市野よしたかブログ

2015.10.28 Wednesday

おはようございます。

10/26(月)、地元の不忘碑・彰忠碑の式典に出席。
碑の銘のとおり、幾多の水害・困難を乗り越えてきた開拓の歴史を忘れてはならない。西南の役から太平洋戦争まで伊曽島村から出征され故郷を想いつつ命を落とされた方を偲び平和を祈念する目的で建立されている。

朝より自治会長さんらと周辺の除草・式典を行うための竹取り他の準備。
恒例として伊曽島小6年生が総合学習として見学する。
私が6年生の時に参加した記憶がありそれから44年。
碑の歴史から考えれば60〜70年(?)続いている
子ども達に地域の歴史を知る機会としてわかりやすく実行委員会会長挨拶の中で説明。

10/27(火)、11/7(土)18:30〜の議会報告会(長島総合支所)の案内のチラシ配布他。(私の班はこの会場)

本日10/28(水)午前、広報広聴委員会後、30(金)まで「第20回清渓セミナー」(東京)に参加します。
青年団出身者の地方議員の自主研修として始まり、セミナー初期には総理前の(故)竹下氏らが講師と招かれていた。
今回の講師は、よくTV出演される元通産官僚の古賀氏、選挙時によく解説をされる白鵬大学教授福岡氏他。
会場は国立競技場隣接の日本青年館だったが、競技場建替のため取り壊され違う場所。
千名以上が入るホールでの講演より、狭い会場(通常百名まで)でその道の専門家・著名人より聴く話は迫力がある。
しっかり勉強をしていきたいと思います。

2015.10.27 Tuesday

星条旗よ永遠なれ

おはようございます。

10/24(土)、緊急消防援助隊中部ブロック合同訓練。
木曽川河川敷に中部ブロック消防本部の精鋭が消防・緊急車両(各2台程度)とともに集結。
液状化した家屋からの救出他が実施された。
前日は野営訓練。
会場各所で署員の「久しぶり」の声が聞かれた。
訓練も重要だが、この言葉が災害時の広域連携に繋がる印象を受ける。
(三重県内消防本部で結成する緊急援助隊は、東日本で大災害が発生した場合、湾岸長島PAに集結し被災地へ向かう。東日本大震災時でも深夜に集結語に移動)

なばなの里「青空市場」で3臼餅つき後に市民会館へ。
NPO法人「くわっこ」による「シエナ・ウインドオーケストラ桑名公演」。
連絡をいただいたのは5月上旬。
半年間の準備期間。
「子どもたちにプロの本物の音楽を聴かせたい」願いから始まった。
観客は1100名。
公演最後に楽器を持ち込んだ参加者が舞台に上がりオーケストラと「星条旗よ永遠なれ」を団員とともに演奏するのが定番。
舞台には団員50名、参加者100名、指揮者子ども(小1.2?)2名。
終了後、満車の立体PA前で交通整理。
誘導員「有」1時間、「無」1時間半を要する。
以前もさせていただいた際、車の中から「桑名水郷花火大会時は2時間かかった。
」の言葉をかけていただいた。
市民サービスとは「何か?」考えさせられる。

終了後、ご案内をいただいたまちづくり懇談会へ。
20名の方から厳しい言葉をいただく。

10/25(日)、8時半に桑名駅前にコインPに駐車し、1時間半ほど桑名駅トピア他のイベントスタート前の会場を寺町まで歩く。
桑名別院を参拝後、折り返し。
10名程の方から声をかけていただく。
一本、裏通りに入れば静けさが支配している。

11時から木曽川最下流部にある「松蔭輪中再墾碑」式典出席。
S60(1985)年に100周年式典を開催。
毎年実施されており、本年は130年を迎える。
江戸末期に開発され高潮他で水没、明治後期に再墾され、その当時に入植された方から数えれば、5.6代目の方と子孫が式典を継続している。
私の父の本家筋は、本家から分家した本家なので跡継ぎは4代目と聞いている。
伊勢湾に面し塩田で用水・排水に相当の資金をつぎ込んでも、通常の6〜8割程度しか米の収穫ができなかった農地が、伊勢湾台風後、長島温泉、第二名神高速道他、目覚ましい開発が進んでいる。
長く永続され式典が後世に引き継がれることを。

式典終了後、長島輪中ドームでの「水郷フェスタ」へ。
愛知・岐阜・三重の3県の県境でのイベント。
駐車場の半分は三重NO、残りは愛知・岐阜NO。

桑名駅トピア他のイベントと同日のため「日程調整ができないのか?」と聞かれるが、駐車場他のことを考えれば同日開催もやむを得ないと思う。

秋のイベントシーズン。
是非、市内へお出かけください。

2015.10.24 Saturday

地域性を活かしたまちづくりがされているとは言い難い、既成概念の打破

おはようございます。

昨日10/23(金)、市民会館・多度総合支所で18:30より議会報告会。
大山田・長島総合支所では、11/7(土)に開催され私は長島会場が担当。
この為、多度会場を一参加者として傍聴。

説明する側と参加者側から見れば、視界・視点もかなり違う。
6.9月議会の報告に対する質疑より、その後の意見交換では、要望も多く出されたが、参加者の意見を総括すれば

(1)財政の厳しさは一定の理解はするが、地域性を活かしたまちづくりを
   尊重する市政運営がされているとは言い難い。
(2)補助金の大幅カット等、特に地域コミュニティ関連事業に対する配慮
   がなされていない。
この2点に尽きる。
議会側も苦慮している状況を市民・団体側も認識していおり共有した印象。

10/22(木)、岐阜県可児市で開催された東海市議会議長会研修会に会派で参加。
午前中に理事会が開催され、従来は理事による開催地視察が行われてきたが、今回は参加者を募集し「議会改革」をテーマとした研修会。
参加者は、250名。
昨日、中日新聞三重版に記事有。
可児市・四日市市の議会改革の取り組みが紹介された他、パネラーより全国事例他が紹介された。
最終的に議会改革は法律の範囲内で行う必要はあるが「既成概念の打破」なくして推進できないに尽きる。

10/21(水)、愛西市佐屋小学校を「愛のピアノ」の調査のため訪問。
偶然、教頭先生は昨年、飛島村で「愛のピアノ」を使った「伊勢湾台風55年事業」に関わり映画「それぞれの伊勢湾台風」び事も知っていた方。
このピアノに関し幾つかの調査先も増えてきた。
協力いただいた学校への調査報告はもう少し時間がかかる。

本日10/24(土)午前、長島木曽川河川敷での消防庁・三重県主催による「中部ブロック消防緊急援助訓練」の見学。
午後、市民会館での「子ども達に本物の音楽を鑑賞させたい」との想いから開催される子育て支援団体主催による「シエナウインドオーケストラ桑名公演」の会場へ。

2015.10.19 Monday

段取り・手直し

おはようございます。

昨日10/18(日)、北勢中で中体連新人戦サッカー観戦後に児童福祉施設を訪問。
施設の子ども達の姿を小学2年生頃の自分に投影することもある。
帰宅後に土木作業?を3時間。
材料不足・段取りが悪くイマイチ。
明日以降、手直しが1時間程必要。

帰宅後、爆睡し零時に目覚めしラグビーワールドカップ準々決勝。
オーストラリア「35対34スコットランド」
たった今、逆転につぐ逆転で終了。
見ごたえがあった。
準決勝に進んだのは「南アフリカ、ニュージランド、アルゼンチン、オーストラリア」、南半球の4チーム。

今から再度寝ます。

2015.10.18 Sunday

記者対応、男性の力

おはようございます。

10/17(土)早朝、実践倫理宏正会「朝の集い」に出席。
その後、7時に長島幼稚園の運動会会場へ。
前日、屋根に上がり万国旗の取り付け、入退場門の杭打設の機会をいただいた。
万国旗が下がっていないか確認のため。
風の中で取り付けたので無風の場合どうなるか気になっていた。
園庭20センチ下には、排水用の砕石層があるので男性の力でないとできないこともある。
保護者向けの開放は7時半からなので、既に15名ほどの保護者(父親)の姿。

私の短パンシャージ・ポロシャツ姿に驚かれた方も見えたが、梯子で屋根に上がる私の姿に納得をされた様子。
「保護者の皆さん。高さはどうですか?」
こんなやり取りを数回。
開会式、演技を少し見学させていただいた。
統合までは4園(昨年3園)合同で輪中ドームで5年間開催してきた。
広く・雨の心配のない会場もいいが、少し狭くても子ども達の姿が極めて近い場所で見れることもプラス。

その後、所要を済ませ、市内幼稚園運動会2会場・人権関係イベントへ。
午後、長島中部地区すくすく農園。
子ども達と稲刈り(餅米)、サトイモ、サツマイモ、枝豆の収穫。
参加者は、ボランティア・保護者含め50名。

10/16(金)午前、議会運営委員会。
新たに設置する当初予算時の予算特別委員会の申し合わせ事項の確認他。
その後、伊曽島小総合学習「愛のピアノ」の支援。
中日・読売新聞、NHK・ケーブルテレビCTYの4名の記者。
記者対応が私の主な役割。
昨日、市内で数名の方から新聞を読まれた話をお聞きした。感謝。
伊勢湾台風から56年。
今後、25年も経過すれば、元気な姿で子ども達に体験談を語れる方は激減する。
資料集・パネル他で確実に記憶が語り継がれる体制づくりをしていきたい。

10/15(木)午後、桑名市上下部・水道組合の緊急漏水他の対応訓練。
自身も合併前3年間、担当してきた水道事業。
漏水箇所の円陣カッター切断・袋ジョイント(漏水箇所にかぶせる)他、懐かし名前の修繕材料他が聞かれた。
こうして関係者が一堂に集う意味は大きいが、最後、事故発生時に問われるのは職員の現場主義による対応能力。
高めてほしいと願う。

本日10/18(日)、児童福祉施設訪問、中体連新人戦観戦他。

2015.10.15 Thursday

(新)伊勢大橋(1橋)は片側歩道のみ

おはようございます。

昨日10/14(水)、会派勉強会「伊勢大橋架替・東海環状線の進捗」他。
市担当より1時間半、説明をしていただいた。

現在の橋の下流30mに新しい橋を整備。
完成予定は、H32年3月。
その後、現在の橋をH36年3月に取り壊し(予定)後に新橋を整備予定。
橋だけでなくその前後の周辺整備を含め総事業費490億円。

現在の貨幣価値での算出であるから実質的には倍か?
取り壊し2橋完成する時に現実的に私が生きているかどうか?

完成イメージ図(1橋)他をよく見ると歩道は下流側のみ。
橋のほぼ中央にある揖斐・長良川中堤へ進む長島側からの右折車線は、橋台間のワンブッククのみ。
概ね70mの右折車線となる。
対して上流側には歩道はつかない。
桑名側から進むと中堤T字交差点は、直進・左折を含む1車線のみ。

当面の課題として新橋(1橋)の早期完成を目指してほしい。

今から木曽三川ごみの会定例活動に出かけます。
最近は、工事関係者も参加することから時間が早くなった。
7:15スタート、約1時間の活動)
その後は議会報告会班別会議他。

是々非々、粛々と。

2015.10.14 Wednesday

思わぬ反響

おはようございます。

愛のピアノ関し5紙の記者と懇談してから約2週間。
2紙の記事になってから問い合わせも多くなった。
昨日も県内の報道関係者からメールで質問・資料送付他の問い合わせ有り。
思わぬ想定以上の反響に驚いている。

早く6校を訪問し、写真撮影他の調査をしなければならない。
ピアノはYAMAHA製。
当時、贈呈式は浜松の工場で行われている。
この関係の資料が現存しているか確認し、場合により浜松までいかねばならない。
調査表を送付させていただいた47校へ10月中に資料を送付するのは少し厳しい感じ。

本日は、伊勢大橋架替・東海環状線他の会派勉強会他。

やるべきことは山積みですが粛々と。

2015.10.13 Tuesday

50年以上の歴史、その責任は大きい

おはようございます。

10/11(日)、第52回長島体育大会は、雨・グランド不良のため中止。
5時頃、雨の中、会場へ。
駐車場入口の堤防坂路にガードマンが既に配置されていた。
声をかけ会場を見たが、全面水溜りで無理と感じていた。
比較的、「水はけ」もいいので深夜2時頃に雨が上がれば1時間ほど開催を遅らせ可能だったかもれない
6時半・7時と2回、中止の広報無線。

人口の約1/3が集まる大会。
午後1番目の競技、地区対抗綱引き大会では「40名×17チーム」(人口の約5%)がグランド内に集まってもテント内は人が減った感じはしない。
自治会・本部テント数は、約100張り。
市内で一つの会場でこれだけのテントが設営されるイベントとして最大ではないか。
記憶では過去3回中止となっていることを考えれば私が生まれた頃に始まった歴史がある。

結果的に中止になったが、補助金が半減!される中、賛否両論の中、関係者は半年間の様々な議論の上に開催の方向じぇ。
町内でこれだけの集まるイベントもなく、50回以上の歴史、会場内で「久しぶり」「あの人元気か」の声も多く聞かれる。
教育、防災、福祉他、様々な目的を持っている。
順延の声もないわけではないが、他の予定他を考えれば賢明な判断と思う。

10/10(土)、桑名市総合医療センター起工式に出席。
「桑名市民病院は、山本総合病院と統合すべき」とした、市議会特別委員会報告、市議会決議は平成22年9月から既に5年が経過。
単身、公立病院改革の有識者に会うために東京へ行ったのは、更にその1年前。
その方を市議会に招き、研修会を開催したのはその半年後。

3回の入札不調。
私を含め市議側は「事業・経営計画の見直しと事業費の増額を図らねば入札は成立しない」と2年間を指摘続けてきた。
現計予算にこだわり続け結果的に事業費増を図り2年の遅れ。
市長にとっても選挙の際に約束した、新病院H27年4月開院から3年遅れる。
3年の遅れで推測される病院事業収入減は10億円余。
その責任は大きい。

10/11(日)、長島町体育大会が中止となる中、博物館の企画展「大定信展」へ。
サブタイトル、松平定信の軌跡、寛政の改革から「感性」の改革へ。
展示物全てを「なんでも鑑定団」に出したら「?円」、博物館蔵の最高額となる所蔵物は「何か?」「?円」。
こんなことを考えながらの1時間。
展示物全てを見る必要もない。
気になるもだけの前で立ちどまればいい。
入館料800円。
多くの市民の方に足を運んでいただきたいと思う。

3連休、これ以外はほぼ夏の定番(追加有り)作業の一日。
まだ、しばらくかかりそう。

今から、昨日の後始末に7時半から街頭指導。
その後、堤防補強工事関係者と地元関係の調整。

2015.10.10 Saturday

記事を読まれた方、感謝

おはようございます。

昨日10/8、中日新聞北勢版に伊勢湾台風「愛のピアノ」11台現存の記事が掲載され、調査者として不肖私の名前も掲載されました。

昨年の夏に数日間、映画「それぞれの伊勢湾台風」の取材協力。
想えば、昨年3月末に制作会社の1枚の名刺が私の自宅に届けられたことがスタートでした。
映画が公開されるまでに桑名市内の3台に加え、養老町・飛島村で各1台発見。
これを機会に、台風50年目の節目に一度調査を始めましたが、問い合わせ先の反応の鈍さ、伊勢湾岸全ての学校に手紙を出そうと思いましたが、あまりの多さに断念してから5年経過、再度調査。
今回の調査は、朝日新聞四日市支局他の全面的な協力で実現しました。

記事を読まれた方から、数本の電話や市内で(申し訳ないが私には記憶の無い方)声をかけていただきました。感謝。
メールでは、ピアノメーカの問い合わせも。
感謝の一言につきます。

明日は長島町体育大会。
地区内の概ね1/3の人が集まる。
降水確率50%で天気は?
私も職員時代8年担当をして当日は今頃出かけた。
天気予報他を何回も見る関係者の気持ちは十分すぎるほどわかる。

今日は晴れ。
進んでいない作業が進みそう。

2015.10.09 Friday

道徳教育

おはようございます。

昨日10/8(木)、早朝に定番作業2時間後、市民相談の資料作成や、その説明のため数ケ所出かけたりの1日。
結構、車で走ったので午後9時に帰宅し夕食後に爆睡、今目覚め。

サッカーワールドカップアジア2次予選の対イラン戦の結果が気になり新聞を。
日本3×1イラン。
今TVを見ているとゴールシーンが出てきた。
何か、これといって相手と対峙した感じはなくチームにとっては不完全燃焼試合?
選手も評価につながる。
本選スタメンを目指し必死。

大型台風23号。
暴風・高潮・停電他、今でTVでは根室港が高潮・高波でどこが岸壁が分からず商店街が膝まで浸かる床上浸水の映像。
北海道東部を中心に相当の被害が出ている。
最近は、10月台風が多い。
大自然の摂理の歯車がきしみ始めている感じ。

本日の中日新聞21面北勢版。
愛のピアノに関する記事が大きく掲載されている。
昨日も市内で追加資料尾調査をしたり電話もかかってきた。
コメントを求められるので「伊勢湾台風の記憶の風化・・・防災教育活動で・・・」が定番だが、「ピアノの音色で子ども達の心を癒したい」想いから、アメリカの女優シャーリー・マクレーン夫妻らのチャリティ活動の義援金が朝日新聞厚生文化事業団にS34.12.29に寄託され、翌年1月に東海三県に47台のピアノが贈られた経緯がある。
今後、コメントを求められれば「道徳教育での活用」も入れよう。

今から準備して出かけます。
遅れ気味の夏の定番作業もありますが今日は調査他のため。
やるべきことは山積み。
粛々と。
1/2 >>