市野よしたかブログ

2014.06.30 Monday

映画「それぞれの伊勢湾台風」×オーディション

おはようございます。

6/28(土)、今年は伊勢湾台風から55年。
当時の逸話を掘り起こす記録映画製作に関わっている。
映画の題名は「それぞれの伊勢湾台風」。
台風の半年後、アメリカの映画俳優関係者らが贈った伊曽島小に残る「愛のピアノ」。
子ども達が日頃から使っている場面を撮影するための6年生を対象にしたオーディションにプロデュサー・カメラマンらと立ち会った。
映画関係者としてノーベル物理学賞益川敏英氏、女優竹下景子氏、古屋国務大臣他。
映画のコンセプト・詳細は「それぞれの伊勢湾台風」で検索ください。
本撮影は7月下旬予定。
公開は9月下旬。

6/29(日)、早朝から長島中部地区すくすく農園での収穫作業準備。
収穫は、ジャガイモ・とうもろこし・枝豆。
子ども達が来るまで草刈・ジャガイモが抜きやすいようにスコップで掘り起こしたり。

作業の後半に失礼し鈴鹿市「三重多文化共生を考える議員の会」総会・研修会へ。
終了後、四日市市内での中学校サッカー部の練習試合の観戦。


明日(7/1)、6月市議会最終日。
是々非々、粛々と。

2014.06.23 Monday

土曜授業に異論 × 失言続く国政

おはようございます。

<土曜授業>
21日(土)、市内一斉に「土曜授業」が行われた。
学校教育法施行規則の一部改正による。
県下統一の調整ができず、桑員地区では年3回実施。
地元の学校を訪問したが、過去には全国的に「父親参観⇒両親学級⇒ふれあい学級⇒学校開放」といった感じで、「父の日」を中心に行われていた授業参観が行われていた。
ゆとり教育他、様々な教育改革が行われたが、現場は混乱している。
授業時間数を確保する必要性は理解する。
実質・法的に可能であれば「冬休み2日間・春休み1日間」短縮したほうが、授業時間を確保できる。
簡潔に考えれば、小6であれば「6時間×3日間」となる。
学校の土曜休日は、既に社会的にその枠組みで様々な地域・スポーツ・民間による活動等が行われている。
冬・春休み計3日間の短縮も社会的影響がないわけではないが、土曜授業より影響は著しく少ないと思われる。
国は、学校・現場の実態を十分に把握していない。
霞ヶ関の方が、自身が土曜日に地域ボランティア・活動等をされていればわかるはずだ。

<集団的自衛権>
20日(金)、一般質問最終日。
「集団的自衛権の行使容認について慎重審議を求める意見書」を全会一致で可決。
(原文)
 安倍首相は、集団的自衛権の行使容認について閣議決定する方針で与党協議を進めている。
 近年の北朝鮮の動きや尖閣諸島周辺での東シナ海における領海侵犯など、日本を巡る環境が急速に変化する中、安全保障のあり方の議論の必要性は理解している。
 しかし、性急な憲法解釈の変更による集団的自衛権の行使容認は、先の大戦を経て現在の憲法のもとに歩んだ日本の平和主義や、国民生活へ大きな影響を及ぼすものであり、関係者との十分な意見交換や、全国で公聴会を開催するなどの方法で、最終的には真摯な国民的議論の上での理解を得て結論を出すべきであると考える。
 よって、国及び政府が進めている集団的自衛権の行使容認の問題の検討にあたっては、慎重に進められることを強く求める。
                          桑名市議会
  平成26年6月20日
 衆議院議長・参議院議長・内閣総理大臣・法務大臣・外務大臣様

全会一致を目指し文面に関して前日まで調整がされていた。
29名の市議がいれば29色の考え方がある。
全面反対・慎重審議の上であればOK・憲法改正すべき・・・他。
提出代表となった市議に対し「文面が少し曖昧」旨の質疑も出されたが、「全会一致を目指した想い」とした苦渋の選択がにじんだ答弁がされた。
賛成討論では、国で議論されているそのものに対し異論を呈す想いがにじんだ内容だった。
これを市議会内で協議している最中に、国では「国連の容認する集団的安保」に踏み込んだ議論がされており、与党を構成する他1党からも拙速すぎるとした意見が出ている。
国の行く末を決める内容。
必要性は理解するが、そのやり方はあまりにもひどい。

<政府、失言オンパレード>
石原環境相の「福島は金目当て」の失言に続き、麻生元総理(現副総理・財務省)がやってしまった。
栃木県連自民党の会合で、イジメ問題に関して「勉強できず(教育水準が低い)・ケンカ弱い(軍事力が弱い)・金持ち(経済力が高い)。これが一番やられる。(やっかみ)」
国に例えれば( )書きになる。
いじめ防止対策推進法が昨年9月に成立している。
あまりにもひどい発言。
公式の場での発言、一度公的に文字とされたものは、容易に消すことはできない。
市政でも同じ。

本日(23日)は、福祉安全委員会。
国の目指す「税・社会保障マイナンバー制度」の議案他が審議される。

是々非々、粛々と。

2014.06.22 Sunday

うざいオジサン×基本的な行政マネジメント・ガバナンスがされていない

おはようございます。

昨日(21日)、2回いい場面に出くわした。
11:30頃、市内での交通事故(車両追突:軽×軽)現場。
救急車は到着し警察はまだ。
交通整理を近くの解体工事現場3名の方が工事を中断し、真摯に交通整理をされていた。
人として当然のことだが、何かいい場面。

12:00頃、2年前の中学生の時に少し元気でよく注意した子。
当時、向こうなら見れば「うざいオジサン」。
市内で偶然出会い、私に気付いて挨拶をしてきた。
雰囲気・風貌も一皮向け、声をかけてもらわなければ判らなかった。

何かうれしい一日となった。

20日(金)で4日間の一般質問終了。
ブランド化事業に関し強化指標をHPアクセス数等でなく、税収等の伸び・観光客入り込み数で評価すべき。

H27年度当初予算編成の方針にあたり、昨年度に続き団体補助金削減、借地を原則返還(過去の経緯は関係無し)の方針に対し、厳しい指適。
「団体補助金に関して、行政がこの仕事をすればどれだけの経費がかかるのか。」「現場を見たことがあるのか。」

「借地に関しても原則返還、過去の経緯は関係無しの方針は、契約書に疑義が生じた場合、双方、誠意をもって協議の条文があり、これと著しく相違している。」

「南海トラフ強化地域指定漏れも、県から2月上旬に意見照会がされていても2ヶ月間何ら議会に知らせることなく3月下旬の指定漏れ。強化指定とただの指定で各種対策の補助率が2/3と1/2と大きく違う。」

「役所全体をとらえ人事異動・体制整備すべきところブランド化事業に特化。慢性的時間外勤務等の部署をどこが把握しているのか。」

他、私を含め数名の市議から、行政から見れば「ふれられたくない。」質問が続出。

基本的な行政マネジメント・ガバナンスがされていない。
その理由はどこに?

以前と比較し著しい。

2014.06.19 Thursday

「性急」な判断と、平和ボケ?

おはようございます。

サッカーワールドカップ、前回覇者のスペイン。
チリに2×1で一次リーグ敗退。
戦術を研究されつくし大きな展開も出きず時間だけが過ぎていく。
スペインの国内紙では「国が泣いている」のタイトル?

昨日の   「ブラジル:0×0:メキシコ」
ボール支配率     53×47
シュート       14×13
コーナーキック     4×3
フリーキック     18×18   でほぼ互角。

社会はワールドカップ一色の中、安倍総理の集団的自衛権の憲法解釈変更による行使容認が加速している。
日本の安全保障を議論することは当然だが「性急」すぎる感は否めない。
国民的議論、関係者との意見交換、国会での審議が十分にされたとも言いがたい。
総理は機雷除去を事例として出すが、これも紛争解決後の航路確保と、紛争中(直後)の派兵する人員の航路確保とすれば明らかに軍事行動となる。
事を起こすには相対する理由・理論、プラス・マイナスがあり、課題を公にし議論する必要がある。

警視庁は、渋谷スクランブル交差点の斜め横断を明日禁止する。
日本×ギリシャ戦が、出勤時と重なるのがその理由。
安全のためのこの「性急」な判断に一定の理解はするが、思い出してほしいのは、絶賛されている(た)日本のサポーターの試合終了後のゴミ拾いや、東日本大震災での整然とした行動。
この違いは何なのか?

戦火・紛争をくぐり抜け試合に臨む選手もいる。
二つの「性急」。
スクランブル交差点の斜め横断禁止は、日本も平和ボケか?

2014.06.18 Wednesday

オチュア、スーパーセーブ × 市議会答弁、逃げのいって

おはようございます。

サッカーワールドカップ「ブラジル:0対0:メキシコ戦」。
たった今終了。
TV観戦し感じたのは、ボール支配率が互角。
際立ったのはメキシコのゴールキーパ「オチュア」。
スーパーセーブの連発。
カップ、最高の試合の一つ数えられるに違いない。
この時期、寝不足気味の日本国民がどれだけいるか?

石原環境相が「陳謝」の報道。
昨日の福島原発事故中間貯蔵施設に対して「金目あて」の発言。
反省するのは当然。
あまりにもを関係者を馬鹿にしてると思われても仕方が無い。

対して昨日の市議会一般質問。
南海トラフ強化指定地域の桑名市の指定漏れのプロセス・手法他の質問に対して「重く受け止める。」の言葉で逃げのいって。
2月5日に県から市町に意見照会〜3月28日国が指定地域発表。
川越町が指定され町屋・員弁川の対岸の桑名市は指定漏れ。
県との協議が始まった2ヶ月間、何ら効果的な行政・政治的手腕も発揮・使用せず、市議会にも連絡せず指定漏れ。

指定されれば、市内の急傾斜地対策、町屋・員弁川の河床浚渫、桑部橋周辺川幅拡幅・橋の架け替えの早期の完成や財政的支援が受けられたかもしれない。
長島・城南海岸も同様。
その他厳しい5項目に対して「逃げのいって」の答弁が続いた。

7つのビジョンの中に「行政にとって都合の悪い情報も積極的に発信」とある。
この方針を堅持せず情報を発信せず責任を認めない。
前市政より著しい印象。

対して前述した石原環境相の「陳謝」。
一定の反省したことは理解できる。

詳しくは後日、ブログにします。

2014.06.17 Tuesday

最後は金目、国民の感覚(常識)と大臣の感覚(非常識)

おはようございます。

たった今、サッカーワールドカップ、アメリカ開始30秒でガーナから1点先制。
TV観戦はここまででブログを書き込んだら市役所へ。

本日(17日から4日間、議場での一般質問が始まる。
私は、今日の午後一(13:00)の予定。
昨日も、再聴き取りを受けたりイロイロ。
「本当にいいのか?」
「この状況は危機的状態では?」
に対し答弁では曖昧?
職員はギリギリまで再質問されるのか?を考える。
登庁すれば訪ねてくる職員もいるはず。

本日の中日新聞記事。
石原環境相、福島原発事故に伴う中間貯蔵施設の地元交渉「最後は金目」の発言。
あきれる!
交渉はさらに難航する恐れがでてきた。
国民の感覚(常識)大臣の感覚(非常識)、著しく乖離している。
「住民説明会で金銭の話が出てきた。」の言い訳は理由にならない。

今から市役所へ。

2014.06.16 Monday

W農園、やってしまった。反省 × 河川環境活動「海の防人」

おはようございます。

サッカーワールドカップ日本初戦。
「日本:1×2:コートジボワール」
渋谷スクランブル交差点内では、ハイタッチして騒ぐ若者の姿。
DJポリス・数百名の警察官が出動しても騒ぎは終わらない。
ワールドカップ出場決定時のDJポリスの効果も一過性か?
日本人の心もここまできたのか。
情けない。

前半の日本の組織的パスサッカーは機能していたが、対戦チームの監督采配。
前半を最小失点で切り抜けドログワ選手で後半一気に攻める。
見事だった。
日本の残り2戦に期待。

6/14(土)、お誘いをいただいたW農園作業。
日程が重なったので一農園目は8時から行き、子ども達が集まるまでに作業しやすように1時間ジャガイモを掘り起こし、次の農園へ。
ここでは玉ネギ・ジャガイモ・ニンニクの収穫。
ここは会員が50家族と多いので、概ね6反(6千平米)の農園内、1反(千平米)が今回の収穫面積。
面積大のため除草が追いつかないので草の中に玉ネギがある感じ。
収穫後、草抜きの時に玉ネギが出るわ出るわ。
ジャガイモ収穫後にスコップでありそうな場所を掘り起こすとこちらも出るわでるわ。
「僕、ここにジャガイモがありそう?やってみるか?」と声かけ。
気付かれた近くの保護者の方が何かサインを送ってくれる。
「ナニ?」
やってしまった。
女の子だった。
ひたすら反省。
声かけをするその後の時間。
取り戻せたか不安。
2会場で2時間半の農園作業。

午後、新築された市内のデイサービスセンターの内覧会会場へ。
30分ほど丁寧に職員の方に案内をしていただく。
オープンは7月。

6/15(日)、早朝より木曽三川ゴミの会の河川環境活動。
この日は、知多半島で環境活動を行う団体が一同に会し海岸の清掃を行う日で2会場での活動。
とはいえ揖斐長良川下流左岸1.5キロ地点に30名ほどの方が集まり1時間半の活動。
今回は海の防人、四日市海上保安部の方も参加している。
日曜日で工事を休んでいるにも関わらず堤防工事関係者も20名ほど。
企業の社会貢献。
工事完成図書に地域貢献・環境負荷軽減の活動を報告しなければならない。
2tトラックに満載。

明日(17日)から一般質問。
私の時間は、明日午後1時からの予定。
今日も職員とのその調整。

粛々と是々非々の姿勢で。

2014.06.13 Friday

3羽の白い鳩と至宝の時間

おはようございます。

サッカーワールドカップブラジル大会開幕。
第1試合は「ブラジル3×1クロアチア」でたった今終了。

ゲームがスタートするキックオフ前。
両チームの選手がセンターサークルに。
サークル内の少年少女から放たれた3羽の白い鳩。
この光景が印象的だった。

ファーストゲームをしきった日本人3名の審判。
ご自身にとり至宝の時間であったに違いない。

昨日(12日)の質問聴き取り。
自身にとって納得はできても上からの指示で当方の主張に対立する答弁書を作成しなければならないケースも多々あるに違いない。
聴き取りを追えた後の足取りでわかる。

数名の議員から「この質問はどこまで踏み込むのか?」と聞かれることも多々。
今日も追加聴き取りがある予定。

この行政マネジメント・ガバナンスはどうなのか?
考える日々。

是々非々粛々の姿勢で。

2014.06.12 Thursday

意図的か?公開されていない情報・・・・・

おはようございます。

昨日11日(水)から7月1日(火)の会期で6月市議会定例会。
質問通告締切は、昨日16:00。

3月議会後、H27年度当初予算編成に関し6月議会で質問と考え3ケ月間準備をしていた。
これに関し、通告前、既に市HPで公開されるべき情報がアップされず「何か問題があるのか?」と疑念を抱く事態発生。
質問通告に、その内容を記載したら職員はバタバタして今日何か動きがあるようだ。
行政のこれまでの流れ、公開されている情報等を検証すれば、この時期に市長側で何が協議されているのか容易に推測できる。

現段階で公開されていない情報は、事務的な単純ミスか?けっして職員の怠慢として指摘するものでない。
一方、当方はあくまでも市民生活への影響・市民目線の目的で質問するわけであり、結果的に何か意図的に公開しなかったのか?と推測されても仕方が無い。

本日(12日)は、質問聴き取り。
あくまでも是々非々、粛々と。

私の質問時間は、17日(火)の午後1時の予定。

2014.06.09 Monday

子ども達に遊んでもらう・・・?

おはようございます。

今日(9日)四時半頃小雨がパラパラ、空もドンヨリ。
本格的な梅雨入りを感じさせます。

7日(土)午前、子ども達・保護者・ボランティア約130名でミニ運動会。
小雨のため体育館。
玉入れではカゴを背負い2分間走り回る。
走りすぎると小さな子からブーイングも出る。
かといって走らないと入り過ぎる。
このあたりをうまくやる必要がある。
楽しく仲良く。
これが一番。
子ども達の遊んで?もらった2時間半。

8日(日)午前、10年ほど前から誰も草刈をしないので勝手に始めた場所へ。
昨年した記憶が無い?からかゴミ袋に8袋。
草の下からでてきたものは思わぬもの。
チョットひどいよな!排水障害になる。
その対策はどこがするのか?国交省か?市か?
午後、地域福祉計画市民会議を傍聴。
参加者は、130名ほど。
民生委員・ボランティア関係者他、2時間真摯な議論がされるが、某参加者曰く。
「参加者の議論や取り組まれる姿勢には敬服・感謝。対して某施策に伴う影響大。これが現状。」

本日(9日)、総合計画協議会。
1/2 >>