市野よしたかブログ

2016.06.29 Wednesday

プロはプロ

おはようございます。

最近、数年前より母が高齢で畑作業が困難となり毎日10分でも畑に足を運ぶ。
3年間、防草シート他で覆っていた。
プランターでミニトマトを栽培したことはあるが、約60坪の畑を管理するの初体験。
草取り・水やり他、やることはいくらでもある。

畑作業中に母と同年代の方「畑の達人」が声をかけてくれることも多くなった。
ホームセンターで苗・肥料を購入するが、定植する時期が遅れ気味(旬の頃ではない)になる。
市場では既にこの辺りのトウモロコシが出回っているが、我が畑は苗が60僂某びた程度。

達人から「植えるのが遅いから虫もつきやすくなる。」プロはプロの言葉。
事実、3日に1回は、葉を裏返しイモ虫他を取っている。
無農薬を継続しようとしているが手間がかかる。

ジャガイモ50株→収穫中(量は多いが、キズ他で価値としては半減。味は変わらず。)
トウモロコシ50株→センチ程度
里芋50株→50センチ程度(葉っぱの裏に虫多し取るのに手間)
ミニトマト・きゅうり・ナス・ピーマン・オクラを各数株→60センチ程度

今から子ども達の農園の草刈り後、伊曽島朝市テント張り(報告をしなければならない事がある)、その後、広報広聴委員会。

2016.06.27 Monday

虫食いほど美味い

おはようございます。

6/25(土)早朝、長島中部地区すくすく農園の準備に。
連日の雨で畝の間に水が溜まり、排水のため水道(みずみち)を作ったり、最近は長島中に行っていることが多かったので、草は部分的に膝のあたりまで伸びており草刈り他のため。

30組ほどの親子やボランティア約60名。
トウモロコシ収穫約400本。

難しいことを言っても子ども達にはわからないので、皮を取って「虫食い」の場所を見せ1僂曚匹涼遒鮹気気擦襦
「虫が集まって食べるほどおいしい。無農薬の証拠。」
と説明した方が分かりやすい。

達人?によれば、水からゆで沸騰したら塩を入れ5分たったらあげて蒸らす。
これが美味い。
いつもの「エ〜イ適当」から、夕刻にこの手順でやってみると味は確実に美味かった。

作業中にお聞きした数件のご相談。
課題解決までしばらくかかりそう。

7時半から2時間の作業で切り上げ、伊曽島小の土曜授業参観に。

6/26(日)早朝、前日の農園草刈りの残った草刈りと後始末に。
5時半の段階で、田んぼには軽トラ数台。

長島では、7/1、11/1に用排水を管理する土地改良区による幹線排水路の草刈り検査がある。
田んぼ間の支線水路まで検査はしないが、幹線排水路に面する農地保有者は、面する間口分だけ草刈りをしなければならず(地域の農地は地域で守る長年の慣習)、そうした箇所の草刈り姿を見かけた。

農園で1時間半の作業後、障害者の方のご相談を受け、その後、本家で祖々母の「弔上げ」(といあげ)と言われると50回忌法事へ。
5月に父の50年を終えたばかり。

本日6/27(月)、都市経済委員会。
議案・補正予算の内容は数件だが、「これって忘れていたんだろう?」と思うこと数件。
是々非々粛々と。

2016.06.24 Friday

タヌキか?

おはようございます。

昨日のこの時間帯、員弁川最下流域にいた。
異様な雨音に4時半頃に家を出て、長島の中央を通る県道水郷公園線、高速ワイパーでも前が十分に見えず30キロ程度で運転。

小雨となり6時前に帰宅。
6時半頃、在良市民センター周辺(東名阪寄り)の方から4時頃、心配だったと連絡有り。
7時半に家を出て8時半にセンター職員に何が被害等の連絡を受けていないか確認しましたが、特に無し。
調査したら、4時台の桑名の降雨量は25ミリ程度だが、極めて短時間の大雨の音や、1時間この雨量で市民に不安を抱かせると実感させられる連絡。
在良地区では本年度、福祉センター前に遊水池が整備される。
完成は年度末。
繰り越し事業とならないように注視しきたい。

今から長島中へ。
来週からテストのためクラブの朝練はない。
生徒が登校するのは8時頃から。

初めに挨拶を交わすのは、先生か?
それとも既に数回見たタヌキか?

2016.06.23 Thursday

瞬間100ミリ、警戒準備水位

おはようございます。

4時半頃、強い雨音に目覚め。
瞬間的に時間100ミリと推測。
市内の気になっているところに足を運んだ。

某行政機関(市ではない)がコンクリート張りをした箇所他。
流末が十分でないので周囲の側溝の水位はあふれるような状態になる。
その状態他を見たりして、大山田川・桑名駅西側溝の水位を確認。
このあたりで小雨となり、員弁川下流を見て帰宅。

大山田川は流れは速いものの水位はそれほど高くなかった。
員弁川は、水が濁り河川内の堤防小段コンクリート張りのあたりまでの水位。
上流部で相当の雨が降ったことが確認できる。
しばらくすれば警戒準備水位位になるかもしれない。

昨日6/22(水)、本会議で一般質問。
質問前に是々非々と先制し、執行部側にまさか?と思わせる(再)質問もした。
行政組織のあるべき姿。
これでいいのかと考える。
質問は、後日報告します。

一般質問は、今日まで。
明日から委員会。

2016.06.21 Tuesday

時間150ミリ

おはようございます。

熊本を時間150ミリの豪雨が襲った。
犠牲者4名他の被害。
長崎市街地では道路・床下浸水他の映像。

時間150ミリでは、まももに車を走らせることもできない。
平成12年9月の東海豪雨時に最前線の現場にいた。
実体験で150ミリがどの程度かわかる。

雨はしばらく続く模様。
最小の被害で終わることを。

外は雨。
定番の草刈り作業他もできない。
この後、晴れ間が1時でもあれば草は一気に伸びる。
ア〜アって感じ。

今から街頭指導。
その後、市内数か所。
雨でなければわからない事もある。

2016.06.20 Monday

6万5千人、子どもの元気な声で始まる一日

おはようございます。

沖縄での元米兵女性殺害県民集会には6万5千人が集まった。
我慢も限界に達した沖縄県民。
国はこれを真摯に受け止める必要がある。

沖縄の辺野古沖埋め立てを含む基地問題。
日本の安全保障問題。
外交も重要だが、それだけでは済まされないこともある。
制空権、海中を含む制海権を掌握することが対外的・戦略的に圧力となる。
安全保障を考える際、今までの手法の転換期と感じる。

6/18(土).19(日)と長島地区自治会連合会視察研修に同行をささていただく。
愛工大防災研究機関で1時間の講義を受けた後、静岡県吉田町の全国初の歩道橋型津波避難タワーを視察。

愛工大では、地震発生・活断層の仕組み・(正)断層(下ズレ)・(逆)断層(上ズレ)他の説明や5m以上ズレた断層を示しての解説他、避難タワーは25×25mの避難場所でこれを市内各所に整備していく計画。
防災面では、地域に応じた様々な手法がある。

19日(日)、半年前から市内子育て支援団体が主催する市民会館での愛工大名電高校吹奏楽部コンサート支援の依頼を受けていたので宿泊先でバスを見送った後に桑名へ戻る。
15:00からのスタートで観客は1280名。
市民会館大ホールがほぼ満席。
民間団体は赤字を出さないように必死。対して市はどうなのか?
ここあたりが公と民の違い。

気が付かれないところのお手伝い。
終了後、満車状態の立体駐車場出入り口で車を出す警備員?を2名で。
ここに人が立つか立たないかで時間は相当違う。
立った場合は満車でも1時間で出せる。
一方、立たない場合には1時間半以上の時間がかかる。
昨年の桑名水郷花火大会の際には、2時間半の時間を要したと聞いてる。
雨の中でカッパを来ての1時間。
偶然、気が付かれた方からの第一声。
「議員でもこんなことするの?」
「そう思われることが間違っている。思われない時代にならないと。」
と返す。

本日6/20(月)から4日間、本会議場での一般質問。
私の出番は、22日(水)11時の予定。
質問の姿勢は是々非々・粛々と。

今から長島中へ。
私の夏の定番作業の類似版。
先週からこの時間帯の行くこと数回。
6時前にクラブ朝練のために投稿する生徒もいる。
私の後ろ姿を見た生徒が作業中の私の後ろ姿を見て「おはようございます」
一日のスタートが、子どもの元気な声で始まると、心の洗濯になる。

近きに「タヌキ」が住んでいるようで、すでに2回ほど会っている。
挨拶はタヌキとが先か?

2016.06.16 Thursday

裏切った、教訓

おはようございます。

舛添東京都知事が辞職した。
当然.
自民党東京都都議団は何とか9月までの続投を目指していたようだ.
知事本人は「公明党が裏切った。」と周囲に漏らした報道もある.
政治と金にまつわる過去の教訓や市民感覚とのズレを本人が学んでいない。
都議会本会議・委員会で出てきた疑惑は、払拭できない。

今日の新聞で舛添氏による本会議場えの最後の発言の全文を読んだ。
リオ五輪後での辞任を考えていたと示唆し、五輪旗を引き継ぐことを自分の花道と考えていたようだが、世論はそんなに甘くない。
謝罪の言葉も見当たらない。

猪瀬氏に続き舛添氏。
日本の首都の行政責任者が2代続き「金」にまつわることで辞職。
呆れる。

都知事選挙の必要な経費は50億円と言われている。
人口1万人の市町村の財政規模。

昨日6/15(水)、質問聴き取り。
いつもの事だが、項目が多いとの指摘もいただいている。
答弁の際、質問の解説が長く答弁の確信部分が見えてこない。
この職となり、こんなやりとりを9年半してきた。

質問原稿は、聴き取り時に渡すことにしている。
職員の時間外勤務削減にもなる。

今から夏の定番作業の準備に。
雨が1時間降らぬことを願う。

是々非々、粛々の姿勢は変わりません。

2016.06.13 Monday

心の内燃機関

おはようございます。

本日6/13(月)深夜1時半頃、雨音で目覚める。
短時間ではあったが時間40ミリ以上の雨。
道路冠水するとして面的に水を受けるよに側溝間に雨水管を布設しバイパス機能を持たせた箇所が機能しているか確認に。
側溝は満水の状態でも道路冠水していなかった。
数ケ所を1時間ほど回り帰宅。

明日6/14(火)、6月市議会定例会。

先週末6/11(土)、長島中部地区すくすく農園、伊曽島地区わくわく農園で作業。
時間帯が重なったため、中部地区で早朝1時間半準備作業、子ども達が集まった頃に挨拶だけして伊曽島島地区へ移動し1時間作業後、中部地区へ戻り片づけ他。

中部地区は、高齢のご夫婦が中心となって始められ約20年続いてる。
面積約4反半(4,500屐法
今回は玉ネギ600屐別3,000個)、ジャガイモ200屐平不明)の収穫。
ボランティアも参加しているが、面積大のため除草が追い付かず春から夏は週1回程早朝に(当方が勝手に)草刈り他をしている。
挨拶は、小さな子ども達に(小)難しい話をするより、数十匹の蛾の幼虫を見せたり、草刈り中に出てきた蛇の話をしたりする方が目が輝く。

伊曽島地区の面積は1反(1,000屐法
ジャガイモ・キュウリ・ナスの収穫で買い物袋1杯程度。
60代後半から70代前半の自治会長OBの方を中心にしたボランティアで活動。
自治会長となり地域の子どもたちに関わるようになり、これだけ一生懸命されているなら、自分も手伝うとして名乗りを上げた方もみえる。
(農)園長と呼ばれる方は、この時期、毎日のように早朝5時半には農園で水やり・草刈り他。
自分に置き換えたらここまではできない。

夕刻より、妻方の叔父の通夜式に。
定時制工業高校から自動車工学「内燃機関」の教授となり現役を引退された方。
33年前にご自宅を訪問した際に、エンジンの部品、風洞実験に使用された車の模型他がリビングに展示してあったのを記憶している。
定時制高校から目的を持って自己練磨され、教授引退講義の際には数百名のゼミ生OB他が集合されたとお聞きしていた。
初めてお会いした際に「心を内燃機関のように燃やさないと研究や学生の就職指導はできない。」と言われたのを記憶している。
大学教員となり、米国の学会に毎年論文を提出していることもはじめて知った。

「心の内燃機関」響きがいい言葉。

2016.06.09 Thursday

ヤメ検弁護士同席のもと

おはようございます。

東京都知事舛添氏の政治資金問題。
与党までもが追及に乗り出したが、辞職を迫った方がわかりやすいのにやらない。
有力候補者がいない。
東京五輪との任期・政治日程との関係。
これが政治の世界か?と感じさせる場面。

場合により野に下らなければならないことを恐れているのか。
一般市民の倫理・常識の感覚とかけ離れている。

舛添氏の記者会見も疑問に思うこと多々。

一般的に政治資金は、寄付・政治資金パーティー・国からの政党助成金・自己資金の4種に分けられる。
どういった資金の流れになっているのか報道ではよくわからない。

返金して「慈善団体に寄付」「美術品等は公共施設で展示」の言葉があった。
検事出身のヤメ検弁護士同席の記者会見だったので問題はないのかもしれないが、
基本的に政治家の寄付行為は禁じられている。

このあたりを疑問に思ったことも多いはず。
都議会では舛添氏に厳しい追及が続く。

昨日6/8(水)、会派議案勉強会。
年度繰越事業の承認を求める議案。
その理由が「調整に時間を要している。」
当初予算編成は、9月から始まり当初予算執行期間1年。
概ね1年半。
この期間を要しても調整に時間を要している。
疑問が残る。

本日6/9(木)、質問の整理他。
その前に今から子ども達の農園の作業。
6/11(土)は2ケ所で作業をするので少しでも作業がやりやすくなれば。
本番の農作業でお聞きする話は市政の課題多々。

2016.06.08 Wednesday

土の布団を着せてあげて、・・・糸を張って・・・

おはようございます。

天気がはっきりしない日が続いています。
梅雨の時期ですがまだ入らず、それほどジメジメせず。
時折降る雨で草刈りはしやすいのですが、乾きがイマイチの為、ゴミ袋は1.5倍必要。

昨日6/7(火)、議会改革検討会。
議会基本条例の検証のため、一条一項、各議員から意見を求めることに。
調査用紙の確認他。

長島幼稚園の「サツマイモのツル植え」を見に行きました。
畝作りをさせたいただく機会を得たので。
120本ほど植えるたのですが、園児は説明を受けているのですが、生け花のように縦に植えたり、方向がバラバラだったり。
最後はお節介おじさんになり「こっち向き。アッチ向き」。

私の場合は土をかぶせる際に「山のように」。
先生の場合は「土の布団をかぶせてあげて」。
「こんな言い方もあるのか?」って感じでした。

長島保育園にも訪問。
組立式プールのアドバイスを求められていたので設置する場所が平坦なのか「糸を張っ」たり、パッキン「ゴムの痛み」状況を確認したり。
作業中、迎え時間だったので、保護者の方から声をかけられ、人はどこかでつながりがある事を感じさせられた時間。

本日6/8(水)、6月議会会派議案勉強会。

今から我が家の畑、市内某箇所の草刈り、伊曽島朝市のテント張り。
1/2 >>