市野よしたかブログ

2015.09.30 Wednesday

驚き、暗闇

おはようございます。

昨日9/29(金)、9月市議会最終日10/1の委員長報告他の打ち合わせ他。
議案ばかりでなく市政の課題の意見交換もした。
イロイロある。

昨日に紹介した伊勢市御薗中へ電話連絡。
56年前のピアノが活発に使用されていることへの感謝他を伝えた。
突然の書面に驚かれたようだが、ピアノの歴史・経緯の深さを感じられ、逆に御礼の言葉・生徒にも伝えていきたいと言葉をいただいた
10月中に訪問予定。

今から夏の定番作業へ出かけます。
昨日も半時間は暗闇での作業。
8年ほど前、日曜日の夕刻作業をしていたら、??者に間違われた。
短パンジャージは、10年以上この作業に使用しているので、ペンキで汚れているからわからないわけでもない。
不審者ではありません。

2015.09.29 Tuesday

スーパームーン、地道な積み上げ

おはようございます。

昨日9/28午前、伊勢湾台風の「愛のピアノ」の調査に木曽岬・飛島を訪問。
既に電話等で確認済みであり、調査票の記入の依頼のみであったが、木曽岬では教育長、飛島では村長さんに対応をいただいた。感謝。
帰宅後、10件の返信があったが、これには「現存」の確認はできなかった。

既に新たに4件発見し、合計9/47台。
内1件をここで紹介します。

校舎内のワークスペースと呼ばれる広い廊下に置かれ、いつでも生徒が弾けるようになっています。
また、文化祭で行われる合唱コンクールの練習に使用されています。
                       伊勢市立御薗中学校
残り10件ほど。
結果は今日・明日中の予定。

午後から松阪方面他へ。
市政には直接的に関係はないが、自己啓発のため訪問し30分ほど懇談をさせていただいた。
政治手法は様々と実感した。

夕刻6時半より、六華宴での「十六夜コンサート」へ。
前半「西洋のフルート」他、後半は「中国琵琶・中国笛」他の2時間半のコンサート。
会場は250名ほどか。
1500円の入場料だが、3000円?、高いと入場者も減る可能性もあるので2000円が適当か。
虫の声、満月のスーパムーンに中国楽器他の音色。
いい取り組み。

9/26にコメントをいただきました市民の方に御礼を申しあげます。
ご指摘のように、企業は一店舗等を立ち上げるのに相当の覚悟で労力をつぎ込まれます。
地道な積み上げで結果的に認知度も高くなりブランド化されます。
委員会で3委員が発言され、主旨は「東京・首都圏にこだわるのか?」「おのぼりさん的発想」「おのぼりさんブランド」の言葉に要約され、貴殿の想いと同じであったと感じます。
また、委員会決算全体会で「桑名からの発信は議論をされたのか?」「東京PR事務所は市長・副市長の個人的趣味ではないのか?」
の質問がされ、その主旨も「地道な活動を評価すべいではないか?」の内容でした。
執行部は、東京PR事務所(業務委託)の活動でネット・雑誌等で取り上げられ広告換算値7000万円の効果といいますが、疑問です

日々の小さな取り組みの積み上げが桑名を支えている。
改めて感じさせられる。

今から夏の定番作業の準備をして出かけます。
今日は3時間できる。

2015.09.28 Monday

3日間、予報では晴れ

おはようございます。

昨日9/27(日)早朝、ご案内をいただいた実践倫理宏正会朝に集いに出席。
午前中は、長島自動車学校でのイベント会場へ。

このイベントも15回目程になり認知度も高まり、それなりに駐車場(約200台)があるが練習コースの一部も駐車スペースになってきている。
消防署員も防火啓発・ミニ消防車他。

午後は、草刈り・藤棚のツル切り。
上を向いて2時間の作業、ゴミ袋つめ1時間半。

今日はやってしまった。
4時半に起きて、夏の定番作業に行く予定だった。
目が覚めたのは6時半。
29〜1日までの3日間は予報では晴れ。
これにかけよう。

本日9/28(月)、市役所で打ち合わせや木曽岬・飛島へ伊勢湾台風関連の調査他。

2015.09.27 Sunday

383名、複合型、時代が違う

おはようございます。

昨日9/26は、伊勢湾台風から56年。
長島町では383名の方が犠牲となり、内その8割が私の地元伊曽島地区の方。
高潮のエネルギーが湾最深部の長島・木曽三川河口に集中。
近年の突発的な集中豪雨。
「災害は忘れた頃にやってくる」から「災害はいつやってきてもおかしくない」時代に突入した。

以前は台風の高潮や集中豪雨と南海トラフ地震の津波等が同時に発生する複合型災害の言葉をとく耳にしたものだが、最近はあまり聞かれない。
仮に発生したら、伊勢湾海岸部他は壊滅状態になる。
逃げる意識も重要だが、同時に堤防等のハード整備も忘れてはいけない。

8時に長島平和公園での法要の後、9時から伊曽島小での昨年公開された映画「それぞれの伊勢湾台風」防災学習、夕刻6時半から城南河川防災ステーションでの「あかりプロジェクト」によるロウソク点灯。
ほぼ台風関連の一日。
ほか何件か連絡をいただいたが日程調整ができず丁重にお断りをさせていただいた。

この合間をぬって市内保育所の運動会(小規模・園庭が狭隘)、長島中文化祭他を訪問。
小規模に保護者の出番をやや増やす工夫がある。
オセロ?
裏表「紅白」の丸に段ボール50枚を園庭置き、紅白に分かれ30秒以内で裏返す。
時々、紅々、白々もあり、子ども達から「アレ!」のおおきな声も聞かれる。
長島中文化祭は、想えば15年前のH12年、私が会長時代、保護者の観客は100名に満たないほどだったが、今では200名ほど。
時代の違いを感じさせる。

数件、報道機関から台風関連の問い合わせもあった1日。

2015.09.26 Saturday

ついに発見!

おはようございます。

昨日9/25(金)、9月議会決算特別委員会全体会。
私を含め3常任委員会委員長が、決算に委員会分科会の審議の内容を全議員に報告し、議員から質問を受けた。
会議室には市執行部も同席してはいるが、質問を受けることもないので「私たちの本会議・委員会での気持ちは少しはわかるでしょう」と感じている?
私が逆の立場であればそう思う。

質問は、委員長の自己の意見を述べることはできない。
委員会分科会での議論の内容・過程の答弁すればいいが、約60ページものの会議録を事前に読み込んおかなければならない。
3回目を通し頭の中に叩き込み、50枚ほどの付箋をつけて全体会に備えた。
2名から6問の質問受けたが、大きな問題もなく私の役目は終了した。

質問は「ブランド推進」関連に集中し、一言でいえば分科会で委員会で質問された「首都圏発信・東京事務所に関しおのぼりさん的発想」「おのぼりさんブランド」に異論を示す議論がされたのか?総括的に問うような内容だった。
桑名のまちづくりの過程において既にブランド化された「もの」他があり、「東京発信にこだわることはない」の一言につきる。

帰宅後、前日のブログに記した「愛のピアノ」の調査票が10校から届いていた。
ついに発見!
4校から「現存する」の回答がされていた。
桑名市立立教・城東・伊曽島、愛知県飛島中学校(現:村立小中一貫飛島学園、現在は飛島市すこやかセンターで展示)、岐阜県養老町池辺小の5校以外に、新たに4校が確認された。

9/28を締め切りとしてお願いしている。
残り30校ほど。
さらに出てくる可能性が高くなった。

2015.09.25 Friday

沿革史に記された記録

おはようございます。

昨日9/24(木)、地域学習教材調査他の1日。
以前より、56年前の9/26頃、伊勢湾台風被災後、アメリカの女優シャーリーマクレーン女史らによるチャリティー活動により被災地の学校に贈られた「愛のピアノ」のことをブログに記してきた。
ご記憶のある方も多いと思う。

立教・城東・伊曽島小には現存し、今でも台風・防災教育活動他に使用されている。
義援金は朝日新聞厚生文化事業団へ寄託。
同新聞社・事業団のご協力により(相当時間を要しました)贈られた47校の行先が判明。
先日、東海3県で市外40校にも書面で「現存・沿革史等に記録の有無、教育活動での使用の有無」他の調査票を送付し、昨日、市内の学校を訪問調査。

結果、現存はしていないが3校で学校沿革史・寄附台帳に「昭和35年1月、朝日新聞厚生文化事業団よりピアノ1台」「 同 、アメリカの女優シャーリー・マクレーン女史、映画プロデュサー、パーカー史夫妻らよりピアノ1台」の記録を発見。

帰宅後、愛知県内の2校より「現存はしていないが、沿革史に記録はある」旨の回答がFAX送信されていた。
残り約40校余りも9/28までには送られて予定。

市内を巡る間に報道機関から、この件を含め今までに記事になっていない伊勢湾台風関連の慰霊祭等の問い合わせ。
知っている範囲内で回答。

47校の有無が全て判明した段階でその結果を各校に報告。

本日9/25、9月市議会決算特別委員会全体会他。
今から総務安全委員会分科会の記録を再度読み込んで登庁します。

2015.09.24 Thursday

いらっしゃいませ的、構えさせない

おはようございます。

シルバーウイークも終了。
何故、この名前が付けられたか?
敬老の日が絡んでいることに違いはないが、以前と比較し「敬老の日」に関する特番もめっきり減った感じがする。

9/22(火)、子どもが友人の結婚式に出席するため、名古屋他を往復数回。
組立式のサッカーゴール他の運搬。
その合間をぬって、祝祭日に子育て支援に関わる現場を訪問し関係者と懇談。
現場を見て聞いて考える。
この作業が大事。

この立場となり訪問される側から「いらっしゃいませ的」に迎えれれるのは嫌で苦手。
事前に連絡はするが、何となく行って何となく帰ってくる。
訪問先に構えさせない。
この手法が、現場の声、本音の話を聞くことができる。
そう言えば、市政の課題で極めて責任のある方と話をしたときの事。
当 方「ほぼ満車の状態しか見た事がない。」年数十回訪問。
相手側「行った時、空きが多かった。」年数回も行っていない。
この違い。
マア〜、イロイロ考える。

9/23(水)、早朝から夕刻まで。
草刈り、藤棚のツルの伐採の一日。
この時期の20回目となる「私にとっての夏の作業」も進んでいないが、焦っても進まない。
市内3校の小学校の運動会も3年ほど前から1週間延びで10月の第1土曜日となった。
時間は、もう少しあるが?

ラクビー、日本×スコットランド戦。
前半は肉薄し、後半は相手のペースに巻き込まれた。
南アフリカ戦よりミスが多く、相手に流れを与えた感じ。
次戦に期待。

本日は、決算特別委員会総務安全分科会の打ち合わ会、教材調査で市内数校を訪問他。
今から3時間寝ます。

2015.09.22 Tuesday

一転して

おはようございます。

連日の雨から一転しシルバーウィークは晴天が続いています。

9/19(土)午前、伊曽島地区わくわく農園作業。
子ども達・ボランティア約20名で「サツマイモ・ナス・キュウリ」収穫。
作業1時間前に向かい草刈りを1時間。
場所により膝まで伸びている。
中心的な数名の方は、この時間から事前準備を開始。
毎日、畑に足を運び水やり他の作業をされてみえる方もいる。
こうした方の日々の地道な活動が支えている。
市政でも同じ。
先月にいただいた宿題(課題)は解決できていないことも報告させていただいた。
粛々と進めていくしかない。
午後、市内某中学校の課題解決のための作業他。
マア〜、いろいろある。

9/20(日)午後、ご案内をいただいた桑名市無形文化財「八幡神社獅子舞(北島獅子舞)」へ。
八幡神社は長島藩2万石の総鎮守として守られてきた歴史がある。
私が中学生の頃(約40年前)、後継者不足等から途絶えたが、約10年後に復活した経緯がある。(当時、HKK地方特番でTV放映されました。)
この事はあまり知られていない。
獅子の中は、暑く中腰で舞うため演じる方も厳しいはず。
長く続けられることを願う。

9/21(月)、数件の案件を済ませ、本来ならば草刈りがしたいところだが、学校関係の教材調査作業の1日。
半年(1年?)引き延ばしてきたが、限界に。
半日で終わるかと思いきや8時間を要した。
最終的な調査結果は、9月末に判明する。
皆さまにも、後のブログで報告したいと思います。

この3日間、長島温泉での「肉フェス」で朝8時には国道23号線まで渋滞した。
2時間後には、さらに北へ約2キロ。
今日・明日も続きそう。
渋滞緩和対策の市道改良事業は、市民説明会を4回開催し、H24.3月完成と市民に示しておきながら現実的着手に至っていない。
市の責任は大きい。

2015.09.19 Saturday

熱しやすく冷めやすい?狭い日本そんなに急いでどこへ行く

おはようございます。

<国政>
本日未明、参院で安保関連法案が可決された。
野党は、牛歩戦術他で最後まで抵抗。

国民・有権者の行動として国会周辺・全国各地で行われた集会等は理解できる。
一方、牛歩戦術・国会で長々と反対他の演説や、参院特別委員会で委員長席に山なりになり委員長の発言を止めようとする参院野党宇議員の姿に見苦しさを感じた方もいるだろう。
人により解釈は様々だろうが「参院は良識の府」と言われてきたはずだ。

総理自らも「国民の理解が得られていない」と認めた上での強行可決。
日米安全保障条約他で日本の安全は守られている。
自衛隊は、洋上で米軍を含めた他国との共同訓練も現実的に行っている。
ならば、集団的自衛権は現実的に存在しているとも理解できる。
基本的にまず外交政策が優先されるが、他国に日本を守ってくれとだけ言い続けるわけにもいかない。

与党内でも憲法改正の上に安保関連法案を可決すべきとした意見もあるはずだが封印されている。
野党内にも安保関連法案の内容には基本的に賛成だが、そもそも論として現憲法下では違憲だから反対の意見もあるはずだ。

一つの事案に、様々な意見があるのは当然。
仮に政権交代があった場合、この法案を廃止する可能性もある。
ならば憲法・法案の安定性は全くない。
違憲訴訟が全国で提訴されないか?されるに違いない。

来年7月は、参院選挙。
熱しやすく冷めやすい?
狭い日本そんなに急いでどこへ行く?
この言葉が頭をよぎる。

<平成27年9月、関東・東北豪雨>
気象庁は、栃木・宮城他の豪雨を「関東・東北豪雨」と命名。
線状降雨帯が10個発生したと本日の中日新聞34面に記されている。
数名の方からこの連休中に市社協が実施するマイクロバスでの「被災地ボランティアに行かないか?」と声をかけていただいたが、丁重にお断りした。
既にいくつかの予定があり連日の雨で大幅に引き延ばしている案件もある。

直後の現場を目に焼き付け、団体で活動して一気に作業する意味は大きい。
一方、3.11東日本大震災の4カ月後、7月平日に仙台市南側の亘理町に、市民・企業から提供を受けた不足する資材、土嚢袋他を車に積み床下泥出し作業、1500キロの旅に一人出かけた際、団体では知ることができない話・場面に出あった。
関東方面からのボランティアが多いが、公共機関で来る。
班分けをしても移動手段・車が不足し小回りがきかない。
現にその日は、40名ほどの方がボランティアセンターに集まったが、車の提供を申し出たのは、私を含め5名ほど。
農地のガレキ撤去は、現段階で農業共済による補償の関係から基本的にしない。
(この話を来たときは少し驚き)
報道格差でボランティアの人数、義援金も大きく変わる。

早朝5時に現地に到着し、事前に調査した場所を確認のため、町内を回っていた際、三重ナンバーに気づかれた方が、被災直後の話、ガレキ撤去の際に出てきた遺体の状況他、団体で参加しては聞けない生々しい話を数多く聞かせていただいた。
その話はここで詳しく記せない。
できれば10月に行きたいと思うが、日程は厳しい。

2015.09.17 Thursday

後だしジャンケン

おはようございます。

昨日9/16(水)、総務安全委員会2日目。
他2委員会は、昨日までに丸1日の審議を2日間で終了。
一方、不肖私が委員長を務める総務安全委員会は、2日間で終わらず、委員会予備日の本日終わるかどうか微妙。

そもそも本会議一般質問で私を含めた2名の市議が、当局の災害時情報共有・収集に大きな問題があると指摘したにも関わらず、後だしジャンケンのように大山田川のブロック崩れ・道路亀裂の報告が委員会であった。
それも8月豪雨他の被害一覧表の中に記載はなく口頭で。
この事実を8月下旬〜9月初旬に当局は確認し、一般質問が行われている最中の先週には更に上層部も確認していた。
「対策は確実に行われているのか?議会への報告は?」
こんな事が行政組織内で確認できないのか(?)情けない。
これを含め危機管理他で委員会の時間を相当要し、昨日はその後の審議に2〜3時間は必要と判断され4時半で終了し本日の予備日開催となった。
イロイロ考える。

国政の安保関連法案。
参議院与党、審議打ち切り。
与野党の攻防が、今日から数十時間続く。
国民の心も揺れ動くだろう。
国会の動きに合わせTVテロップも何回かされるに違いない。
日本の平和・安全保障のあり方の議論は必要だ。
公聴会・参考人の発言要旨では「違憲」「過去に違憲としていたものを解釈を替え合憲とするのは憲法の安定性他に問題がある」他が中心的のように感じる。
仮に憲法を国民的議論他により変更した上で、今回の安保関連法案を審議することになったらどうなるのか(?)疑問。

本日は雨。
5連休中は晴れ模様。
昨日も早朝1時間草刈りをした。
伸びるのは雑草。
ア〜ア。
1/2 >>