市野よしたかブログ

2010.11.30 Tuesday

変えたいだけでは変わらない

おはようございます。只今の時刻は、AM4:04です。
昨夜は、爆睡して今目覚め。

昨日29日は、市議選立候補者の収支報告書提出の第1回目の期限。
第1回目(?)と思われる方もあるかもしれませんが、選挙中の電話代(口振であれば期間中の相当額を計上)、請求書が届いていないもの、清算が途中のものを除いて提出する必要があります。

全て整った段階で第2回目として収支報告書を速やかに再度提出。
市民の方に知られていないことに、選挙期間中にボランティアで手伝ったくれた方は、無償の労務提供として一定の時間単価を設け寄付(金)として報告書に明示しなければなりません。
山積みの書類の中から請求書・領収書を探し出し、昨日17:10に第1回目分として提出。
職員の勤務は17:15までなので、ギリギリセーフ。

<市政>
昨日、会派調整会議が開催され、12/6からの任期後の議員間の調整や事務的な課題を協議。(私は出席していませんが)
会派は3人以上の申し合わせなので
「(6人×1G)+(4人×3G)=18人」の4会派の代表と「2人×3G」「1人×6G」からも出席。

会派調整会議が開催されたことで、私の所属する会派も皆さんに報告できます。
代表:鷲野勝彦氏(3期)、大橋博二氏・飯田尚人氏(2期)と私(幹事長・政務調査費会計責任者)の4名で
  「新桑会(しんそうかい)」(新しい桑名を考える会)
として2期目をスタートします。
新桑会のの理念として「基本的な課題について統一的な見解を持つ政策集団、4名だけではなく議員間の情報共有に努める」他を4名で話し合いをして合意に達し会派を結成しました。

最近、地方議会のことが新聞報道されることも多く、桑名市議会や市議の活動について質問を受ける機会も多々あります。
こうした話では、「変えたいだけでは変わらない。」を末尾につけることにしています。
1期目では、様々な事を学ばさせていただきました。
先輩議員と十分な話し合いの必要性、意見が反しても調整し次の機会に更なる高みを目指す・・・・・。
活動のスタイルは個人により様々ですが、議員の多くの方と話し合いができる状態にしておくこと、情報の共有に努めることで、様々なチャンスや改革する機会を得ることができます。

9月議会の「市民病院と中核的な民間病院との統合再編に関する決議」(議員提案)では、先輩議員から「君が代表提出者にならないか。」と連絡を受け「2日間ほど考えさせてください。」の回答して、結果的に私が先輩議員のご配慮により24名の代表提出者に。
その後、事前通告もない質疑を本会議場で受ける必要もあり、3日間ほど過去の会議録・資料を熟読し、結果的に4氏の市議と本会議場で議論を。
いい機会を与えていただいた先輩議員の皆様には「感謝」の一言です。

<自転車>
某サイトにおいて、選挙中の私の自転車での活動についてご心配をおかけしていますが、事前に選管に「問題無し」(※安全確保に努めるのは当然ですが)を確認しています。
農道や狭い道では機動的、横断歩道で信号待ちの際には有権者の方から話しかけられることもあり身近に感じていただくこともできます。
ご心配をいただいたき感謝します。

※本日30日は、12月議会のための議案説明、12/2午後の
 R23号線補強工事「伊曽島小3.4年生工事現場見学会」の準備
 (約45年前の建設当時の写真資料収集)、
 工事関係者から相談を受けた地元対応の案件の調査や協議 他

2010.11.29 Monday

私の知らない日本

おはようございます。只今の時刻は、AM5:40です。

昨日28日は、精義小での「学童フェスティバル」へ行ったりイロイロ。
運営をする関係者・保護者の皆様の努力には感じるものがある。
桑名地区全域の学童保育所で、会場となる小学校も持ち回りで、このイベントを開催しているものいい。
こうしたことが、地域力の向上に結びついてほしいと思う。

夜は、地元で12名の方と懇談。
話題は、地域の課題や選挙戦の結果他。
宿題を幾つかいただく。

<国政>
沖縄県知事に仲井真氏再選。
普天間県外移設を明言し、与党は一層厳しい対応を迫られることになる。
30年前、静岡御殿場「国立中央青年の家」での「全国新成人政治講座」に三重県代表2名の一人として参加した際、沖縄から参加者の話では、
 (1)不発弾の処理は日常の事
 (2)屋根をかすめるような米軍機の離発着
 (3)まだ密林他に眠る遺骨
 (4)祝い事等での「万歳」は、「万歳突撃」をイメージし
                       嫌がる方も多い。
と続き、20才当時「私の知らない日本」がそこにはあった。

基地が支える経済・雇用もある。
一方、県外移設は今回の選挙戦の争点であり「民意」と言わざるを得ない。
日本の安全保障の問題であり、安易な発言はできないが、内閣・与党には、失言・迷走内閣と言われないように慎重な発言・対応をしてほしいと思う。

 ※本日は、臨時議会他。

2010.11.28 Sunday

市政×県政×国政

おはようございます。只今の時刻は、AM6:16です。
毎日バタバタ。
その中で感じたこと。

<国政>
補正予算はかろうじて通過したものの、閣僚の迷走発言、発言の取り消し・謝罪等、未熟内閣と言われても仕方がない。
北朝鮮の韓国砲撃等への危機管理能力への対応も。
移動中にラジオで国会委員会で砲撃に関する質疑中継を聞いていたが、内容はあまりにも「お粗末」。
内閣支持率も危険水域、国民支持も与党・野党で逆転。
一方、本日早朝のTVニュースでは、菅総理が鳩山氏と懇談し、内閣支持率が1%になっても辞めないと発言。
前にブログした清渓セミナーの日程が数日遅かったなら、福岡教授は更に厳しい話をされたに違いない。

<県政>
志半ばにして野呂知事は、2期8年で終焉。
北川知事のRDF事故等、その後始末等お気の毒であった感じもする。
パフォーマンスではなく実務・堅実な方、前知事時代、市町村と疎遠になった関係を修復した新聞報道の記事も。
野呂知事の県立博物館の構想もわからない訳ではないが、県内の地位医療対策に相当の予算を投じているものの、もう少し道筋をつけてほしかった感じがする。

<市政>
市議会では、概ね会派構成も終了。
3人以上が会派と位置付けいるため、3人以上で議員の半数(15/30名医)以上でないと、会派代表者会議や会派調整ができない。
現段階で3人以上のメンバーで4会派・18名となった模様で概ね良好。
会派は基本的に政策集団。
基本的な施策に対する考えが一致しないと。
12/6から2期目のスタートだが、現在のメンバーで29日に臨時議会が開催される。
今期で勇退される先輩諸氏と懇談できるのも事実上最後になり、謝意を。

 ※本日は、資源ゴミの当番、その後、市内アチコチ。

2010.11.24 Wednesday

故郷を錦で飾る>故郷に錦を飾る

只今の時刻は、PM7:01です。

<新嘗祭>23日(勤労感謝の日)
この日に全国的に神社では、神田で収穫されたお米を供え、1年間の五穀豊穣等に感謝する新嘗祭が行われる。
午前中、地元:伊曽島神社の新嘗祭に参加(伶人兼来賓)
この立場になり玉串奉納の際、諸先輩が参列しているのに、最初にしなければならず申し訳なく違和感を感じている。
祭事後の直会(なおらい)、伊曽島神社では「ボラ雑炊」
(雑炊と言うより「まぜご飯」、鯛めしをイメージしてください。)
を食べるのが通例・慣わしになっている。

今年のお米の収穫は、夏の猛暑で品質がやや低下。
桑名の特産物の「海苔」も10月下中の台風接近で、一度、木曽三川沖合いに張った「海苔網」を一度陸上に戻し大型冷蔵庫で保管し、再度、網張りをしている。
冬の恵み「桑名海苔」。
是非とも、例年以上の品質・収穫であってほしいと思う。

<第15回清渓セミナー>23〜24日:日本青年館
新嘗祭終了後、市内のイベントに少しだけ顔を出し東京での上記の研修に。
22日からの3日間の研修ですが、選挙後・23日新嘗祭への参加やイロイロあり、23日夕刻からの参加。

無理して参加せずともと思われる方も見えるかもしれませんが、
昨年のこの研修で、
国の事業仕分人・東日本税理士法人代表・
地域医療をテーマにしたガイアの夜明け・NHK特番に出演された
「長隆(おさたかし)氏」の講演で、
民間病院と公立病院の統合に複数の質問をして、接点をつくり、
議長・特別委員会委員長のご配慮により、7月に市議会議員研修で講師として招くことができた。
セミナー関係者にお礼の機会は、この時しかないと考え上京。

今回は2日間で
◎白鳳大学教授 福岡政行氏(国政選挙ではTV解説者としてよく出演)
  「11月の政局」
菅さんは、いつやめるのか?⇒時間の問題。
補正予算が通るのか?
発言迷走内閣。
世界との為替戦争・通貨戦争に勝てるのか?
  ⇒経済担当大臣が「日本円がいくらになったら介入する。」と発言。
   「経済戦略がわかっているのか?」としか言いようがない。
   外国投資家に儲けさせる機会を与えるだけ。
全国の改革派市長と言われる方をどう思うか?
    ⇒本来の改革が何か判っていない人も多い。
     パフォーマンスだけで終わってしまう。「−」効果も大きい。
地方自治体議員他、政治家と言われる方は、「故郷に錦を飾る」「故郷を錦で飾る」
この言葉の違いを良く考えてほしい。

◎三重県議会議長 三谷哲央氏
 「議会改革・議会内閣制が抱える問題」
最近、地方議会についての記事が多くなった。
大阪知事・名古屋市長他の影響。

議会内閣制は、議員の中からその身分のまま、副市長等になり予算編成に関わるものであり、現行の地方自治法は想定をしていなかった。
また、人口数百人の村〜何百万人の都道府県・都市までを一つの法律で縛るには課題も多い。
しかし、二元代表制の中、議会改革が進む中で、これ以上の改革は無理と判断をされた場合、議論をされてもやむを得ない。

議会改革は3点セット
 ゝ腸餞靄楙鯲磧´議会倫理規則 政務調査費
議会改革NO.1の三重県議会を県職員にアンケート
 (上層部)知事の権限を侵すな。
 (一 般)県議も一生懸命、改革に取り組んでいる。
管理職と一般職員で、相反する回答が多かった。

地方議会に求められる議長
  ゞ砲瓩銅駄廓塾蓮Σ革意識が高い議長
  議長のハードルを高める。
何期・何年以上という慣例は見直すべき。

さて、本日は会派の打合せや市内アチコチ。

2010.11.22 Monday

秋の夕陽に照る山もみじ・・・・・

おはようございます。只今の時刻はAM9:21です。

街頭指導・雨の日にしか確認ができない場所を見てとりあえず帰宅。

<地域力>
昨日21日(日)、市内数箇所のイベント他を回ったり様々。
その中で、第15回長島北部地区ふれあい秋祭り。
昨年は、新型インフルエンザの影響で開催できず。
この実行委員会は、夏・秋と2回のイベントを開催。

自治会・PTA他の団体・学校の努力には相当のものがある。
地域力のたまもの。
午前は、各教室で竹細工・紙飛行機他の教室。
指導するのは、地域・学校の皆さん。
昼には体育館に参加者全員が集まり、ふれいあい昼食会。約350人。
 今年は、焼きそばと餅つき。
午後から、幼・小学生による学習発表会を1時間半して終了。

最後には、参加者全員で
(もみじ)「秋の夕陽に照る山もみじ・・・・・」を合唱。
この歌を何十年ぶりに歌ったのだろう?

<議員活動>
当選翌日から、議員の活動も再開。
議会内の調整・勉強会等は、会派・グループを結成して行われる。
「議会基本条例(素案)」が示されていることから、会派の位置付は基本的な政策を同一とする政策集団。
当選した数名の方と話し合いをしたが、会派の位置付を主張した。
ここ数日間で30名の所属先がおおよそ明確になる。
私の所属先も決まりましたが、明確になるまで掲載は控えます。

今から着替えて、市内アチコチ。

2010.11.21 Sunday

冬期の自主トレ

おはようございます。

1週間、市内をアチコチ・山積みの事務処理に忙殺されていますが、
昨夜は所属するソフトボールチームの忘年会で気分的にリフレッシュ。

21年シーズンは、打率3割3分・出塁率5割ほどであったので攻撃は、
マズマズ。
1塁からホームまで全力疾走をしても、転倒・足がもつれることも無かった。
一方、守備はイマイチ。2試合に1度はエラー。
メンバーから「市野さんは守備の際、ボールよ来るなとオーラが出ている。」と厳しい指摘。

元々、パワー(レガッタ)・持久力(タイムは今イチですがトライアスロン他)系は、人並みに。
投げる・ラケット他を使う「手首・指先の微妙な感覚」が求められるスポーツは全く「×」。

1ヶ月間で7キロ「−」ですが、この1週間で3キロ「+」。
戻るのが早い体質。
ソフトボールのためだけでなく体のケアのため、冬期の自主トレを進められる。

<自転車から見た桑名の道路(路面)>
1週間、自転車で桑名・多度・長島を走り回った。
自転車の走行距離「431辧椄繊
車社会の中で見えてこなかったものが見えくる。

路面が著しく風化・老朽化し石がゴツゴツ、私の自転車(マウンテンバイク)でも走りにくいのであれば、高齢者の方にはなおさら、車椅子の方はさらに。
高齢者・幼児他が、転倒した場合のケガも心配。
こうした路面の補修は、「本来、議員の仕事ではないのでは。」と言われる方もいますが、私の場合は「気付いた人が、地域の自治会長さん他と相談して、うまく処理すれば。」が基本。
住民生活の向上につながる。
県道大山田東員線の本年度分の全面補修も終わりに近づいている。

昨日も、市内数箇所の現場へ。
「今まで誰も指摘がなかったのか?それとも?」

本日21日もイベント等で市内アチコチ。

2010.11.18 Thursday

市民の皆様へ<地域医療について・ご報告>

メディアライブで開催された、
第2回地域医療対策連絡協議会-地域医療提供対策部会-
を傍聴し帰宅。

帰路、選挙中に某桑名市内の凸凹道路補修の状況も確認。
あまりにもひどいので、午前中に白スプレーで○印し、
市役所へ電話。
早々に対応をしてくれ感謝◎。

話を地域医療提供体制に戻そう。
本日18:30〜20:40の部会で、
市民病院と山本総合病院の統合に向けての具体的な協議がされた。

4大疾患、小児科・周産期医療他について、
部会長(医師会副会長)から、具体的な質問や各委員から意見が出され、
それに対して、アドバイザー・部外委員として出席している、
市民・山本側からそれぞれの所見が示された。

経営・運営・財源・場所他をどうしていくか、様々な議論がされたが、
 メリット「統合による医師他医療スタッフのスケールメリット」
 課  題「職員の融和」
この課題をいかに克服できるかが、大きな鍵を握りそうだ。

9月議会最終日、先輩議員のご配慮により24名の賛同議員
の「病院統合の決議」の代表提出者になり、
4氏の議員と50分間、資料は準備したものの
「ガチンコ」の議論・質疑応答をしたことが思い出される。

選挙直前のこの部会の傍聴は私1名。
今回は、私+某議員1名=2名。

守ります!安心・安全、地域医療。

2010.11.16 Tuesday

ご報告×賽銭箱

おはようございます。只今の時刻は、AM6:20です。

<ご報告>
再々度、桑名のまちづくりに参加できることになりました。
 (再々度の就職試験に合格することができました。)

今回の結果を真摯に受けとめ、活動をしていきます。
   行動力と実行力
   市民の皆さん、現場の声を大切に
   守ります!安心・安全、地域医療

<賽銭箱>
1週間、市内を駆け巡る中、大山田地内でサルを発見したりイロイロ・・その中、
選挙戦が終了した日曜日。
私の最初の仕事は、盗難・放置された「賽銭箱」を警察に届けることから始まりました。
自転車から、車からでは感じることができない桑名のまちを見つけます。
道路路面の凸凹、高齢者の方の歩行、自転車にはきつい・・・・他。

先週、水曜日の午後、城南方面、揖斐川河口から約1キロ地点。
堤防小(下)段道路、凸凹のため「高齢者の方には走りにくいな。」と感じながら自転車で走行中、排水路近くにミカン箱ほどの木箱を見つけて、何となく「賽銭箱では?」と感じながらも、そのまま目的地へ。
何となく気になり、日曜日の早朝、その場所へ。

思ったとおり「賽銭箱」。
破られ無残な姿、半年ほどここにあった感じ。
神や仏を感じないのか?

桑名警察へ連絡し、現場の立会いを含め約1時間半。
消えかけの文字から市内の某稲荷神社であることも判明し、刑事の方が
現場から連絡。
使用することもできないので、きっと年末の「かがり火」の中で
天に召されることになるだろう。

本日は、1週間の道路の凸凹の確認やご報告に市内をアチコチ。

2010.11.06 Saturday

天気晴朗なれど波高し

おはようございます。

昨日5日も、伊曽島小百周年の仕事の中、小4時代の担任の先生が
後援会事務所を訪問を受けたり、市内アチコチ。

小4時代は、まだ木造校舎があったり・・・昔話が尽きない。

現在の心境は、
<天気晴朗なれど波高し>。
15日まで、ブログの更新はできません。

20代前半、4年間、
三重県選挙管理委員会青年リーダー・県明るい選挙推進協議会理事として
「選挙啓発・県20才の集い・県知事と語る集い(当時は田川知事)」
に関わりました。
略歴にこうした事が書かれているためか、イロイロな連絡や突然の訪問を受けます。
私は、公選法を理解・遵守し活動をしていきます。

<天気晴朗なれど波高し>

2010.11.04 Thursday

夏は終わっていなかった×星見交差点でサル

おはようございます。

6日(土)伊曽島小創立百周年、
6(土)・7日(日)の招待サッカー
(会場:長島最北部・ハートピア長島隣接芝生広場)
の準備もしながら粛々と活動をしていますが、
「私の夏は終わっていなかった?」事象を見つける。

15年になるサッカーゴールのペンキの維持管理作業。
12組中の1ゴールの前面「サビサビ」発見。
前面を下にして倒して保管がしてあるので、
倒した状態で上だけ塗り、下にある前面は塗り忘れ。

夏から運動会までに終わらせ、毎年、自分にとっての「夏」が終わる
ことになっていたが・・・・・残念無念。
目前の目標(?)を乗り越えた後、作業しよう。


昨日3日早朝、所用のため員弁方面に車を走らせる。
帰路7時半頃、星見の交差点でサル発見。
動かずジーットしていた。
マイカル周辺で、よく見かけたが最近は見かけない。
星見では初めて。
はぐれた老い猿のようだが、哀れな感じもする。


 ※やるべきことは山積みですが、事故・ケガのないように粛々と。
1/2 >>