市野よしたかブログ

2012.03.31 Saturday

市独自の焼却施設を持っていない・・・・・

おはようございます。

<本日(3/31)中日新聞三重版>
「がれき受入れ県内低調」
三重県内29市町のガレキ受入れに関するアンケート記事。
安全性が明確なら前向きに検討する(2市:1町)、白紙(2市)
受入れは難しい(9市:9町)、その他(1市:桑名市:5町)    

安全性不明確・焼却灰処分地に余裕無・焼却施設の余裕無・施設老朽化・・・、理由は様々である。
桑名市は「市独自の焼却施設を持っていない。」とコメントを寄せている。
前回のブログに記したが、県企業庁のRDF発電施設で焼却する桑名市にとって市(長)もメッセージを発することは必要かもしれないが、市の意向以上に県の方針・政策にこの問題は大きく左右される。
ただこの問題は、明日は我が身、他人事ではない。

<年度末最終日>
昨日は、3/31(土)・4/1(日)のため実務(事務)的な年度末最終日。
市民課は、普段の倍以上の市民の方の窓口状況。
4月1日の人事異動に伴う机の配置を協議する職員の姿を見かけたり・・・。
国交省・県の工事関係者の異動の方から転勤する電話連絡も受けた。
「問題点を指摘していただき工事も比較的順調に進んだ。」「こちらも厳しく言い過ぎた。」・・・・と会話は続いた。

選挙で選ばれる私達にとって政治資金収支報告書の締切日でもあるため、桑名県民センターへ。
私の場合、後援会用として45−2436(ふじさんろく)・2437(FAX専用)の2回線があるので、「0(ゼロ)」で報告する訳にはいかない。

※4/1は、なばなの里イルミネーション最終日。
 この2日間、夕刻から夜にかけ局所的な渋滞に関し市民の方から対応の
 連絡も受けている。
 本日は、その対策や要望案件の調査他。

2012.03.29 Thursday

他人事ではない×震災ガレキ処理、桑名市では・・・・・

おはようございます。

<3/25(日)〜26(月)>
気仙沼から車で陸前高田市を経て「岩手県大船渡市」へ会派4名で。
7月には、被災地で不足する土のう袋他の資材の輸送と被災家屋の土砂撤去ボランティアで宮城県亘理町へ。
8月は亘理町VC(ボランティアセンター)での聴き取り調査他のため3名の市議と。
今回は、ガレキ処理を主目的としての視察。
私自身は被災地へ3回目となる。

26日午前は、大船渡VC(ボランティアセンター)へ。
8月に調査した亘理町とは、違う部分が多かった。

テント村 ⇒(亘)設置、(大)未設置 
  ※ガレキの中から貴重品等の盗難もあり、真摯に取り組む
   ボランティアへの風評被害防止、ボランティアの宿泊は県内内陸部で
VCブログ⇒(亘)初期から開設(3月)
       (大)岩手県全体としてブ発信は遅れた。(5月)
活  動 ⇒(亘)活動場所へ地元以外のグループも派遣。
          ※7月に私が活動した際、埼玉・福井の方と。
       (大)トラブル防止のため必ず1名は地元の方。

全国各地からボランティア・団体が集まったが、中には大船渡VCの手法に「私達のやり方が正しい。」と異議を唱える方もあり対応に苦慮・・・・・。

午後はガレキ焼却処理視察のため太平洋セメント大船渡工場へ。

岩手・宮城県のガレキは2千万t、内4百万tを県外広域処理として国は求めている。
津波による海水を含んだガレキは、焼却するとダイオキシンが発生し炉が傷む。
そのためガレキを2度洗いする必要があり、小学校グランド規模の敷地に整備(中)したプラントの視察、選別しても場合により30〜40%規模で土砂・石・コンクリートガラが混じり込むための対策・残渣(ザンサ・燃えきらないもの)に対して苦慮しながら、工場は被災を受けながらも企業としての社会的責任を果たすため焼却処理しながらコンクリート材料として使うようにしている。

知ってはいたが、震災ガレキを含む廃棄物類にはコンクリートを構成する成分が含まれている。
このためコンクリート製造過程で主材料の石灰石他のほかに廃タイヤ他を焼却処理等し材料として使用している。
太平洋セメント大船渡工場での現在のガレキ焼却処理日量300t/日。
今後も処理拡大を図るため、震災で被害を受けた施設復旧を図りながら、施設の改修に取り組んでいた。
昨年夏、ガレキの魚の腐敗臭の問題が出た際、近隣市町のガレキの中の魚介類を工場のセメント炉で焼却処理も。

三重県では独自の判断基準を示し、4月の市長会・町長会で理解を求めるとのことである。

桑名市での震災ガレキ処理の問題を考えてみよう。
国・東電の対応のまずさから震災ガレキに放射能の不安を払拭する必要が、大前提になる。
桑名市は広域でゴミを固形化燃料:RDF化して、三重県が政策誘導した県企業庁のRDF発電施設で焼却処理している。

(1)情報を公開し安心安全であることを市民に示す。
(2)発電施設は三重県の施設であり、焼却の可否は桑名市の判断より
   三重県の判断に委ねられる部分が多い。
(3)RDF発電施設でのガレキ焼却の技術的な問題は解決できるのか。
   例:発電施設の炉が傷まないように、持ち込まれるガレキ
    (木材チップ・ゴミ類他)は、洗浄され塩分を可能な限り除去
     されているのか他。
(4)灰・燃えきらない残渣の最終処分地は確保されるのか。
(5)処理費用・場合により施設改修他の負担は、どこが。
(6)三重県が政策誘導したRDFは、H32年度末で発電施設撤退の
   方向を示し、その後の方針も明確でない。仮に受け入れた場合、
   どうなるのか。

課題も多いが、他人事ではない。

2012.03.25 Sunday

セメント工場でのガレキ処理・・・・・

おはようございます。

3月市議会が22日に終了。
期間中に某サイトにも実名が出され何回か問い合わせも有。
ザワザワ・・・粛々・・・イロイロ。
全ての議案は可決されましたが、私自身2議案は否決(賛成多数で可決ですが)し、1議案は少し緊迫した雰囲気の中での採決・・・?
しばらくして議決結果一覧は、市HPに掲載されるでしょう。

最終日、4月に3院体制でスタートする桑名市総合医療センターを非課税団体とする決議もされ、翌日に議長・副議長が知事に対し要望し、前向きの回答を得ている。
県条例他の改正等が必要となるため、県議会最終日に改正案が上程され可決されるのか?

本日から2日間、岩手県大船渡市へ会派で視察。
ボランティアセンター・太平洋セメント大船渡工場でのガレキ焼却処理の視察目的。
3週間前に視察を申し込んだ際、藤原工場での処理の検討の話は出ていなかったが、先週、三重県が工場・いなべ市へ処理協議の申し込みをした報道が大きくされた。
10日ほど前のブログに3月末までに何かある?と予測した通りの報道だった。
絶対条件として安全性が確保されることが必要だが、他人事ではないと感じている方は多いはず。
世論調査でも一定の理解はするとして国民全体の意識は高い。
一方、国・東電の対応のまずさ等から、震災から1年も経過し今頃何故?ガレキが大きくクローズアップされることになったのか疑問を感じている方も多いはず。

施設に焼却の余裕があれば、RDF施設で処理が可能なのか?安全性の確保はどのようにされているのか?見極める判断材料としたいと思う。

今から準備し出かけます。

2012.03.20 Tuesday

市民病院整備に関し協議・・・・・

おはようございます。

昨日(20日)は、市民病院整備に関する特別委員会。
今後は市民病院整備に関sる議案は、この委員会で審議される。

統合の基本合意が締結以前から判っていたことだが、総事業費106億円余といってもこれはあくまでもハード整備に関するもので、含まれない運営として一定の繰出金に関し今回の議案の中に含まれている。
2時間の審議でそれが注目された委員会だった。
「市民の皆さんの求める医療+一定の利益」となる病院となれば、当然のことながら市からの繰入金は少なくなる。

命・安心安全には、一定の経費は必要。
今後、市からの繰入金に関しては注視していくことに。

さて、午前:伊曽島小の卒業式出席、午後:特別委員会の中、何本かの電話。
22日(木)の最終日まで気が抜けない。

今から桑名リバーサードマラソンのボランティアに。
10年目?になる。
私の役目は、ハーフマラソン(21.0975k)スタート後、15分遅れでスタートする10Kの先導バイクの先導。
ハーフの後尾から「10Kの先頭が来ました。ランナーの皆さんは走路を空けて下さい。」
これを20分ほど言い続ける他。

今までマラソン後、なばなの里のイルミネーションに行かれる方も多く夕刻からの渋滞が深刻になり、今回から日曜日⇒祝日(平日)変更の初めての大会となる。
聞くところによると大会参加者は、4千名弱ほど。
大会日の変更でも大きく参加者減はなかったようだ

全国からのランナー走路確保の職責を果たしたいと思う。

2012.03.18 Sunday

1,569万t + 476万t = 2,045万t (内400万t)

おはようございます。

本日(18日)早朝、ご案内を受けた実践倫理宏正会の朝の集いに参加し、ブログ打ち込み。
昨日に名古屋で開催された大会の翌日で普段の参観者の倍の150名ほどの参加者。
県議他の参加も見られる。

本日の中日新聞1面記事「震災がれき 愛知県受け入れ 碧南火力に処理施設」
宮城県1,569万t、岩手県476万tの内400万tを県外での広域処理を希望し、福島県は県内で処理。
愛知県では、碧南火力発電所内の焼却他の処理施設他の建設を中部電力と協議中や県内の市町村での受入れを調査を続ける・・・・・。
三重県(知事)は、広域受入れ処理に関し中立の立場を表明し、県内の調査はしているが表に見えてこない。
近隣県が大きく報道されると動き出す・情報のチョイ出しをするのが行政の常。
月末までに何らかの動きがあるのは、ほぼ間違いない。

昨日(17日)午前、ご案内をいただいたサンファーレで開催中の絵画展に足を運んだ。
市内在住の方であるので近隣の風景・木曽三川上流部他の見慣れた景色も多い。
タイトル:坂本・・・に記憶が蘇り・・・「これは藤原の坂本ですか?10年前の私の自転車練習コース・・・。」と話も続く。
その後、長島FC(少年サッカー)卒団式、メディアライブでの「DVと虐待の講演会」、長島中サッカー部3年生最後の試合会場他へ。

本日(18日)は、会派の通信作成や3/25(日)〜26日(月)岩手県大船渡市ボランティアセンター・太平洋セメントでの震災ガレキ処理の視察準備他。

2012.03.16 Friday

木曽岬干拓メガソーラー×ガレキ広域処理・・・・・

おはようございます。

本日(16日)、伊勢新聞記事。

メガソーラー誘致のため、知事が農水省を土地利用に関する用途変更のため訪問。
財務省との協議も必要だが、7月までに用途変更の前向きの姿勢を示した。
記事では(原文)、
「農水省で農村振興局長らと面談した知事は、7月に再生可能エネルギーの買取価格制度が開始されるのを受け、それまでにメガソーラーを設置させたいことを報告。その上で、土地の用途変更が必要なことから、国に対し柔軟なスピード感ある対応を求めた。」

「7月までにメガソーラーを設置させたい?」
何も無い場所に7月までにメガソーラーを設置は無理?じゃないのか?
記事の内容には何か欠けている感じがする。

全国的にガレキの広域処理に対する理解が広がっている。
島田市長が、受け入れを表明。
ガレキを分別後すれば受け入れ可能なのか判断するため、地方自治体職員の現地視察も始まった。
仮に、我々の住む地域が津波・高潮被害他を受けた場合どう判断するか?
全国に広域処理のお願いをするしかない。
分別して細かくすればゴミを固形化し燃料とするRDF施設で焼却可能なのか?施設に余裕があるのか?焼却灰の処理に問題はないのか?住民の理解は?・・・・・課題も多い。
慎重な対応が求められるが、検討は必要。

本日(16日)、建設水道委員会。
22日最終日まで厳しい判断が求められる。

2012.03.14 Wednesday

ガレキ×電気料金不払い運動×1枚の手ぬぐい・・・

おはようございます。

<ガレキ>
震災のガレキ広域処理に関して、全国各地で一気に議論が拡大した。
好ましい限りだ。
私のブログを読まれた方から声をかけていただいた際、ガレキの話に。
Q:「市野氏は受け入れ賛成なのか?」
A:「基本的に賛成・・・、国の明確な方針が必要だが震災対応の
   まずさから国民は国を信頼していない・・・施設に余裕があるのか
   ・・・仮にRDF施設で焼却可能なものを桑名市が受け入れても
   桑名員弁広域清掃事業組合の構成市町・地域住民・議会の理解・・・
   最終焼却灰の受入先の問題・・桑名市・市長が関係者をそこまで
   政治・政策的に了解・誘導が図れるのか? 三重県にそこまでの
   調整能力があるのか?」
震災のガレキ受入れは、響きのいい言葉になりつつある。
一方、課題も多い。

<電気料金不払い運動>
東京電力の料金値上げに対し埼玉県川口市商工会議所が「電気料金不払い運動」を展開している報道。
会頭が「東電の身を切る努力は足りない。」コメント。
当然だ。
川口市は鋳物のまちとして知られる。
会議所を構成する企業は値上げは死活問題。

<3月市議会>
昨日(13日)から委員会による議案審議が始まった。
一連の事件を受け関係予算・条例改正案等を審議する委員会は、今まで以上に政策的な判断が求められる。
こうしておけば問題も少なくすんだのにと思うことが多い。
昨日の所管の委員会は紛糾したようだ。
議案の提出前に「市民の声を反映させ、こうした方がいい。」と進退をかけ進言する・・・はいないのか?
悩む毎日。
委員会は、19日(月)まで続き、最終日は22日。

<丸ごと支援・・・1枚の手ぬぐい>
本日(14日)中日新聞社説。
名古屋市が岩手県陸前高田市を「丸ごと支援」、伊勢湾台風の恩返し。
名古屋市は組織が大きく職員の派遣はしやすい反面、派遣された職員は土地勘のなさ、被害の大きさに精神的なストレス他の問題も多かったはず。
この社説を読んでいて、何故か「伊勢湾台風時の1枚の手ぬぐい」の話を思い出した。
伊勢湾台風時、長島は陸の孤島、特に伊曽島地区は最大の被災地だった。
今回の震災で学校の児童80名余(80%)が亡くなった大川小の話はよく報道される。
台風当時の伊曽島小は全校児童360名余、内60名余りが命を落とし、台風としては最大だった。
台風後の追悼式で使われた、その児童の写真の写真が52年経過した今も校長室に保管されている。
写真が流されたのか、赤ちゃん当時の写真もある。
台風時、何も支援がない中、その方が初めて受け取った支援物資は、当時のK代議士からの「1枚の手ぬぐい」。
泥水の中で生活用品等を洗っていた中、感謝の言葉しかなかったそうだ。
その行為がいいか悪いか別にして以後、その方は某代議士に投票を続けた。

話を丸ごと支援に。
2月の建設水道委員会の際、市議会の提言に関する報告・勉強会の際、震災で被災した福島県白河市に派遣中で欠席した執行部職員がおり、代理がその役を果たした。
当然のことながら、その事に関し議員側は批判はしない。
今も桑名市が白河市に職員派遣をしていることをどれだけの市民の方が知っているのだろうか?

2012.03.12 Monday

台風後・震災後 × 2つの煙・・・・・

おはようございます。
ベランダに、わずかですが積雪。
昨日から冬に戻った感じがします。

昨日(12日)帰宅後、TVニュースで夕刻に野田総理が、広域ガレキ処理に関し3つの方針を示した報道。
TVで環境省による広域ガレキ処理への政府広報もされていた。
・都道府県に対し文書で広域瓦礫処理の要請
・民間企業(セメント会社他)に対し処理の要請
・関係閣僚会議の開催
日本の国民性を再度示すべきとのコメントを発している。
震災後に暴動が発生しないことに対し、世界から日本の国民性を賛美する声が届いたことは記憶に新しい。

広域ガレキ処理に関しては国が放射能他の課題に対し明確な方針を示すことが必須で、昨日のブログに記したが、与野党の国会議員が連携して都道府県・市長村長に週末の地元への帰省の際、知事・市町村長に対し強い(逆)陳情も必要に感じる。

伊勢湾台風の体験談を聞かせていただいた際の記憶。
数日後、堤防土手・空地で犠牲者の火葬の煙が町内で終日昇り、数週間後にガレキ・ゴミを焼却する煙もあがる。
2つの煙。
当時は、各自・地域住民で処理がされていた。

台風・震災は52年間の隔たりがあり、経済発展によるゴミの量・環境に関する法律の制度・時代も違うが、広域ガレキ処理に関し、日本の底力・国民性を再度示す時期にきている感じがする。

2012.03.11 Sunday

広域ガレキ処理×園長・・・

おはようございます。
3・11東日本大震災から1年。

今日の早朝の時事放談(CBC)では、安住財務大臣・片山元総務大臣の対談。
テーマは、当面の政局、社会保障と税の一体改革、消費税関連法案の行方や3・11復旧・復興。
社会保障と税の一体改革では、小沢グループの動向はいかに。

3・11については、「ガレキ」の処理。
片山氏は、鳥取県知事時代に鳥取県沖地震を体験しているので極めて実務的。
私の記憶が正しければ、人口流出を防ぐため、いち早く県独自で被災家屋に対する復興利子補給制度の創設を表明・実行した。

全国のゴミ処理施設は老朽化・自己の処理で一杯のところもあるが、わずかかもしれないが一定のゴミの減量化は進んでいると推測する。
東日本大震災のガレキの広域処理は大きな課題で国民も認識している。
一方、放射能汚染の問題も無いわけではない。

国が明確な方針を示し、全国各紙一面にガレキに対する広域処理に理解を求める政府広告や、国会議員が与・野党一体となって集中日を設け地方自治体に(逆)陳情することが必要に思う。
焼却施設も都道府県ではなく、市長村が処理している。
都道府県(知事)の調整能力の手腕も問われる。

様々な報道から判断すると復興に関する国の制度があまりにも「縦割り×官僚的」の感じがする。

昨日(10日)は終日、当面の諸課題に関し官・民の方と数回懇談。
途中に大橋・飯田議員と総合福祉会館の障害者作品展・市民会館での絵葉書展。
夕刻から伊曽島地区の子ども達の支援をしているボランティアグループの反省会。
40〜70代の方、30名。
こうしたボランティア活動は、世代間交流・将来の地域のリーダ発掘の場。
活動に参加してここ数年で、地域・子ども達の中でチョットした有名人になった方、農園を担当して指導的な立場にある方は「園長」と呼ばれるようになった方もみえる。

15年ほど前、名古屋から転入してきた70歳の方の話。
名古屋の会社のOB会で「地域の子ども達の農園・餅つき・イベント他のボランティア」の話をしたところ、「いいな、俺達のところでは地域で何をしているのかもわからない。」
この言葉が全てを物語っている反省会だった。

2012.03.09 Friday

桑名市が全国初の悪い事例を発信?×県の姿勢本気か?

おはようございます。

<桑名市が全国初の悪い事例を発信?>
7日の伊勢新聞記事に「来年民間統合の桑名市民病院:全国初の課税見当」のトップ記事。
6:00頃、近くの新聞店に買い求めに行き知った。
仮に課税されるなら「桑名市が全国初の悪い事例を発信」をすることになる。

県が既成事実として政策誘導するために発信したと思わざるを得ない。
現在の分院と統合した後も課税をしていない。
県の姿勢に嫌悪感を感じる。

8:00に市役所へ登庁し関係部長と面談し事実確認。
市は「非課税を要望」しているが「県は課税の意向」であり協議中のことであった。
その後、地域医療を所管する委員長に連絡したところ「知らない。」とのことであったが、直ちに委員間で情報を共有をする対応をしていただいた。

山本総合病院との市民病院の統合は、形式的(建前)には独立行政法人化した市民病院に山本総合病院が統合に参加することになるが、経営規模は山本側が大きく整備・拠点も山本側となるため、双方対等の立場とは言え、実質的(本音)には、山本総合病院が経営の中心的な役割を担う「実」の部分から、県が判断をしたのでないかと推測する。

県の判断に大きく左右されるが、事務的ではなく政治的な判断に委ねられる可能性もあり、地域医療を政争の具とすることは許されない。

<市長・副市長の退職手当削減>
12月市議会に続き3月議会でも続編として質問して2日間経過。
評価していただいたり・・・・・イロイロある。
「くどい・やりすぎ」の意見をいただいたりもしている。
コメントに書き込もあった。

給与削減を退職手当に反映させる・させないは、県内の市長他でも様々だが、3%の数字は桑名市のみ。
県内の給与削減の一覧では、5〜30%の数字がずらりと並ぶ。

議員側に求められるのは是々非々で判断することだろう。

 ※本日9日は、議場で登壇して質問の最終日の予定。
  会派では昨日、鷲野議員。本日は大橋議員。
  鷲野議員は、液状化対策・力尾地区開発・道徳教育他。
  大橋議員は、桑員地区初の県立くわな特別支援学校・近鉄桑名駅
  バリアフリー化・障害者の就労支援対策他。
1/2 >>