市野よしたかブログ

2013.11.27 Wednesday

治安維持法? × 何がしたいのか?

おはようございます。

<特定秘密保護法案>
昨日(26日)、与党が特定秘密保号法案を衆院で採決強行。
新聞他の日弁連・報道機関・ジャーナリスト・知識人・作家らが反対や懸念を示す中での採決。
25日の福島公聴会で与党が推薦した公述人でさえも懸念を示している。
法案の必要性は理解する。
一方、現実的に「治安維持法」の復活なのかとも感じさせる。

本来、国会は議論の場所であり疑問点を丁寧に説明し合意形成を目指す必要がある。
仮に「今」衆院選挙が行われたら、その結果は「わからない」。

<市議会>
25日(月)に議案概要説明の市議会全員協議会が開催され、昨日26日(火)に会期他を審議する代表者会議・議会運営委員会。
昨日午後から、財政担当者が各会派に議案の詳細を説明する勉強会が始まった。
私は、本日午後2会派との合同勉強会に参加させていただく。
水道・下水道料金は、来年4月の消費税改定(増税)に伴う議案もある。
3月議会では告知期間が全くなく遅すぎるから当然のこと。

議案そのものより気になることは平成26年度当初予算・市政方針。
補助金20%カット・・・・・他。
11月1日の4会場での市議会報告会でも反対・懸念を示す意見が出された。
当然のことのように思う。

三重県は、職務遂行能力が不足する職員を一定の期間研修させ能力向上が見られない場合には「肩たたき」、事実上「退職を促す」制度がある。
7年間、この制度の導入を促したが「やる気があるのか?ないのか?」わからない答弁が続いた。
本音は「やりたくない」と推測できる。
市役所組織・人事施策で「ここまでやる」「ここまでやるのか」と感じさせる施策は示されていない。

平成26年度は「何がしたいのか?」

2013.11.25 Monday

1億円「都知事選の相場」 × 雨水対策・安価で施工・・・・・

おはようございます。

<雨水対策、安価で施行>
豪雨時の市内で、道路冠水・床下浸水他。
残念ながら十分な対策がされているとは言えない。
多額の経費を要する場合もあるが、比較的安価で施工可能な場合もある。

近年の突発的な豪雨により、その範囲も広がりを見せている。
一段低いカーポートに駐車中の車内浸水寸前・庭への流入・・・等。
この1ヶ月間、イベント等で人に会う機会も多く「あそこが冠水している。冠水寸前・・・他。」の話をよく聞いた。
そのため昨日(24日)数箇所を現地確認。

周辺のミニ開発でくぼ地等に。
国・県・市の道路整備の判断の甘さ。
堤防が一段高く補強(これは好ましいが)され2倍の雨水を受けている。
平地であれば面的に雨水を側溝間をパイプでつなぎ散らせば対策が可能だがされていない。
原因は様々だが、安価で施工できるのに何故やらないのか?
あきれる場合もある。

<1億円「都知事選の相場」>
本日(24日)の中日新聞31面に記事。
都知事選には1億円を要する(?)とした生々しい内容。
猪瀬知事は当選が確実視されていたのに徳洲会に1億円を要請したのか?
当然のことながら知事には許認可等の権限が集中する。

病院開設・病床増設の許認可もしかり。
昨日から「知事となれば作家の仕事もできない・・・自らは個人事業主・・・万一、落選の場合・・・あくまでも私的な借用・・・・。」
後だしジャンケンであり有権者は残念・納得できない・・・(当然)。

2020東京オリンピック開催地として、世界から人を招く立場にある人であれば「清廉潔白」でなければならない。
しばらく「この報道と政治と金」の記事が続きそうだ。


本日(25日)、12月市議会議案概要説明の市議会全員協議会。
通常であれば、予算整理ための補正予算等で議案数も少ないが、それに加え来年4月の消費税増税に関連し条例改正等の議案件数が増えると推測している。

基本姿勢は是々非々で。

2013.11.24 Sunday

新嘗祭 × 桑名の冬の恵 × 5千万円? 1億円?

おはようござます。

<新嘗祭>
昨日(23日)、勤労感謝の日。
全国の神社では、新田のお米を供え「新嘗祭」が行われる。

地元、伊曽島神社でも同じ。
2月に各自治会の農家代表「農家組合長」が御みくじを引き早番の自治会が神田を担うことになる。
4月にはお田植祭。
神田では農家組合長・地元の小学生による田植え。
収穫された米は、23日に拝殿にお供えされ収穫を祝う新嘗祭を迎える。
この地方のお米の収穫は猛暑もあったが概ね例年並。
一方、全国では台風・猛暑・豪雨等により収穫できなかった地域も存在。

今はナバナ・ミカンの収穫時期。
1ヶ月もすれば木曽三川河口では海苔の本格的な収穫も始まる。
ナバナ・ミカン・海苔も桑名の特産物。
桑名の「冬の恵」を忘れないでください。

<五千万円、当初は1億円?>
猪瀬東京都知事が徳州会から5千万借用。
報道では当初1億円を要請?
選挙資金ではなく個人的な借用として妻の貸し金庫に保管としているが、不透明感は否めない。

見ないところに真実はある・・・?
やっぱり・・・・?
スポーツで日本を元気に・・・2020東京オリンピックに水を差した。
全国で公共事業の入札不調。
特に被災地当方では顕著で復興の遅れの大きな原因に。
オリンピックで加速される東京一極集中・・・?
3.11被災地を忘れてはいけない。

12/3(火)から12月市議会定例会。
有言実行なのか?
過去の発言・文字とされたものは、自らが修正をしなければ消すことはできない。
考えることはいくらでもある。

やるべきことは山積みですが、粛々と是々非々。

2013.11.18 Monday

助命壇(命塚) × 2013地方疲弊元年か?

おはようございます。

◎助命壇(命塚)
本日(18日)、中日新聞記事。
静岡県復袋井市「江戸の知恵 人口高台 高潮から身を守る命山整備」。
江戸時代の史実として土盛された「大野命山・中新田命山」は現存し、津波タワーより低コストお他として整備している。

所変われば名前も違う。
木曽三川下流域・輪中地帯(長島町含)にも「助命壇(命塚)」と言われた場所があったことはあまり市民の皆さんに知られていない。
私が知る長島町内の場所は木曽三川明治改修で川底にあるが、長良川堤防を走ると堤防の高さまで土盛された場所に神社等が存在する。
特に海津を走るとそれが顕著に見られる。
古くは助命壇(命塚)として水害時の一時避難場所として利用されていたと推測できる。
記事では、避難タワーより「安価(+)×面積広く用地買収大(−)」他と比較もしているが、地盤改良後(袋井市ではしているのか記事には無いが)に10mほど土盛をすれば周辺の地盤沈下の発生は推測できる。
もう少し調査が必要に感じる。

◎清渓セミナー
13日(水)〜15日(金)と東京:日本青年館でのセミナーに参加。
青年団出身の地方議員の自主研修会として実行委員会方式で開催され18回の歴史がある。
今では、大学関係・地方自治関係者・それを生業とする企業が、地方議員を対象として行う研修会も多数存在。
こうした研修会は、改革派知事と言われる方が出現し15年ほど前から増加。
セミナー開催当初はあまりなく、地方議員自らが立ち上げた研修会として注目されていた。
講義の前には起立・礼があり、質問したい場合は講義中に記名方式の質問票に記入し運営サポートをする学生サークルに後ろを振り向いて提出。
司会も参加者の実行委員が行い運営は合宿に近い形で進められる。

「2014年の政治を予測する」白鳳大学教授 福岡政行氏
選挙特番のTV解説者として知られる方。
現総理は55〜60%の支持率があるが、来年4月の消費税増税でどうなるのか?
アベノミクスの3本の矢は今でのあるのか?
与野党に次期リーダーはいるのか?
前政権は経験の無さを露呈し党内に液状化現象が起こりつつある。
ダーウィン
強いものが生き残ったものではない。環境に対応できたものが生き残った。
政治の世界でも環境(時代)に対応できる者・リーダーが求められている。

「ヤンキー先生の教育再生論」衆議院議員 義家弘介氏
教育委員会制度
月1回の教育委員会が教育方針を決めていくがこれでいいのか。
教育(委員会含)は政治的に中立でなければならないとういが、選挙で選ばれた地方自治体の長が教育委員を選任し議会の承認を受け、委員で互選された教育長に権限が集中する。
英語教育と日本語
英語「私=I(アイ)」対して日本語はその場に応じ「私(ワタシ)・私(ワタクシ)・俺・アタシ・・・」と感情に応じて変化する。
小学校英語は、専門性(専科)ある教員の配置が必要。
教員には「セブンイレブン」(7時に出勤し11時に帰宅)の存在し書類の多さもあるが、真摯に子ども達に向き合っているのか。 

福岡氏へ質問
「2020東京オリンピックに反対はするものではないが、日本(人)は浮かれていないか?関東・東日本大震災の教訓から何を学んだのか?臨海に整備されるオリンピック施設もある。地震大国日本。開催中に地震が起きたら?2013年は地方疲弊元年にならないか?」
 に対し
「来週から福島では約1500本の燃料棒の取出しが開始され計画通りに事が進むのか?それをどれだけの国民が知っているのか。地方の入札不調。特に被災地の東北で顕著。オリンピックの前にまず福島第1原発の収束と復興。」
他の講義。

※11/16(土)
   ・すくすく農園:サツマイモ・大根収穫他
   ・地域福祉計画講演会
   ・中体連桑員地区新人戦サッカー決勝戦
       一進一退の攻防で内容は高校サッカー準々決勝クラス
 11/18(日)
   ・伊曽島地区防災訓練(参加者・スタッフ約440名)
   ・自治会要望・市民相談数件
   ・モラロジー講演会    他

2013.11.11 Monday

浮世絵の焼き蛤・・・・・

おはようございます。

<北斎・広重・国芳-浮世絵に見る東海道五十三次・桑名->
焼き蛤。
江戸時代、松ボックリで焼く浮世絵が知られる人には知られている。
この絵はTV特集番組でも取り上げられる。
ところが江戸時代に様々な風刺・背景で描かれた焼き蛤の浮世絵が残されている。
知らなかった。
11月24日まで桑名市博物館で目にすることができます。
是非お出かけを。
※休館日:月曜(但し祝日は開館・祝日の翌日)
 特別企画展のため「300円」要

<コスモス祭>
11/9(土)・10(日)とながしま遊館でコスモス祭。
土曜は雲空の中、人の入りはマズマス⇔日曜は小雨のためイマイチ
13:00からの餅つき六臼をつく実行委員会さんのお手伝いをさせていただくのが、私の恒例行事。
今日(月)は、握力が減退。
土曜日は、畑の畑の中に入り写真撮影をする姿もよく見かけた。
車で通過する方(アウトレットの途中らしい)から「毎年、この時期に開催しているのか?」声もかけられた。
コスモスは、あと1週間ほど楽しめそうです。

◎11/9(土)
・伊曽島わくわく農園  サトイモ・黒豆の収穫作業
・桑員中体連新人戦サッカー観戦
・水辺のやすらぎパーク
・コスモス祭   他
◎11/10(日)
・桑名市博物館 北斎・広重・国芳-浮世絵に見る東海道五十三次・桑名-
・又木茶屋 水辺のやすらぎパーク「ボタン」写真展
・コスモス祭    他

※本日(11/11)は、伊曽島小地域学習支援伊勢湾台風・台風後に
 米国から送られた「愛のピアノ」、議会報告会レポート作成 他

2013.11.08 Friday

永遠に闇の情報 × コスモス見頃・・・・・ 

おはようございます。

「ながしま遊館」周辺のコスモスが見頃となりました。
まだ1週間ほど楽しめます。
11/9(土)〜10(日)はイベントも開催。
是非、お出かけください。

特定秘密保護法案が国会で審議入り。
知る権利・報道の自由他を巡り論戦が始まった。
国家安全保障会議、通称「NSC」とは表裏一体の関係。
国の安全保障他から必要性は理解できる。
対象は、防衛・外交・スパイ・テロ・その他の事項。
この他が拡大解釈されたら、その範囲は無限大。
TPP交渉記録(これは外交か?経済か?)・原発事故他ぞろぞろ出てくる。
何の情報が、特定秘密になっているかもわからない。

先の臨時議会でこの法案に対して反対する意見書が議員提案で提出されたが、残念ながら議題とするか否かで賛成少数で議論されることもなく終わった。
民主主義の主軸「知る権利」の問題であるので賛成に回ったが残念だった。
8月から一人無会派となった。
全て自己責任で判断できる立場も意味がある。

NSCが審議入りしたことで、国・地方自治体で情報公開(開示請求)ができるようになり、その研修を受けた際の言葉を思い出した。
「これまでの打合せ等の記録は、相手が何を話したかが主眼。今後、こちらが何を話し何を主張したかの視点でも記録を」
簡単に言えば、
「私達は行政の立場や主張の話を相手方の伝えたから責任はない。」
とした記録をせよなのかと感じ、
「公平の視点で双方の事実を記載すればいいのではないか?」
と質問した。

いずれにせよ国民の知る権利は侵され、永遠闇の中となる情報が出てくるかもしれない。

2013.11.05 Tuesday

大学駅伝の支援にあたる高校生・・・・・

おはようございます。

3日(日)は、市内各所を回る中、伊勢路を全国の大学の精鋭が走る大学駅伝へ。
毎年のことだが私の観戦スポットは自宅近くの売店がある場所。

子ども達が小さかった頃は、ビデオ録画し選手と一緒に歩道側を子どもが走り、観戦後に自宅で再生。
「写った!」「今年は残念」
子ども達は一喜一憂していた。

スピードは、ママチャリ全速。
小学3年生が全力疾走し続ける。
選手のスピードは、330〜350m/分。

今では成人した子ども達と観戦することもできず、後ろを走る選手に
「先頭から○分○秒」と声かけをして観戦している。
長島での給水ポイント・観客整理のため桑名工業高校陸上部の生徒が活躍していた。
今まで気がつかなかった。
沿線近くの高校陸上部がこうした支援にあたっているとのこと。
ご苦労様の一言につきる。

4日(月)は、午前中に要件を済ませ家族とともに「関宿」へ。
30年程前から町並み保存運動が始まっている。
当時は関町教委に6年生担任の先生が県から派遣されていたので「保存運動の見学」を目的に公民館講座生をマイクロバスに乗せハンドルを握り数回訪問。
資料館がやっと整備された頃で駐車場・買い物・飲食をする場所も十分になかった。
前日に街道祭が行われていたにも関わらず駐車場には車が40台ほど。
小雨の中でも多くの観光客を見かけた。
近くの国道1号線にも道の駅が整備されている。
30年ほど前の町並み・人とは随分違う感じ。
帰路は、滋賀県側へ入り鈴鹿スカイラインから。
途中の駐車スポットで偶然にもサッカー指導者と出会う。
お互いに土・日は家を留守にしているので・・・家族サービス?

昨日(5日)、議会報告会のテープ起こし・アンケート集計他。
一人でテープを聴いていると睡魔が・・・・・。
今日もその作業。

2013.11.04 Monday

私の知らない桑名(多度)「山除川」 × 国を動かす ・・・・・

おはようございます。

◎私の知らない桑名(多度)「山除川(やまよけがわ)」
11/1(金)18:30から議会報告会。
私の担当会場は多度総合支所。
6.9月議会の決算・補正予算が主な内容。
報告後、
・多度温泉施設は何時できるのか?どうなるのか?
・議員は何をしているのか?議員の活動とは? 
・決算の報告は抽象的な表現でわかりにくい。客観的な指標で? 
・サル対策は?
・桑名市の財政は?
・福祉団体だが補助金20%カットの方針は厳しい他の質問。
そこで、
「山除川の護岸が崩れ農地が保全できない課題がある。旧多度町時代から行政側他に要望しても何ら対策もされない。」
多度・肱江・赤沢川の整備・排水対策のことは議会でも質問される。
出席した6名の議員は、全員どこの川?
状況を確認後に課題を共有する旨の答弁。
報告会直前までに自分の所管の建設水道委員会に関する質問・多度の課題は現地確認をする等してきたが、そこには「私の知らない桑名(多度)」があった。
質問は続き
「地区を問わず議員間で課題を共有してほしい。」
として意見も出された。
説得力のある言葉。

◎現地確認
11/2・3と多度・長島では公民館活動他の作品展の文化祭の会場へ。
3日多度会場の帰路、山除川の現地確認に向かう。
多度最北部を流れ対岸は岐阜県海津市(南濃町)。
揖斐川に流れ込み最下流には樋門がある。
揖斐川の水位上昇の際、門は閉じられるので対岸には排水ポンプ場1基。
河川敷・中州のような土地に水田・畑・樹木の農地が広がっている。
私有地につき立入禁止の看板が数箇所。
途中、大きくUターンするように蛇行。
南濃側へ行き、堤防に上がろうとしてら「区の管理につき立入禁止」看板があり、土手に広い面積でミカンの木が広がる場所もある。
護岸が土のため増水時には削られたりする危険性をはらんでいる。
事業化には、国・県(三重・岐阜)・市(桑名・海津)・所有者(多度・南濃)の7者協議の必要性や相当の事業費となる。
公図が存在するのか?ないかも?
市民と課題を共有することが始めの一歩。

◎三重多文化共生議員の会、国を動かす
11/2(土)午前、三重多文化共生を考える議員の会のため鈴鹿へ。
学校教育法施行規則が改正され、日本語教育が必要な児童生徒を「特別な支援が必要」と明確に位置づけ「個別指導計画の策定」他が必須となる報告。
議員の会は、国・県・市・町であろうと1会員として同じ立場のルールの中、地方議員が実態を調査して国会議員は国策として何ができるのか考えてきた。
知事に面会を求め対策や副大臣にも現状を伝えてきた。
多くの方の活動もあったが、議員の会の活動も国を動かす要因としては大きかった。
毎回のように議員の会の活動日には、外国人児童生徒他を支援する民間組織等が視察に。
今回は大阪からの参加。
現行の学校教育法他の運用・現場対応で行われてきた教育支援策が明文化された意義は大きい。


議会報告会の記録担当は私。
アンケートの集約も必要。
しばらく間この仕事。
  
1/1