹿市)

東海3県消防本部の上記大会視察
桑名市消防本部は、
 ・障害突破  ・ロープブリッジ渡過
 ・ほふく救出 ・ロープブリッジ救出 の4種目に出場

選手となった隊員の皆さんの頑張りもあったが、おしくも全国大会の出場はならず。
数ヶ月間、選手となった隊員・それを指導・サポートしてきた署員の皆さん、たいへんご苦労様でした。

大会の雰囲気
 非番の消防隊員(応援のかけ声はすごい)
 知人+華やかな知人?(選手の多くは20代)
 家族(首が座っていないような赤ちゃんまで来ていた)
一口で言えば、消防一家の大会。

大会中に3本の電話、内1件は、市街地の死角を狙った悪質な不法投棄。
 昨日、発見し担当へ電話連絡しておいた件。
  大ごとになってきた。
帰路、3本の電話の対応のため市内を巡る。

◎第4回市民病院独立法人化評価委員会傍聴
           (17:00〜19:30)
 5人の委員の皆さんから厳しい意見。
 最終的には桑名医療圏充実・医師他の医療スタッフの確保
   山本総合病院との統合の問題になる。
 新聞では、
  主張の違い・財務問題・訴訟のおそれ の記事があった。
   
  経験ある医療スタッフの確保・産婦人科・小児救急医療
  公益性の著しく高い民間医療機関の蓄積したノウハウ
  桑名中心市街地の活性化・・・・・他
   行政はまちづくりに民間の手法から学べというが、
  こうした民間病院の蓄積したノウハウ・将来性をどう評価するか。

 訴訟のおそれを危惧するのであれば、それに対向できる
   政策意思決定・意見集約・理論(武装)・・をすればよい。

さて本日は、委員会視察のレポート作成・障害者を支援する会「かにのいえ」障害者作品展展示準備(多度ふるさと文学館) 他
  













 

2009.07.30 Thursday

はっきりしない天気・・・・・

おはようございます。只今の時刻は、AM5:56です。

さて、はっきりしない天気、梅雨明けの遅れ。日照時間の不足・・・。
間違いなく稲刈りの遅れ・・・他、農業には影響が出そうです。
昨日7/29の夜、お誘いを受け「夏を乗り切るため元気を出す会」(約20名)に参加しました。
この会に参加された米づくりのプロ・達人の方も、稲の成長の遅れを危惧していました。
長島では、8/10頃には稲刈りが始まりますが、間違いなく遅れるでしょう。
この冬は雪で「R1・23号線」も渋滞、「第二名神・東名阪」も通行止めになることもなく、やはり異常気象です。

民主党のマニフェスト発表。
バラ色の世界が待っている感じがするが、TV・新聞では「財源は・・?」の意見が相次ぐ。
「政権をとったら4年後にはこうなる。」は評価ができる。
各党のマニフェストが出揃った段階で、有権者の皆さんの冷静な判断が必要な感じがする。

◎7/27(月)〜28日(火)
議会運営委員会の視察。
桑名駅に向う前に、実践倫理宏正会の朝の集いに参加し、亡き父の42年目にあたる事から墓参。当時、小2だった。

委員会視察では、埼玉県戸田市・神奈川県鎌倉市を訪問。
鎌倉市では、議会に対する行政側の予算に関する情報提供の多さを感じる。
予算審議の際は22:00頃までかかることもある。
それぞれの市議会のやり方があるが学ぶべきことは多い。

7月中に関東方面の3市を視察。
桑名の約1/6〜1/4程の面積に15万人程の方が居住している。
朝の満員電車他。
情報は多いだろうが、私には住めない感じ。

◎7/29(水)
午前:2日間の視察中の電話の対応
午後:しょうがいしゃを支援する会「かにのいえ」
   障害者作業所作品展の「ながしま遊館」での展示終了片付け
   31日午後は、多度ふるさと文学館での展示作業
夜:お誘いを受け「夏を乗り切るため元気を出す会」に参加

 本日7/30
  三重県消防学校「東海地区消防本部救助技術大会」視察
  市民病院独立行政法人化評価委員会傍聴 他

2009.07.27 Monday

4日間

おはようございます。只今の時刻は、AM3:51です。

◎7/23(木)
臨時議会 緊急雇用対策関連議案

◎7/24(金)
劇団四季こころの劇場「エルコスの祈り」
約半年前、劇団四季名古屋営業本部の方と知り合いイベンター(主催者)として、桑名文化スポーツ振興公社を紹介した。
マッチングした責任として、市民会館で舞台設営〜公演終了までの1日。
観客の方の多くは、満足して帰路につかれたと思うが、主催者である公社の集客等の反省点もある。
公社も主催者となり公演するノウハウの蓄積が必要だ。

◎7/25(土)
長島中部地区農園作業。(午前)
子ども達・保護者・・ボランティア約70名。
1時間半、ジャガイモ掘り。
子ども達が掘りやすいように、スコップで掘り起こす作業を約1時間半。
子ども達の集中力が切れないように、声かけをすることも役割。
終了後、冷えたスイカをいただく。 美味。

(午後)
三重多文化教師を考える議員の会研修:鈴鹿市にて
6.7月議会の各市の緊急雇用対策関連の報告他。
衆院解散により、県議も忙しいようで県議の参加は1名のみ。

◎7/26(日)
庶務で午前・午後。
夕方より、石井KOZOボクシングジム後援会総会に会派4名で参加。

 ※7/27〜28は、議会運営委員会視察

2009.07.22 Wednesday

豪雨・土石流×衆議院解散

おはようございます。只今の時刻は、AM7:09です。

昨日7/21(火)の午後は、地域医療対策連絡協議会を傍聴。
6名の市議が傍聴し、関心の高さが感じられる。
副市長の挨拶では、
 「医師・看護師の不足・・・・」
最終的に医師・看護師不足の確保の問題になる。
何をすれば最短で、経験のある医療スタッフの確保は、何が必要か?

山本総合病院が新たな提案や県地域医療再生計画との関係。
1市2町合併前から、桑名医療圏充実の協議・懇談会はされている。
医療スタッフの確保に、経費・最短の方策は?

山本総合病院の新たな提案に前向きな回答をするのか?
注目がされる。
市議は、新聞報道報道でしか、新たな提案はしらない。
議会に新たな提案を議会に説明せず回答をすれば、市は新たな火種を自らが作ることになる。
議会側も議会委員会運営を正常化が必要だ。

☆西日本で豪雨・土石流
お亡くなりになった方・被災された方に、お見舞いを申し上げます。
早く復興さてることをお祈りします。

大雨になると、市内を自分なりに巡視している。
桑名は雨・水に弱い地区が存在する。
他人事ではない感じがする。

☆衆議院解散
ある意味、4年前の郵政選挙のような勢いだけの感じがしないわけでもない。
一度やらせてもてもいいのではの意見もある???
  (どちらかを支持しているわけでもありません。)
冷静沈着な与党・野党の政策・マニフェストの検証が必要に感じる。

  ※本日7/22は、諸打合せ他

2009.07.20 Monday

夏祭り・・・

おはようございます。只今の時刻は、AM8:37です。

◎7/17(金)
議会運営委員会・議会全員協議会
7/23(木)臨時議会案件 緊急雇用対策関連
緊急的に雇用を臨時採用により行うが、短期間であり・・・・?
国の抜本的な対策が必要に感じる。
その他、諸打合せ。

◎7/18(土)
「伊曽島地区夏祭り」の準備に7:00〜
準備は、約60名ほどで2時間、終了後とりあえず解散し10名ほどで細かい準備や打合せを1時間。
終了後、長島教育集会所の夏のイベントと市内2箇所を巡る。

15:00〜上記の夏祭り。
昨年は、受付と水まきが担当。
今年は、曇り空のため水まきもなく、少し暇。
ゴミ拾いをしたり・他のコーナーに行って懇談したり・・・・。
伊曽島小の先生も「焼きそば・みたらし」の最前線で頑張っている。

途中、西川保育園の夏祭りの会場へ約1時間。
関係者が挨拶を促されるが、「子ども達が主役だから」と丁重に断る。
何人かの園児を知っているので、子ども達からピースサインをされたり・・・。

伊曽島地区夏祭りの会場へ戻る。
盆踊り・抽選会と続き、21:15終了。参加者は約700名。
雨の心配をしていたが、何とかもつ。

◎7/19(日)
8:00〜夏祭りの片付けを関係者約60名ほどで1時間半。
懸案の子育て支援に関し関係者を回ったり、中体連サッカー会場他へ。

夜は、長島北部地区の夏祭り会場へ。
18:00頃から雨のため、盆踊りは体育館で残念だが、熱気まんまん。
ここでも最後は抽選会。

 2日間、夏祭りが続く。
 こうしたところで、地域コミュニティのあり方を感じる。

2009.07.17 Friday

長野県佐久市「ピンコロ運動」・・・・

おはようございます。只今の時刻は、AM6:00です。

◎7/13(月)〜15(水) 福祉安全委員会視察
☆13日(月)長野県佐久市
    「ピンコロ運動(健康事業)」視察
 ピンピン生きてコロッといこう、略してピンコロ運動。
 20年前、佐久市出身の厚生労働省退官(医師)が地元の
 要請を受け市長に。
 この市長は、WHOの日本政府代表を努めた方。
 本来なら天下りでどこかの財団の役員に・・・?
 就任当時、高血圧による疾病が多いことに着目し食生活改善・
 健康推進事業や子育て支援事業に取り組む。
 ピンコロ地蔵・ピンコロ御膳・約700名の健康指導員・・・
 全ての小学校区に児童館の建設・・・
 5期約20年間、厚生労働省で培った経験・人脈をフル活動し
 事業に取り組まれ、ある意味、ご自分の経験の実証実験のような
 感じもした。(いい意味)

☆14日(火)新潟県柏崎市
     「防災活動・震災対応」視察
 2年前の震災の地。
 ボランティアの受入・震災後の財政状況・避難所の運営
 義援金の配分 他
 市内商店街も空地が目立つ。
 仮設住宅の撤去に伴い、現在「復興住宅」が完成が近く
 今でも仮設住宅から復興住宅への引越しのためのボランティアの
 受入が続く・・・・。

☆15日(水)東京都調布市
       「介護・健康・みまもりネット事業」視察
 FC東京のお膝元。
 Jリーグ全体で地域との連携のため健康・介護事業への協力を
 目指している。
 サッカーボールを使用した高齢者向け介護予防体操の開発他。
 みまもりネットは、人付き合いが希薄化する中、独居高齢者・
 孤独死他の対策他のため、行政関係・民生委員・自治会長・
 郵便局・銀行他に協力を求め組織を構築している。 
 
☆16日(木)
 3日間の電話連絡の対応や夏休み期間中、伊曽島小学校の
 教員を対象とした地域学習の準備で1日が過ぎる。
 夜は、地元の盆踊り大会の最後の練習。
 約150名の参加。大人・子ども半分づつ。
 教員の姿も見られる。
 開かれた学校・地域の方にお願いするゲストティーチャー他の
 ためには、教員も地域の行事への一定の参加も必要に感じる。

 本日7/17(金)は、議会運営委員会・議会全員協議会・・
 の予定。
 
  
 

2009.07.13 Monday

出塁率5割・・・

おはようございます。只今の時刻は、AM5:40です。

◎7/12(金)
お誘いを受けた、実践倫理宏正会の朝の集い。

朝、電話を待つが入らず少し遅れソフトボールへ。
守備はあまり・・・なので、打撃は6打数2安打エラーがらみもあり、出塁李右は5割のまずまず。

その後、何件かの案件の処理で1日が過ぎる。

本日7/13(月)から、3日間福祉安全委員会の視察です。

2009.07.12 Sunday

愛のピアノ×桑名空襲朗読劇

おはようございます。只今の時刻は、AM3:40です。

◎7/10(金)(午前)
伊曽島小学校へ。
外部講師を招いた「愛のピアノ」の4年生授業にH17年度から関わっている。
伊勢湾台後、被災状況を知った、アメリカの女優シャーリー・マクレーンさんらが東海地方に送った約50台のピアノが現存し、まだ、子ども達の心を癒している。
途中、電話が入り市役所へ。
  ↓
(午後)
地域医療対策調査特別委員会。
諸問題で委員の出席は、9/10名。
開会直後、5名の委員が「諸問題」から退席し、半数に達せず散会。
副委員長の立場の私も難しい判断にせまられる。
「ルールは守る。」が基本にある。早く正常化・・・・・。

◎7/11(土)
午前・午後とも、子ども達の農園の作業で1日が終わる。
農園作業+
  匿名の方からいただいた倉庫(1.5m×1.0m)の組み立て。
午後は、地面にアンカーを打ち固定の作業。

夜、大山田コミプラでの、桑名空襲の朗読劇。
昼の部は、満席であったとのこと。
夜の部は、約1/2。
小学生時代、九華公園近くに桑名空襲の爪跡を残す「東洋紡績(三菱重工)」のレンガ工場の記憶が戻る。

  ※本日7/12(日)は、
    13〜15日の福祉安全委員会の視察準備他。


2009.07.10 Friday

RDF施設火災×医療・会計・経営のプロ

おはようございます。只今の時刻は、AM6:02です。

◎7/9(木)
6:30に自宅を出発。
子ども達との「河川環境学習・櫓漕ぎ体験」に関し打合せ。
8/24(月)の午前中で日程調整がうまくいきそう。
いくつかの行政組織を巻き込んで事業推進をするのが、次の目標。
 ↓
県庁へ
「子育て支援・教育体制」他について懇談。
かなり今までとは雰囲気も違う。
地域の関係者の総意として話をすれば、県も動かざるをえない。
「今から電話で今日の懇談内容を確認してもいい。」と迫れば県にとってもきつい一発だろう。
県も県議会の対応等、今後は難しい対応をせまられる。
 ↓
懇談後、別の県庁の方と懇談
 ↓
帰路途中にRDF施設火災の一方の電話が入る。
最終的にこのままRDF・発電施設として使用するのが良いのか?考えてしまう。
 ↓
何本かの電話
 ↓
17:00 市民病院独立行政法人化評価委員会
様々な議論が交わされる。
最終的には、山本総合病院との統合・・・になる。
医療・会計・経営のプロから、これだけ言われれば、行政側も・・・。
傍聴者9名中、6名が市議。
約2時間半の議論。
 ↓
委員会終了後、地元の夏祭りの盆踊り練習会場へ。

  ※本日7/10午後、地域医療対策調査特別委員会他

2009.07.09 Thursday

「障害突破」桑名市消防本部×津市消防本部・・・

おはようございます。只今の時刻は、AM4:15です。

今日はAM6:15に訪問しなければならない事案があるため、今目覚め。
今目覚めというより、なかなか進まない事案をいくつか抱えているので、疲労モードのため昨日は22:00にソファーの上で寝てしまい、今起きたというのが正解かも知れない。

◎7/5(日)
午前は、懸案事項の処理中のため長島温泉の近くにいたので、沖合いでの水難事故のため低空を飛行する海上保安庁のヘリ、消防本部緊急車両を見る。
午後は、パソコンが壊れたので四苦八苦。

◎7/6(月)
午前中、市役所でいくつかの案件で激論。なかなか進まないア〜ア。
午後・夜は、電話をいただいた方を訪問。子育て支援のあり方について懇談。

◎7/7(火)(午前)
午前、子ども達の農園関係の事案を進める予定が電話等でできず、しばらく延期。
伊曽島小100周年事業の事務処理他。
午後、学校関係者と諸会合。

◎7/8(水)
東員「ほふく救助」、長島木曽岬分署「ロープ渡過」に続き、消防本部で消防救助技術大会「障害突破」に出場する訓練を視察。
知人のから、「こうした訓練を市議が視察することは、署員にとって迷惑ではないのか。」と言われたことがある。
一方では署員の方から、「こうした訓練を視察していただくことは、緊張した雰囲気で試技をすることになり、本番での緊張感克服となり+(プラス)。」と言われている。

本番は、警報が出ない限り雨の中でも実施される。
今日は、小雨の中での訓練。
本番会場の三重県消防学校の訓練塔は、公平をきすため、出場する消防本部は見学はできても試技・訓練に使用することはできない。
このため桑名市消防本部と三重県消防学校の訓練塔は、極めて類似しているため、他県・他市の消防本部からも訓練に来るとのこと。
本日は、津市消防本部から来桑している。

☆「障害突破」
3mの壁をはしごを使わず突破
  ↓
7mの梯子を一気に駆け上がる。足は1段、手は2段ずつの規定がある。
  ↓
訓練塔間10mをロープを張り渡過
  ↓
7mの壁面の垂直降下。所定の位置で止まった後に着地。
  ↓
マスク・ボンベ着用
  ↓
約20mの煙道・狭いトンネルを這う姿勢で突破後、最後は30mを全力疾走。
これを4名の隊員で協力し、体全体を使った全力疾走の競技。

 桑名市・津市の消防本部の試技を見せていただく。タイムは小差。
 
  津市消防本部に桑名市の訓練塔を使用していただくことは、
  ある意味で敵に協力をすることになるが、
  大規模災害の協力体制・双方の技術指導等、消防一家という
  感じで好感が持てる。(いい意味)

ここでも指導する先輩隊員・支援する署員の協力体制の高さを感じる。
ミス無く1分40秒を切れば全国行きのキップが見えてくる。
  是非、全国行きのキップをつかんでほしい。

(午後)
木曽三川ゴミの会の協力による伊曽島小学校高学年の総合学習
 「河川環境学習・櫓(ろ)漕ぎ体験」の打合せ
今年は、夏休み期間中にも伊勢湾台風50年関連事業への協力・取材が学校に多数来ており、学校内の研修や日程調整が難しい。

子育て支援に関し関係者5名で協議。
某事業が行政間の未調整のまま進み、地域の声・団体関係者の声が届いていない。

開発事業に関し、行政からの指導項目の聴き取り。

 ※本日は、県庁へ視察調査他。
1/2 >>