市野よしたかブログ

2012.12.31 Monday

命を支える姿 × 30回目・・・・・

只今の時刻は、14:18です。

<今年最後のブログ>
政局・市政を除き(書きたいこ事もあるが、書かないほうが?)、私個人としての大きな出来事は、「右手首骨折(5/28早朝)」。
某医療機関へ電話したら、整形外科の輪番は「桑名東医療センター」と言われ向かう。
自力でと考え、右手でエンジンキーを回すと体全体に激痛。
痛いのを安易に考えていた。
レントゲン後にわかった事だが、細かい骨のヒビが、一気に粉砕?
車中のダンボールをあてタオルで固くしばり病院へ。

初診は研修医2名。
痛みより電子カルテに2人して入力する画面が気になった。
「これが電子カルテか。」って感じ。
15分後に主治医となるドクター登場。
カルテ・画面のレントゲンをを見ながら「入力に問題は無い・・・、こうして治療していく・・・。」
最後に「自力?よく来れたね。」

全身麻酔の手術で3日間入院。
自分の体の中を観察したため「部分麻酔でできないのか?」
ドクター曰く「骨にボルトを入れるのだから、途中で我慢はできない!」
厳しい言葉を・・・・反省。

入院中は、痛みをまぎらわすため院内散歩(視察)。
傷み止めを飲んでも寝れないのが本音。
午前の診察時間は、廊下を小走り・早足で歩く、ドクター・看護士・医療スタッフ他の姿を拝見。
夜間は呼び出しのため、何回も廊下を足音をすましながら病室へ急ぐ看護士の影。
3日間で「命を支える姿」を一部かもしれないが、垣間見ることができた。
大晦日・お正月も「命を支える」ため、多くの方が医療機関で勤務してる。

桑名市総合医療センターは、平成27年4月に1院体制での運営が始まる。
不足する駐車場の確保。
周辺には、40〜50年を経過した水道老朽管の存在。
精義小が隣接し、通学路安全対策。
本体整備・運営も重要だが、周辺に存在する課題も山積み。
これらに関し、1/10(午後)に質問予定。
その他の質問も。
是非、傍聴に来てください。

今日(大晦日)は、22:00に地元:伊曽島神社へ行き太鼓を百八つ。
伶人となり、30回目となる元旦を神社で迎える。
昨年は、参拝者から「5・4・3・2・1のカウントダウン」の声。
拝殿から鳥居までの約50mが4列で整然と並んだ。
(神社の総代さん方と、3・11で日本人の文化が見直されたのではないかと話をした。)
太鼓の後は、お供等で拝殿へ上がり参拝する方の靴の整理(下足番)を約30分。
「おめでとうございます」と数百人の方と言葉を交わす。
こうした事が私を支えている。
神社へ奉仕させていただく事に感謝。

来年も粛々と活動していきます。

   

2012.12.29 Saturday

ヒッカケ × ミニ門松・・・・・

今年も残すところ2日。

<地元消防団夜警>
年末夜警中の地元桑名市消防団長島方面団第4・5分団の夜警を訪問。
22:30帰宅。
4分団は団員確保のため地区内の自治会年末・年始集会「村勘定」を数年前から訪問している。
5分団には、火事を知らせ消防団の出動を知らせる昔の「半鐘」が詰所に残り、車庫には私が現役消防団員の頃、水難者の捜索によく使った「ひっかけ」(20m程のロープにひっかけ(大型ルアー?)が20個ほど結んである)が、今も残る。
現役団員で「ひっかけ」で捜索した方は、誰もいない。
その他、団員確保他の話をしていると若い団員も真摯に耳を傾け時間が過ぎていく。
消防団員の充足率も全国的に低下傾向。
桑名市でも例外ではない。
増加傾向に転じるには、相当の困難を要し解決策はナカナカないが、地道な防災活動が維持・拡大に繋がると信じ活動を続けてほしいと願う。

<ミニ門松>
毎週水曜日に開催の「伊曽島朝市」の最終日。
本日は臨時開催。
7時半にテント建てに。
JAスーパーの老朽化に伴い地域のボランティア有志で始めて1年4ヶ月続いている。
自治会長・民生委員(元含む)、地域ボランティア団体有志、一般ボランティアが10名ほどで立ち上げた。
取り立ての野菜他を出品する方や商工会関係者25名ほどが登録している。
本日、手作り「ミニ門松」を購入。
出品された方の苦労話も伺う。
買い物難民対策、地域コミュニティ、宅老所(?)
今後も長く続いてほしい。

明日(30日)も神社に行ったりイロイロ。
やるべき事は山積みですが、粛々と。

2012.12.28 Friday

日本酒で乾杯の条例制定? × 忘れてはならない記憶

おはようございます。

<12月議会、2日目>
昨日(27日)、12月市議会2日目は委員会構成他の審議。
建設水道委員会、桑名広域清掃事業組合議会議員に属することに。

建設水道は、私の得意とする分野。
ハード面の生活基盤整備他を審議する。
道路網、都市整備、雨水排水対策、経営が悪化する水道・下水道事業の経営改善&料金改定他、やるべき事は多い。
水道料金は、県内で最も安価で結果的に桑名地区で老朽管の更新ができず桑名地区に布設40年以上経過した老朽管が80km存在。
いかがなものか???

広域清掃事業組合議会議員は初となる。
RDF(ゴミ固形化燃料)の事故は忘れてはならない記憶。
この組合は、桑員地区の今後のゴミ施策の大きな一翼を担っている。

議会終了後、会派代表者会議を開催。
内容は詳しく聞いていないが、新病院の整備に関する特別委員会・議会改革検討会・広報広聴委員会の設置に関し、前向きに審議をされたようだ。
新正副議長の議会改革に対する強い姿勢が表れている。

<日本酒で乾杯の条例制定?>
TV報道では26日、京都市議会ではが「日本酒で乾杯の条例」を全会一致で可決。
正式には「清酒の普及の促進に関する条例」。
伏見を中心とする伝統産業の蔵元・酒造りを支援するねらいで、日本酒造組合中央会(東京)によると、条例としては「おそらく全国初」とコメントを発している。
条例であり行政範囲の京都市内でのレセプション等での乾杯は日本酒でと市民・企業他に努力事項として働きかけるらしい。
条例制定には一定の理解はする。
一方、違った手法はあるのではないか。
かって故人となった(某)女優の(某)ウイスキーのテレビコマーシャル・ポスターで「すこし愛して、長く愛して」の言葉で売上が格段に伸びた記憶がある。
(このコマーシャルは、50代以上?の方しか知らないはず)
ただ、
「気をつけよう 冷酒は 確かに美味しいが 口あたりよく 何回も失敗?」

さて、本日(28日)は、市役所御用(仕事)納め。
会派室の山積の書類を大山⇒小山の予定?だが、会期が2日間延長され、27日の質問通告締切が来年4日になった。
新市長の所信表明の原文が出てきたのも遅く、7つのビジョンは示されたものの具体的内容に乏しかった。
じっくり考える時間が必要、粛々と。

2012.12.27 Thursday

震度「2」 × 新正・副議長 × 県益を損ねる(あたり前だ)・野合

おはようございます。

<震度2>
今日も自宅前道路の「ガチャン」の音で目覚め。
震度「2」。
大型トレーラー?
深夜・早朝の物流が我々の生活を支えている。
8年前、水道災害時緊急貯水槽(60t級)の整備を担当した際、ステンレスグラッド鋼製の分割されたタンクは、秋田から設置前日の午後に出発し早朝着。
10年前に老朽化した下水道管を再生(更正)させる工事の際、材料は前日の夜に静岡を出発し早朝に現場着。
水道・下水道他の工事担当者の8年間、多くの資材は深夜に移動が行われていた。
年末であれば、正月用の多くの品々も夜間に移動するのだろう。

<正・副議長>
昨日(26日)、12月議会開会。
議長 飯田一美氏、副議長 平野和一氏を選出。
申し合わせにより任期は1年。
選挙前の立会演説会と質疑。
飯田氏は、議会改革に対して強い熱意を示された。
平野氏は、議長を支えていく強い姿勢を示した。
飯田氏は、質疑の際に諸課題に対応するため議員間協議の充実(話し合いの場設置)、二元代表性の元に市長とは是々非々での言葉。
議会のあり方が問われている。
お二人の活動に期待。

<県益を損ねる(あたり前だ!)>
滋賀県県議会は、「県益を損ねる」として嘉田知事に対し未来の役職を離れるように強く求める決議をする報道。
決議に法的拘束力はないが、議会側が強い姿勢を示す手法。
桑名市議会では、2回の統合協議不調に危機感を感じ、桑名市民・山本総合病院の統合に関し「決議」をして3回目の統合協議を再開させ、今日の桑名市総合医療センターがある。
また、市役所を取り巻く不祥事に関し市長に対し問責決議をしている。

話を滋賀県に。
滋賀県は北陸の原発街道に接している。
危機感を感じた嘉田氏は「卒原発」を目指すため「日本未来の党」の代表となり衆院選を闘った。
「卒原発」には理解はする。
一方、地方自治体の首長としての職責は十分に果たしているのか?
特定の党・候補者を応援するのは県益につながるのか?
疑問が多い。
「卒原発」ばかりが、職責ではない。
その手法は、いかがなものか。
関西連合の知事で国への強い働きかけ。
政権を担う自民党は、脱原発を鮮明にしていない。
近く「未来」も分党する。
野合の衆合と言われれも仕方はない。

本日(27日)は、委員会構成の審議。
新正・副議長、特に調整は副議長の大きな初仕事。
4つの常任委員会に対し、各委員から希望する委員会のアンケートは既に提出済。
本日、公開され始めてわかるが、いつも偏りがある。
調整に1日近く要する場合もある。
私が属する会派:新桑会は、4名が重ならないように提出するため特に問題はない。
4委員会=1名×4委員会=4名
調整に1日かかるのか?短時間で終わるのか?
微妙なところ。

2012.12.25 Tuesday

選挙互助会 × 3万8千人 × 病院ロビーがコンサートホールに

おはようございます。

<3万8千人>
昨日(24日)。
この数字は前日「なばなの里イルミネーション」入場者数。
午前中は、この渋滞で自治会長さんほかからいただいた宿題(要望)の対応他。
思わぬ場所に駐車されたり様々なトラブル発生。
H18年の初シーズンの渋滞とは大きく違う。
数年間で長島温泉が工事費全額を負担した市道改良、駐車場拡張、長島温泉駐車場からのバスによるパーク&ライド他の対策実施。
2万5千人までは、チョットした渋滞で終わるが、さずがに3万人を越えると違うが、対策すべき対策はしなければ。
昨夜は、連絡した対策がされているか確認に⇒実施済。

<コンサートホール>
午後は、桑名市西医療センター(旧山本)で受付前ロビーで午後3時から開催の「ゴスペル・クリスマスコンサート」に。
手帳に書いてあったが、何時何を見て書いたのか全く記憶がない。
東京を拠点に活動する男性4名。
グループ名は紹介されたが、横文字ではっきり記憶できず。
観客は患者・市民の皆さんで約120名ほど。
ゴスペルだから歌声には「エコー」はかかっていない(当然)が、思った以上に音響がいいロビー(ホール)。

冒頭、看護部長さん?が「患者さん・市民の皆さんに親しまれる病院、心の癒し」旨の挨拶をされた。
H27年4月には、3院が統合されオープンする。
この言葉の通りの病院になってほしい。
残り約2年間。
病院そのものの建設整備も厳しい日程だが、アクセス・近接する精義小の通学路安全対策・周辺の布設後50年以上経過した水道老朽管の布設替・不足する患者・職員駐車場他、オール桑名市役所で対策もできるのか、課題は山積み。

<選挙互助会>
朝ズバ?を観ながらブログ書き込み。
衆院選で実質的に惨敗?した「未来」が役員人事を巡り混乱。
特に小沢氏の処遇。
当然だ。
元々、党の顔として嘉田滋賀県知事を「卒原発」他の顔として担いだ感じが大きく「未来」は選挙互助会の感も否めない。
国政・地方議員の自主的な勉強会も、選挙時には「選挙互助会」として大きく機能する場面を度々見てきた。
嘉田氏は、「地方から国政を変える。」「衆院選期間中、県を不在としてもしっかり行政組織マネジメントをしており何も問題はない。」と言われるかもしれないが、大いに疑問が残る。
地震他の大きな突発的な災害発生時、長期間「大将がいない?」
いかがなものか?

明日(26日)から、12月市議会定例会。
本日午後は、当面の諸課題他で会派打ち合わせ。

2012.12.24 Monday

村勘定 ≒ 貝戸寄合 ・・・・・

おはようございます。

<村勘定>
昨日(23日)は、8:45〜13:30までに7会場の地元年
末集会へ。
年末集会は、伊曽島島では「村勘定」と言われる。

この時期になると記すのだが、伊勢湾台風前は、
クリークと言われる地区内の水路は、地元で管理となっていた。
地元の方が水路を借り、法面の葦を刈り取り日除けの「よじず」を作ったり、網を張り「フナ・鯉・ボラ」の養殖する事を生業一定の収入としていた方が、水利を借りていることへの御礼を出し、それを地区で割ったり、自治会の1年の会計(勘定)決算をすることが「村勘定」の語源。

集会では、防災拠点整備基本計画の中間報告を中心に市政のミニ報告を約4分。
少し時間がある場所では話しこみ、様々な宿題(要望)をいただく。
今日は、それを整理する1日。

<貝戸寄合>
1ヶ月前ほどにオープンした多度古野地区の地元市民の皆さんによる買い物難民対策・治産地消・地域交流を目的としたお店へ3回足を運んでいる。
その場所で「貝戸寄合」の言葉を聞いた。

何のことか疑問に感じ聞いたところ、自治会(班別含)の集会の事。
言葉のイメージから、集会所(貝)の中で各戸(戸)が集まり話し合う(寄合)。
何となくよくわかる。
村勘定の言葉によく似ている。

<長島中部地区すくすく農園、餅つき大会>
村勘定に足を運ぶ中、14:00〜16:00にお誘いを受けた餅つき大会へ。
50組のほどの親子+ボランティアで延150名ほどが時間別に参加。
帰りには、つきたての1臼の正月用のお餅がお土産としてつく。
9:00〜の開始で私の参加は後半の部。

ボランティアの方も疲れてきた頃で、ひたすた「きね」を振り下ろすか、「手返し」を1時間半続ける。
こうした場所で、参加者から聞く言葉には「まちづくり」の課題が見えてくる。

本日(24日)は、昨日のなばなの里の渋滞対策が1番目の仕事。
そのた、村勘定でお聞きした要望等の現地確認。
イルミネーションは約3.5万人と推測。

2012.12.23 Sunday

おじいさんをしていた某課長・・・・・

おはようございます。

昨日(23日)、午前は数名の議員と懇談後に所用のため多度方面へ。
三岐鉄道北線線の「サンタ列車」の乗ろうと西桑名駅へ向かうが、途中に電話。
長電話となり時間に間に合わないと判断し、様子だけでもと思い星川駅へ。

この列車は、四日市大学総合政策学部の学生他の企画による。
星川駅プラットホームには、50名ほどの親子連れ。
駅へ入ってきた列車内は、サンタ姿の学生ほか。
サンタ帽をかぶった桑名市就学前(幼稚園)施設再編検討委員会の座長をされた教授の姿も拝見した。
学生の士気を高めるためと思うが、その姿には敬服。
「立った方を含め7割ほどの乗車率。
こうした取り組みが、北勢線の市民の関心度・利用率の向上に繋がる。

駅では思わぬ方を発見。
市役所某課長さんが、孫を連れた姿。
立派に「おじいさん」をしていた。
担当する職員の励みにもなる。
私がこの姿になるには、数年・十年・・・?かかるだろう。

夜は数名の自治会長さん方と「なばなの里イルミネーション・長島温泉カウントダウン渋滞」他、当面の地域課題を目的とした懇談会。

今からご案内を受けた実践倫理宏正会「朝の集い」へ。
その後、9:00〜19:00に7自治会の年末集会「村勘定」でミニ市政報告。
途中、長島中部地区の「すくすく農園餅つき大会」他。

やるべき事は山積みですが粛々と。

2012.12.21 Friday

告発・・・・・?

おはようございます。

今日も自宅前の道路の大型車両「ガシャン」の音で目覚め。
課題・市民相談も山積みで様々な事を考えてるので神経が過敏に?

7年前の今頃は、退職し市議選と考え始めた頃。
(この頃も過敏だった。)
翌年1月末には無理と考え白紙としたが、5月連休前に数名の方の訪問を受け相談し、5/17の夜に最終的に決めた事が思い出される。
6月末に退職し無職の4ヶ月半は、職を失うとは(自らの意志だが)こんな気持ちなのかと思い知らされた時間。
個人自営業者・民間の方の厳しさを感じた。
その生活の中で、
「天気晴朗なれど波高し」が座右の銘の一つになった。

ネット掲示板、2チャンネル創始者が書類送検された。
麻薬特例法違反幇助(ほうじょ)(あおり、唆す(そそのかす))の疑い。
本日(21日)、朝日新聞他では「禁止薬物の売買を誘う書き込みを放置していた」事によるとの記事。
サイトは1999年に開設し、09年にシンガポールの会社へ譲渡を発表したが、警視庁は元管理人が実質的に管理していたと判断。

ネットの掲示板等に関して、その責任の所在はあいまいだ。
桑名市政・まちづくりでも、よく話に出てくる掲示板サイトもある。
その他、一般的には知られていないが、匿名で桑名に関し発信するブログも幾つか存在する。
2年半ほど前に、某サイトで。
  正義の味方、○○。
  悪の根源、I野。
  I野の正体は、これだ。・・・・・・・・・・。
としたの内容で、私が「?ク?」と密接な関係があるように掲示された。
全く身に覚えのないこと(当然だ)で「名誉毀損」で、被疑者不特定で「告発」を考えたが、直ぐに警察の指示?開設者の配慮?で抹消されたので告発しない事とした。

過去に、こうした掲示板の書き込みに対しての相談を市民の方(実名・第三者の場合も)から受け、数回、警察に行っている。
それなりに私の名前は警察では知られている。
 (いいのか?悪いのか?)
相談時には、署内他の連絡不十分で「長崎ストーカー・逗子事件」のように市民の安全保護を怠り、後日、事件とならないようにお願いしている。
この2事件から、相談時には、その後の捜査機関の対応は大きく違ってきていると思うことがある。

さて、12月市議会は12/26〜1/24の日程で行われる。
初日には、正副議長選挙。
2日目には、委員会構成。
市長の所信表明・提案説明の配布は、何時で?何が書かれているのか?
多くの市議が、注視してる。

あかん事は、あかん。
是々非々で。

2012.12.20 Thursday

あかん事は、あかん

おはようございます。

昨日(19日)は、市政交代の日。
前日は水谷前市長の任期満了日。
議員として6年間、是々非々で時には対峙してきた。
ギリギリまで調整・落としどころもないのか考えたり、会派・他議員と協議・説得も受けたが、6年間で3件の議案を否決した。
ADR(裁判外紛争解決:裁判でやるべき)、市長・副市長給与削減(行革や不祥事への責任が足りない更に削減すべき)、副市長人事(総括副市長として責任を果たしていない)。
結果的に賛成多数で可決されたが。

昨日から伊藤市政。
全員参加型の市政を目指すと市議会全協で表明。
本日、中日・朝日新聞には議会に対し「選挙が終わったらノーサイド」とのコメント記事。
選挙結果が全てなのか?
その過程もノーサイドなのか?
「あかん事は、あかん。」
程度の違いはあるが、二人で話した際、お互いに出てきた言葉だ。
イロイロ考える。

昨日は、議会運営委員会・市議会全員協議会。
通常・法では、年4回(3.6.9.12月)市議会は約1ケ月間で開催される。
何故、年4回と市民の方は疑問に持たれるかもしれないが、条例改正・国庫補助金等から国会審議日程に合わせている。
本来、12月議会の会期は、12/5頃〜25頃の間。
市長任期・選挙の関係で大幅に遅れている。

議会運営委員会で12/26〜1/22が提案されたが、1/24に延期することで決着。
12月議会では、役員改選で開会されて2日間を取られる。
初日に市長の所信表明・議案提案説明後、2日目に質問通告。
私を含め2名の委員から、新市長となり重要な議会であるので、所信表明に関しよく考え質問すべきで年末年始でもあり、通告を1/4に延期すべきと提案。
会議には議長・副議長も出席するが、議長から申し合わせで12月議会では2日目に質問通告と記載があるので、代表者会議で申し合わせ事項の変更協議も必要と示され会議も開催され了解された。
私は「少しエイヤ〜」と判断することはあるが、議長は会議規則等をよく勉強しておられ敬服する。

本日から議案に関する勉強会他。
24日には、市長の所信表明が配布される。
何が書いてあるのか。

いずれにせよ是々非々で。

2012.12.17 Monday

漁夫の利 × 初体験・出口調査 × 有言迷走・・・・・

おはようございます。

<衆院選挙>
昨日、9時頃に投票所へ。
某TV局による出口調査。
有権者1,500程の小さな場所での調査に驚きを感じたが応じることとした。
初体験の時間。

衆院480議席中、民主57・自民294・公明31・維新54の結果。
自民で単独過半数。
自公で参院で否決された法案を衆院で再可決できる2/3を獲得。
第三極の議席は、維新は54獲得、みんな18、未来9(惨敗)・・と思ったほど伸びなかった。
「維新・みんな」は来年の参院選の足がかりを確保。

民主政権時、普天間問題で時の総理が迷走、3・11東日本大震災への対応の遅れ、政権獲得時のマニフェストもどこへ行ったのか判らない、大臣失言・・・・・自らが自滅としたと言われても過言ではない。
3・11とかってない事態が発生し不遇の感じがしないわけでもないがが、「有言実行⇒有言迷走」の結果の上、民主党に対し厳しい審判が出された。
政権与党として約3年半で自滅した感じも受ける。
自民党にとっては「漁夫の利」。

一方、最高裁が違憲状態と認める状態での選挙。
本日の朝日新聞記事の推計投票率では、59%と前回より10ポイントダウンしている。
自らが自分の肉体的・精神的な弱さから総理を辞任した方が再復活?
3・11復興。
回復の兆しが見えてこない経済状態・・・・・課題は山積み。

秘書や民主党の職員も多く失職すると推測。
悲哀様々。

<地方自治・行政の危機>
選挙期間中、橋下大阪市長、嘉田滋賀県知事が第三極を引きい全国行脚。
橋下氏に至っては、期間中、ツイッターで選挙に関する街宣日程他を配信。
これに対し公選法違反の疑いがあるとの報道他も。
本人は、「私は候補者ではない。公選法が今の時代に合わない・・・。」他の持論を展開。
公選法が今の時代に合わないことは一定の理解はするが法は法。
公選法他では、ネットで配信される画像を「文書図画=チラシ」としている。
過去の様々な事例から判断すれば、告示後の選挙戦に直・間接的に関わる関係者の文書図画の配信(頒布)は不適切。

公選法ばかりの問題ではない。
地方自治体の首長の「地方から日本を変える」強い意志を認めないわけではない。
行政を動かすマネジメントが対応できていれば、問題はないと考えることも。
これに対し、職責を全うしていないとして報酬の返還を求める監査請求の報道も。

本来の公的な業務を離れ、万一、突発的な災害が発生した場合への対応はどうするのか。
有事に「大将?」がいない状態。
日本は地震大国で、全国に断層が存在。
伊勢湾内にも、鈴鹿沖〜知多半島の白子・野間断層、湾中央部を南北に走る伊勢湾断層。
仮に、三重・愛知の知事が、国政選挙の応援のため遠方に出かけていた際、2本の断層が何らかの理由で動いたと仮定しよう。
三重・愛知の沿岸部は壊滅的な被害を受ける。
行政を動かすマネジメント力で対応できる。
災害対応は、実務的に職員。
言い訳はどうにでもできるが、県民は納得するのか?本当にいいのか?
大いに疑問が残る。

有権者は、公選法他を知らない。
私にとっも勉強の日々。
上の2題を考えると有権者の仕事は終わらない。
厳しい目で政治を見守る必要がある。

さて、話を市政に。
2日後の19日(水)に議会運営会他が開催され、26日(水)から12月議会が始まる予定。
国政でも選挙結果ばかりが全てではなかった。
今回の民主惨敗が物語っている。
是々非々で、粛々と。
1/2 >>