市野よしたかブログ

2015.11.30 Monday

大阪のおばちゃん?

おはようございます。

本日11/30(月)、中日新聞1面タイトル。
 「国内でテロある79%」
 「安倍政権が臨時国会開会せず56%批判」
フランス同時多発テロのような可能性が、「ある」「どちらかといえばある」を含め79.9%。
安倍政権が臨時国会を開かなかったことについて「よくなかった」56.3%。
テロに関しては、安保関連法案の成立が大きく影響している。
水際での防止するため入国審査強化がその対策となるばかりではない。
オウムサリン事件他も考えればやるべきkとは多い。

11/28(土)午後、人権・介護をテーマとした、母の介護体験を元にしたジャズシンガー「綾戸智恵氏」講演会へ。
参加者は約800名。
大阪のおばちゃんのしゃべり?の1時間半。
母との葛藤・・・相互理解・・・と話は続いた。
市民会館・人権政策を所管する総務安全委員会委員長の任期は12/1までなので実質的に委員長としての最後の仕事。

11/29(日)夕刻より、「命を考える」子育て支援団体主催によるビリギャル著者「坪田信貴氏」講演会。
1ケ月ほど前に関係者から声をかけていただき側面的支援をさせていただいた。
参加者は約1,000名。
直近の目標、最終の目標、、イメージ、前向き・・・・・と話は続いた。
最後は、立体駐車場の担当。
水郷花火大会の際には、満車で2時間を要したと聞いている。
3名で約50分。
大きなトラブル等もなく終了。
これがなにより。

2日間、この合間をぬって遅れ気味の作業。
9月末まで・・・10月末まで・・・とずらしてきた。
何とか年内の終わらせることができそうだ。

本日11/30(月)、12月議会原稿作成他。
その前に、まず今から昨日の作業の後始末にでかけます。

2015.11.29 Sunday

浮かれていてははいけない

おはようございます。

昨日11/28(土)、中日新聞1面。
伊勢志摩サミットに関し、見えない部分の記事。
5月は修学旅行シーズン。
海の自然を利用する等した体験型修学旅行等のキャンセルが続いている内容。
学校側は、警備等によりその影響がどれだけでるのか不明のため。
一旦、離れた旅行生は簡単に戻るものではない。
地元関係者から危機感の声。
洞爺湖サミットにおいても同様の事例があり、結果的に開催前の水準には達していない内容も掲載されていた。

桑名を主会場として4/22から1週間の予定でジュニア・サミットも開催される。
想定される(決まってはいるが)主会場も外務省が発表しない限り、桑名市も発表できない。
テロ他を考えれば、サミット本体を狙うより派生した会議・イベント等を狙った方が混乱させやすい。

市民生活にどれだけ影響がでるのか?
様々な規制は、どの段階から始まりどこまでされるのか?
県他においても限られた予算の中で行うことから、県道他の草刈り・清掃他が通常の6月を4月に前倒して行われれば、夏の雑草が生い茂るシーズンは我慢せよ!となるのか?(通常年2回の11月も今年は行われない。)
細かいところかもしれないが、関係者が喜ぶだけで、地元に何をもたらしたかわからないうちに終わり、関係者が浮かれていることだけが残るかもしれない。

サミット開催を否定するものではない、開催後までの道筋をつけることが必要。
浮かれていてはいけない。

2015.11.25 Wednesday

不履行

おはようございます。

昨日11/24(火)、市議会全員協議会。

事項1、就学前施設(幼・保)再編計画の認定子ども園に凍結の説明。

H29年度に長島・多度ブロックは既存施設を使用、著しい狭隘・老朽化等の課題を抱えた厚生館保育所・光風中ブロックは新たに整備し、短時間(幼)・長時間(保)の園児を一体化して保育する「認定こども園」整備し、その後、同じ課題を抱えた山崎乳児保育所・陽和中ブロックと続くはずだった。

凍結の理由として国の動向の不透明さ等が示されたが、本当の理由は、財政(金が無い)問題のはずに間違いはないのに示されなかった。
終了後、主たる理由を示すべきと数名の意見が一致した。

既に、30回程、保護者・地域向け説明会を開催しており(市民の中に認定子ども園に異論を示す方も当然みえるが)、この説明を履行できないことになる(不履行)。

30回程の説明回数は、桑名市の地元説明会では、ゴミ袋導入・ゴミの資源化分別収集に続く回数の多さのはず。


事項2、12月議会議案概要説明。

補正予算は、ジュニアサミット関連約1500万円を企業等の寄付他で行う他。
条例改正は、国の法案改正に伴う関係個所の条例の修正。

補正予算に関して、本来、3月の当初予算に計上すべきもので何故補正でと感じられるものもあった。

上記2項に関して、イロイロ考える。

本日11/25(水)午前、議会代表者会議・議会運営委員会、午後は議案会派勉強会。

2015.11.24 Tuesday

低賃金

おはようございます。

11/22(日)、結婚式のため名古屋へ。
新婦の父の知人とは、1年半で深い人間関係を築き4ヶ月ほど前にご案内をいただいた。
通常、伊曽島神社新嘗祭は23日「勤労感謝の日」。
(全国の神社では概ね斎行される。)
氏子役員も現役世代やその中に若手(20代数名)も務めており、祝祭日は難しい。
このため、本年は22日斎行となり伶人33年目にして初めて欠席。

お祝いをしつつも、披露宴隣席では介護関係経営者の方で政権が目指す介護従事者増他の話に。
最後は、介護関係者の低賃金が全てを阻んでいる他。

11/23(月)午前、3日間全国市議会議長会の研修中に電話をいただいた案件の処理他。
午後、2時間市政懇談後、3時間藤棚のツル切り他。
夕刻・小雨となりそのままの状態で打ち切ったので今からゴミ袋詰めに。
本日11/24(火)、市議会全員協議会(12月議会議案説明)。

2015.11.21 Saturday

ならぬことはならぬものです

おはようございます。

11/18(水)〜20(金)まで、全国市議会議長会の研修に参加。
会場は福島県民文化センター。
参加者1930名。
4年半前の東日本大震災の被災地でもある。
初日午後から翌日午前まで、被災地議長・パネラーらから震災復興・地方創生に関するパネルディスカッション他。

被災現場の議長から、冒頭に全国・世界からの支援に対する謝意。
一方、国は5年間を「復興集中期間」として残すところ半年を切ったが、何ら事業が進まない現状や、南相馬市にあっては除染作業が進まず人が戻らない現状他の報告。

パネラーから最近の国政では「復興」の言葉は消えつつあり「1億総活躍社会」「人口減少社会への対応、人口ビジョン」へ転換。言葉を変え、国民の目先を変えようとしている。
地方施創生に関しても過去の施策(ふるさと創生1億円他)では、うまくいった自治体もあれば、そうでない自治体もある。
全国自治体に求めた人口ビジョンも各自治体の数値を「+」すれば、国の計画の数値とどうなるのか他の疑問が呈された。

研修会後、2日間で7施設ほどで視察研修に参加。

会津藩藩校の日新館。
ここは地元ガス会社が、会津藩の歴史他を次世代へ継承するため、S62年に約34億円を投じ、残された図面から忠実に復元され、大河ドラマ「八重の桜」で注目された土地・場所でもある。

「什(じゅう)の掟」(藩校の教え)
一、年長者(としうえのひと)の言ふことに背いてはなりませぬ
一、年長者にはお辞儀をしなければなりませぬ
一、嘘言(うそ)を言ふことはなりませぬ
一、卑怯な振舞をしてはなりませぬ
一、弱い者をいぢめてはなりませぬ
一、戸外で物を食べてはなりませぬ
一、戸外で婦人(おんな)と言葉を交へてはなりませぬ
 ならぬことはならぬものです。

封建社会の時代を感じさせること言葉もあるが、「ならぬことはならぬものです」は、現代社会に通じるものがある。
案内者の言葉にも驚いた。
「桑名から来ました」の言葉に間を置かず「古くから会津とはご縁があり、今でも会津祭の際には参加をいただき感謝しております。」
歴史に関する施設であり一定の知識はご存じだろうが、幕末の戦いの同志としての認識が未だ根底にある印象を受けた。

他施設では「4年半で観光客は戻ったのか?」の問いかけに「半分は戻ったが道半ば」の言葉が多くを占めた。

本日11/21(土)、残された作業他。
これも道半ば。
何とか年内に。

2015.11.17 Tuesday

負のスパイラル

おはようございます。

1年前の本日11/17午前0時に3回目の就職試験?に合格?の連絡を受けました。(告示:9日、投票日:16日)
3期10年目を迎え、初心を忘れず活動をしていきたいと考えます。
是々非々、粛々の姿勢は変わりません。
今後もご指導をお願い申し上げます。

11月に入りイベントも多く、相談・要望を受けることも多い。
特に、某機関(市ではありません)の道路管理・草刈り。
幹線道路の法面等も予算削減により年2回から1回に削減されている箇所も多い。
道路沿いには農地も広がる。
面している方が行おうとしても、通行量が多く事故を考えたり、草刈り中に石が跳ね車に当たり損害賠償等は自分持ちとなり、簡単にはできるものではない。

「草が枯れ⇒地面に種が落ちる⇒雨が降る⇒日光にあたる⇒結果的に草が生える」
「農地に飛んできた草の種で田畑にも草が生え農地保全も手間がかかる」
(仮に枯草火災が発生した場合は、その場所は速やかに行う。)

電話等の連絡をして、過去には経緯等を延々と話し(相手が根負け?)実施していただいたこともあるが、マア〜イロイロある。
行政は、農業振興や農地保全(水害対策にもなる)を推進するが、真逆の対応。
予算削減の中で工夫はしているのだろうが、何かが足りない。
「負のスパイラル」を止めることを考えてほしい。

明日から、全国市議会議長会の研修に3日間参加します。
後日、報告させていただきます。

2015.11.16 Monday

129名の犠牲者、目配り・気配り

おはようございます。

フランスでのテロ、129名の犠牲者。
30分間に6箇所襲撃の組織的犯行で、テロの範疇を越え戦争・ゲリラに近い。
イスラム国ISが犯行声明を出した。

今回の犯行の要因としてISに対するフランスの軍事介入に端を発した。
現在G20国際会議が開催されている。
団結しテロには屈しない姿勢を強く示すことも必要だが、国際社会はアンバランスな状態でこれを軍事介入で戻すのは極めて困難な気もする。
アンバランスな状態で混乱も少なく持続する社会の実現他も考え、何らかの別の対策も必要だろう。
差別・貧困他、テロには見えないところの複合的要因もあるはずだ。
「イスラム教徒=IS」と全てを結び付けないことを願う。

ただ、ヨーロッパ諸国のテロの発生を見ると、日本も安保関連法案が成立し、仮にこの法律の中で何らかの国際的な行動等を日本もとった場合、現実的に日本もその標的となる可能性を否定できない印象を受ける。

11/14(土)、小雨の中、子ども達らと伊曽島わくわく農園作業。
参加者約20名。
サツマイモ・大根・黒豆他の収穫。
雨もあり作業は1時間で終了。
終わりに1人の子どもから「おじさんにコレやれと言われてうれしかった」の言葉。
一輪車でうまく収穫物を運べた様子。
子どもの頃(大人も)、させられる経験が積み上げになる。

11/15(日)早朝6時半より、(実)父も眠る6自治会で構成する共同墓地の正月前の草取り。
参加者約70名。
この人はここ、あの人はここと概ね何人かの方の場所は決まっている。
私は、小高く土が盛られ標べが立てられた火葬炉跡の除草。

半時間で失礼し、木曽三川ごみの会の定例活動。
参加者は約80名。
市長・国交省木曽下流所長らも参加し職員も大挙して参加。
仕方ないだろうが何か典型的な公務員的行動。
普段の何気ない声掛けや参加が団体に対する本来の「目配り・気配り」になる。

終了後、第20回長島北部地区ふれあい秋祭り会場へ。
8:50からのオープニングの長島中ブラスバンドの演奏が聴きたかった。
結成2年目でイベント等での演奏を全曲聴くことは今回が初めて。
長島北部小の鼓笛隊は、50年以上の歴史があるが、中学校にはその受け皿が今までなかった。
曲の間に楽器の紹介も含め約40分で構成されていたが、歴史も浅く発展途上の段階に感じた。
専門家ではないが、概ねラストの曲で何をするかわかる。
地域に愛される部活動を期待。

2件の市民相談他を済ませ、再度、ふれあい祭りへ。
餅つき・昼食会・午前中に各コーナーで行われた講座の作品他の発表。

これも途中で失礼し、長島中部地区のすくすく農園会場へ。
前日、雨の為に延期された。
通常は土曜日午前のため参加者は少なかったが、約35名。
サツマイモ・ジャガイモの収穫でツル切り他の延長約150m。
約1時間半の作業。
その後、2件の案件。

本日11/16(月)、議会報告会4班の会議録概要の最終確認他。

2015.11.13 Friday

議会IT化、一長一短

おはようございます。

11/11(水)、議会運営委員会で議会IT化を目的として滋賀県大津市議会を視察。
第1段階として、議場の録音放送設備他の著しい老朽化に伴う更新の際、議場へ傍聴者へ資料等が分かりやすく、議案に対する各議員の賛否が明示できるように大型スクリーンを導入。
第2段階して、議員へIパットを貸与し、議案・資料等のパーパーレス化を図っていた。(希望者へはペーパー配付)

当初予算を審議する3月、決算を審議する9月議会の際、議案等は桑名市でも約10cm。
A4見開きで結果的にA3サイズの議案もあり、文字が小さい、データーを見ることは可能でも前年度予算・決算書・資料等を並べて比較することはやや困難等の課題も見えてきた。
(私の場合、配布された議案と前年度等の資料他、2〜4部を並べて見比べることが多い。じっくり見ていると配付された議案からは見えないものが見えてくる。)
一方、災害時等には被災場所の画像を直ちに共有できるメリットもある。

一長一短。
導入の場合、メリット・デメリットを比較し、慎重な対応が必要に感じる。

昨日11/12(木)は、議会報告会の概要作成・市民相談他。
報告会概要は、A4サイズ9ページもの。
前日、概ね作成しておいたが、一日経てば誤字・記述漏れ等も見えてくる。

本日11/13(金)は、議会報告会(第4班)班別会議他。

2015.11.11 Wednesday

第56回、君たちが舞台に立ったら観客は何をするのか期待している

おはようございます。

昨日11/10(火)、いくつかの案件の中、午前中、第56回輪中音楽会(会場:長島中体育館)へ。

数年前に長島中を訪問した際、中2生徒のリハーサル中を見る機会があった。
指導教員から生徒へ「君たちが舞台に立ったら観客は何をするのか期待している」と言葉をかけた姿が浮かんだ。
「ア〜ダ、コウダ・・・。」と言うより重みのある言葉。

「第56回=伊勢湾台風S34(1960)からの年月」
偶然、これに気がついた。
バタバタしていたので開始後30分後からだったが、音楽会の冒頭「台風の翌年にスタートし音楽振興他を目指した。」旨の挨拶があったとお聞きした。
前に愛のピアノについてブログに記したが、台風後、全国から贈られた教材備品の楽器を活かした音楽会と推測される。
今は、長島町内小学校3校(基本:小6)・長島中(中2)・木曽岬小(小6)で開催。

44年前、私が小6の際に演奏したのは2曲。
1曲の曲名は完全に忘れてしまったが、もう一曲は、ピアニカ(リコーダー?)で「ドナウ川のさざ波」。
今でもリコーダーであればほぼ演奏可能。
2ケ月間の練習期間で体に染みついた感じ。


本日11/11(水)は、議会運営委員会「議会IT化」を目的として大津市議会を視察他。

2015.11.10 Tuesday

小(こ)つき、指筋痛

おはようございます。

昨日11/9(月)午前、地方創生・人口ビジョンを議題とした市議会全員協会。
協議時間は2時間。

総合計画に示された内容の中から地方創生に関する箇所を特出しした計画。
それに加え、増田元総務大臣が示した人口・出生率減により可能性がある「全国消滅都市」や県が示した出生率の指数を桑名市も使用した人口ビジョン。

総合計画審議の際も指摘したが地域福祉・障害者福祉・就学前施設再編計画等の既存の計画の内容には全くといっていいほど触れず、かといって「消防団員の確保」他の細かいところは評価指標として示されている。

この計画そのものに全面的な反対をするものではない。
そもそもこの計画を策定しなければ、国からの交付金を受けることができない。
イロイロ考える。

午後、11/7(土)の議会報告会会議録(概要)の作成。
第8回目の報告会でこれまで全て班の中で記録の担当し今回も。
会議前に参加者から通告を受け、これに関して議会内での議論等を別途報告させていただくことになったため、A4×8枚の報告書。

パソコンに向かい4時間、指の動きが鈍くなった。
11/8のコスモス祭の「餅つき」の影響か?
「もち米を蒸す」⇒「小(こ)つきは餅つき機」⇒「本つきは杵と臼」の手順だが、前日は参加することはできなかったので6臼中、3臼をつかせていただいた。
よく腕・腰の筋肉痛の方もみえるが私の場合は、指筋痛が多い。
美味しい餅のためには必要。
この影響か?

本日11/10(火)は、8枚の報告書の精読・修正他。
1/2 >>