市野よしたかブログ

2013.03.24 Sunday

改革とツケ・・・・・

おはようございます。

<3月市議会定例会>
3/22(金)に閉会し、今まで以上にざわざわした1ヶ月間だった。
上程された次の2議案に反対した。

・陽だまりの丘生涯学習施設の管理運営に関する条例
  指定管理条項が含まれ、指定管理そのものには反対ではない。
  一方、公募はするが、指定先は結果的に市の出資する文化スポーツ
  振興公社(文スポ)ありきと考える。
  文スポは、一定の役割は果たしてきたが、25年度予算・事業計画が
  報告事項として示されたが。事業は縮小し積極的な運営や発展性が感
  じられない。
・副市長(統括)の選任同意
  これを含め、一連の人事案件に関し、過去の行政事例・道筋等から判断
  して十分な説明責任を果たしたのか。
  既に新聞報道されていますが、1名が退席し「15対13」の僅差で
  可決。
  仮に同数であれば、議長が決する事になる。
  同数の場合は「審議不十分」として「否の原則」(最近では、議長も
  議員であるから自らの判断の考えもある)があり、どうなっていたの
  かわからなかった。

3ヶ月間、この期間・このタイミングで十分な関係機関との協議・手続きや議会に対して説明がされていれば、「この事態にならなかったのでは?」と思うことが多かったように感じる。

<改革とツケ>
昨日(3/23)の「名古屋市議会、議員提案による保育料据置(案)可決」に対する新聞報道。

市長「他市と比較し安価に設定されており保育料の適正化」
     ×
議会「市民税5%削減は市民生活に影響を与えないことが前提」
   ※不足する財源は、景気は回復するとして税収増を見込み、少し
    無理がある感は受ける。

市長は、議会に対して地方自治法の規定により再議をかける方向。
河村名古屋市長は改革派として知られるが、保育料改定に説明責任が果たせるのか疑問。

橋下大阪市長も改革派として知られる。
一方、大阪府知事時代に「私立高校授業料無償化「中学校給食施設整備助成」等の新たな施策や、社会保障関連費増が大阪府の財政に重くのしかかっていることは一般的にあまり知られていない。

授業料無償化は、25年度に1〜3学年が全てそろうため過去最高の約228億円が必要となる。
給食施設助成は、27年度までに約246億円の助成をする計画。
25年度の予算編成にあたり、府の預金にあたる財政調整基金から401億円を取り崩している。

大阪府が、国から起債(借金)を受ける場合、その割合が国の示す数値(18%)を上回り、総務相の許可が必要な起債許可団体となった事は、これも一般的に知られていない。
許可が必要な都道府県は、全国で6団体。
決して褒められた事ではない。

改革に対して否定をするものではない。
一方、有権者に見えないところにも真実はある。

  

2013.03.19 Tuesday

「ツケ」とはなにか・・・・・?

おはようございます。

3/15(金)建設水道委員会。
13日(水)にH25年度水道・下水道事業の当初予算他は審議済。
水道・下水道料金改定は、80km以上の40年以上経過した水道管・施設の著しい老朽化(特に桑名地区)他の現状を考え、やむを得ないものとして早期の改定を6年間質問を続けてきた。
会計上、純損失(赤字)も発生してる。

私の改定イメージと違い、特に改定時期が7月に違和感を感じていた。
市内全家庭の改定(値上げ)となるならば半年間の周知期間が必要ではないのか。

料金改定に関して委員会の採決の際には、「市民への十分で丁寧な説明」の意見を付して可決に回った。

15日(金)は、道路・駅西土地区画整理事業他の審議。
当初予算は、骨格方となり継続の道路事業他の多くは政策的として予算化されず6月定例会に回される。
この3ケ月の遅れが市民生活・生活基盤整備に影響を与えないとは言い切れない。
今後の事業推進を期待して委員会では可決に回った。

「子どもにツケを回さない。」この言葉の響きはいい。
「借金」ばかりでなく「安心・安全・生活基盤の遅れ」のツケを回してはいけない。

16(土)〜17日(日)は、市民相談・自治会要望の資料作成。
17日夕刻、自治会集会に資料を持参しアドバイザーの立場で出席。
4年程、追い続けた案件は夏頃までには解決の方向。

18日(月)、新病院の整備等に関する特別委員会。
この委員会のため小学校卒業式には出席できず。
(8日の中学校卒業式も本会議で欠席)
新病院の運営は最終的には、いい環境づくりをして医療現場で頑張ってもらうしかない感じがするし、現場の新病院にかける強い意気込みも感じる。

  ※数日間、私に起因することではない案件で「ザワザワ」
   していますが、粛々と。

2013.03.15 Friday

初歩的ミス・・・・・

おはようございます。

昨日から市議の動きが今以上に活発化した。
私に起因するものではありません。

3/8(金)の代表者会議で副市長(2名)・教育長の人事(案)が示された。
この件は、一部新聞で報道済。
副市長⇒厚生労働省から派遣・県職OB(定年退職後2年)
教育長⇒現教育部長(教育長職務代理者)

以前のブログに全く問題がないわけではないと記した。
その問題の部分が、議員間で大きく問題視されるように。

県教委(教員)を一旦離籍して市教委へ派遣されている教育部長。
教委長不在のこの2ヶ月間、着席している事を見たことはない。
教育長(職務代理)・教育部長の二つの業務をこなし、よくやっていると思う。
長年の桑名市の教育現場を支える裏方として、教員人事・指導する立場としての実績は高いものがある。

こうした場合、県・市間の話し合いで一旦、年度末には市教委から県へ戻り、年度末(3/31)で県教委を円満(自己)退職し退職金は県で支払い。
その上で市議会の同意を必要とする人事案件なので可決後、年度始(4/1)から市教育長として就任する。

この流れの事務処理は、行政通例として基本中の基本。
職種や市で勤務した期間は違うが行政事例もある。

ところが、本日開催の議会運営委員会に退職金の追加議案(補正予算)が上程される予定で委員会で協議されるとの情報。
3名の人事案件が示された代表者会議後に「退職金を支払うのは、県か?市か?当然、県だが確認のため質疑する。」と数名の方に話をした。

県の3月議会に議案として上程する補正予算の締切は、過去の事例から判断し、1月上旬。
この中に県の退職金の補正予算を組み込む必要がある。
中旬では遅いくらい。
1月上旬には、県・市間の協議も終わっていなければならない。

仮に、市が支払うことになれば、数千万円の損害を新市長が桑名市にもたらすことになる。
中学生の通院・入院の医療費無料化を実現させるならば、単年度の1/2の財源。
老朽化した水道管を布設替するならば、管種・口径による違ってはくるが約1kmの布設替が可能。
どれだけの福祉・教育施策ができるか考えれば、いくらでもある。
全国的に地方自治体の悪い行政事例を桑名市が発信してしまう。

別の手法で乗り切ろうとしていたとも推測され、それが事実ならば悪質。

人が動けば、金(予算)も動き、セットで考える必要がある。
人事案件と退職金と同じタイミングで話をすれば話もわかるが。
全く初歩の初歩的ミス。
「知らなかった。」で済まされることではない。
職員も人事構想を知らされず、最近になって知り止めに入ったようだが・・・・・?

教育部長にとって新市長の判断ミスで迷惑なこと。

今回の原因をたどれば新市長の就任記者会見で12月市議会(1/24閉会)で教育長他の人事案件を提出すると発言し、できなかった事・時期からある。

「あきれる」の一言。

本日(15日)は、建設水道委員会が10:00から開催され私はメンバー。
その前の9:20に議会運営委員会(議運)が開催される。
私は議運のメンバーではないので出席はできないが、両委員会を兼ねる市議もいる。
10:00からの委員会の開催は遅れそう。

2013.03.12 Tuesday

静けさが支配した1分間・・・・・

おはようございます。

昨日は、市役所内で終日、事務処理や打ち合わせ。
午後2:46の1分前、庁舎内放送で3・11への黙祷のアナウンスが流れた。
市議1名・職員2名と地域医療の打合せ中、東北方面に向かい黙祷をさせたいだいた。
1分間、廊下を歩く音も聞こえず「静けさが支配した1分間」の市役所内の様子。
全国各地でも同じような光景が。

先週8日(金)、不在の総括副市長・教育長の人事案件が示され、本日12日の中日新聞に大きく報道されている。
基本的に異論はない。
一方、何故と思うこともある。

是々非々で粛々と。

2013.03.11 Monday

3.11から2年・・・・・

おはようございます。

3.11東日本大震災から2年。
昨日は、日曜日であり被災地各地では、追悼式も行われた。

この震災は、原発事故も絡んで被害の大きさは、日本ばかりでなく世界に衝撃を与えた。
死者15,881名、行方不明2,668名。
以前、冷たい海の中、暗いガレキの中に埋もれ眠る人がいる。

2年前の7月上旬、宮城県亘理町に急遽決めて不足する被災物資の運搬と床下の土砂の撤去のボランティアに単身で向かった。
夕刻出発し高速PAで仮眠、一日土砂撤去の作業、夕刻戻るために出発、高速PAで仮眠し午前10:30には桑名に戻り、音楽イベントで被災地支援をするグループの方の記者会見他の支援をさせていただいた。

亘理町に早朝5時頃に到着し、漁師の方が三重NOの私に気づき「三重の自衛隊の方に道路のガレキ撤去を世話になった・・・。」他の話を聞いたことが思い出される。
往復1,500キロの勝ちある時間で、その後、2回被災地へ向かう機会を得た。

被災地の地方自治体の長の講演を聞く機会もあった。
100名ほどのこじんまりとした場所だったので、被災地の実態や支援に感謝も伺ったが、本音の話を聞く機会となった。
復興の遅れは国の制度に起因し、多くの方に被災地の実態を知っていただく事は必要だが、不適切と思われるマスコミ報道や、何をしに来たのかわからない国会議員の視察・・・・・他。
復興にはほど遠い被災地の実態がある。

3月8日(金)本会議定例会での質問。
様々なご意見をいただいていますが、粛々と。

2013.03.06 Wednesday

日本いいもの再発見・・・・・他

おはようございます。

<3月市議会定例会>
会期:2/27〜3/22
私の本会議場での質問は、3/8(金)午後(13:45頃)から2人目の予定。
主な質問事項
(1)平成 22 年国勢調査「愛知県東浦町」不適正事務と法令順守
(2)富士通合理化「富士通セミコンダクター三重工場」の
          再編と売却(2/7発表)による桑名市への影響
(3)桑名市の事業推進と財政運営
(4)桑名市の出資団体「公社」の運営
        土地開発公社、文化・スポーツ振興公社の経営状況
(5)桑名市の学校再編、就学前施設再編計画
             跡地利用(多度西小)、幼稚園再編計画
(6)桑名市の人事施策、H25 年度組織体制・給与体系等
(7)桑名市の環境施策、私有施設屋根貸出、桑名市の太陽光発電事業
(8)桑名市の防災対策から、原発事故の際の
          放射能拡散迅速予報システムの県との連携と配備

<日本いいもの再発見>
2月6日(水)〜7日(木)と会派視察。
東京ビッグサイトでの「日本いいもの再発見」と題した見本市。
桑名商工会議所(鋳物製品)、三川商工会(桑名黒のり製品を使用した食料品)を出展。
民間のブースもあり数百社の出展。
高校生が商品開発したブースもあり各地域の意気込みを感じる。
こうした商品開発・販路拡大に行政の側面的支援が課題か?

翌日、山本前桑名市副市長を訪問し勉強。
現在、外国人労働者対策の担当課長の職にある。
外国人労働者の単純労働から高度人材への育成、新産業への労働力の意向、将来を見据えた外国人児童生徒の教育他の課題の話を伺う。

<中部電力、浜岡原子力発電所>
2/25(月)、会派4名+1名で視察。
原発事故の万一に備え、放射能拡散予測システムの県への配備を桑名市と隣接自治体で要望すべきと質問している。
原発の建屋内に入り事はできなかったが、敷地内に入るだけでカメラ・携帯電話を預け身分証明書の提示他の3回の検問を通過。
延長1.6キロ・高さ22mの防波壁、何重にも設置された津波対策他を視察。
原発推進をしているわけではないが、仮に何らかの原因で電力がストップすれば、社会的な影響は甚大で、国への責任以上に電力会社への責任を問う世論が高まる感じはする。
仮に、全ての原発廃炉の方向とした場合、今後の原子力技術者の育成、原発とした特殊な環境での作業技術者の育成・確保。
技術の継承も必要だ。
技術維持・発展性のない分野への人は集まらない。
国のあいまいな対応が、今の原発問題を複雑化している。
火力・水力・自然エネルギー他のミックスベストとした電力供給が必要に感じる。

本日(3/6)、質問2日目。
ザワザワしていますが粛々と。
1/1