市野よしたかブログ

2017.07.26 Wednesday

ロケ弁

おはようございます。

7/24(月)〜25(火)、総務安全委員会で「フィルムコミッション」をテーマとした視察。

1日目の神奈川県藤沢市では、全国に先駆け組織を立ち上げ、公益法人化された観光協会へ事業委託。
湘南・江の島のご当地であり、電車を乗り継いで横浜から20分、新宿からでも1時間の地の利を活かした活動をされていた。
PRせずとも人は集まるが、湘南・江の島がある藤沢市にイメージはなく、これを払拭するのが一つの課題となっていた。(ナガシマリゾートと類似)
それほど大きくない法人化された組織が行うことで、撮影・取材スタッフと途切れのない人間関係が構築されていることが強み。

2日目の富士市。
こちらは、NPO法人「富士フィルムコミッション」が、運営を担い、法人4名のスタッフがボランティアで運営し、全国の関係者から注目されている。
理事長からお話を伺った。
撮影に立ち会うと38時間睡眠無しや、1週間平均睡眠時間が3〜4時間が連続もあるとお聞きした。
組織立ち上げ前にロケにかかわり、これが縁で様々な場所から連絡が来るようになり、NPO法人化されたとお聞きした。
本業(自営業)の多くは社員に任せ、年間を通してほぼ毎日、撮影依頼や取材を受けられている。
フィルムコミッションHPのアクセスは全国1位と思われ、富士山ではなく市民が関心を持たない何気ない風景のロケ現場も多い。これを如何に探しだし、監督他の関心を引き付けるかポイント。
市からの200万円の補助金の大部分は通信・交通費で、今後、この体制で続けていけるかが課題とお聞きした。

2箇所の共通事項として、ロケ後等に、ロケ弁・ガードマン・市内での車・機器借り上げ他、市内での支出を評価指標とするため、撮影側にアンケートし累計されているのが印象的だった。


7/22(土)「伊曽島地区夏祭り」早朝の準備からから夜までほぼ一日。
7/23(日)「長島北部地区夏祭り」早朝から前日の片づけ後、北部地区の依頼を受けていた駐車場関係の作業や本番。
2日間の途中、市総合グランドでの桑員中体連サッカー観戦他。

本日7/26(水)、ブログ書き込み後に草刈り。
桑名3時間毎の天気はそろそろ雨。心配。

2017.07.20 Thursday

イシクラゲ

おはようございます。

連日「イシクラゲ」と格闘の日々。
コケの一種。

乾燥していると黒く変色しカサカサだが、水分を含むと4cm程度のグニュグニュ・ヌルヌルした塊になる。
数日間、猛暑が続いているが、湿気で昨年に引く続き大量発生。
ネットで調べても除草剤はきかず効果的な手法はなかなかないようだ。
閉鎖した子育て支援施設の園庭一面に。
地域イベントで臨時駐車場として使用するため昨年に引き続き作業。
草刈り後、丁寧に掃き出し集めるしかない。
ブログ書き込み後に出かけます。

昨日7/19(水)、市消防本部で東海地区消防技術大会に出場する消防職員の3種目の視察。
酸素ボンベ等を装着す障害を突破、腕力だけで15mの高さまで登ったり、大会に向けた訓練のみならず日々の積み重ねが市民の安全安心を支えている。


本日7/20(木)、総務安全委員会で桑名東京PR事務局に関し聴き取り調査他。

2017.07.18 Tuesday

桑名のあの場所・この場所

おはようございます。

九州北部を襲った豪雨。
昨日7/17段階で犠牲者34名・行方不明者7名。
安否・捜索が進むことと早期の復旧・復興を祈ります。

TV・新聞で流れる画像は、桑名のあの場所・この場所と思わせます。
答えは現場にしかありません。
普段から災害時のイメージをすることが必要です。

連休の3日間。
7/15(土)、木曽三川ごみの会の定例清掃活動他。
  16(日)、早朝ご案内をいただいた実践倫理宏正会朝の集い。
        桑名空襲犠牲者慰霊祭 他。
  17(月)、広域避難訓練(イオンモール) 他。

本日、7/18(火)市議会全員協議会(総合支所・地区市民センターの今後、仮称まちづくり協議会)他。
その前に、今から3ヶ所の3日間の草刈り袋詰めを約50袋。
作業中、声をかけてくれる方に感謝。

2017.07.15 Saturday

桑名市では如何に?

おはようございます。

昨日7/14(金)、犬山・小牧で記録的大雨。
1時間雨量120ミリ。
犬山市全域で一時、避難指示が発令された。

備えは必要だが、突発的な豪雨には対応しきれない。

先週の九州北部の豪雨・土砂災害や昨日の愛知・岐阜の氾濫した河川を見ていると桑名も他人事ではない。
市は災害対策本部を設置するが、いざ災害となると、臨機応変に何をするかで被害の軽減となる。
桑名市では如何に?

7/11(火)〜13(木)、地産地消・生産⇒加工⇒販売の六次産業を展開する団体からのお誘いを受け長野方面へ視察に。
産地直売所等を説明を受けながら数ヶ所訪問。
商品の展示方法・農産物を納品する方と栽培手法等をお聞きしながらの視察。

本日7/15(土)、このブログ書き込み後、木曽三川ゴミの会の定例清掃活動からスタート。

2017.07.11 Tuesday

雨に強い桑名に

おはようございます。

昨日7/10(月)8時から約3時間、桑名西部から多度方面まで局地的豪雨が襲った。
累計雨量167ミリ。

6時前に自宅を出て土日に作業した場所で草他の20個の袋詰め・子育て支援施設で園庭の土砂の移動や整地・我が家の空地の草刈り、1時間×3ケ所。
9時頃にポツポツ雨が降り始めたので切り上げ戻った。
携帯は電池切れをしていたので自宅にて充電中。

多度山が見えれば、大きな天気の崩れはないと教わっていた。
少なくとも作業中、多度山は時折姿を見せ、西の方角も黒い雲が覆った状態ではなかった。

帰宅し、9時半頃に市役所へ連絡して局地的な大雨を知った。
時折、連絡をいただく在良方面の方へ連絡したところ、床下浸水は免れたが、道路冠水・駐車場の車の車内へ水が入ったとお聞きした。

市役所で所要を済ませ正午前に在良・額田方面へ向かい、3月末に額田に完成した新設遊水地は、1/4程度は冠水しており一定の機能をしたようだった。

但し、様々な情報を総括すると周辺の湧水池は満水の状態でなかった場所もあり、保水機能が十分に果たせなかったようで、もう少し調査の必要がある。

午後、もう一度向かい、路上で清掃中の市民の方に声をかけ、何回も冠水に襲われ、車を移動・外部の温水器の故障・床下浸水他、苦悩の想いをお聞きした。

「雨に強い桑名」にしたいと思う。

国政の加計学園獣医学部新設問題。
与党は東京都議会選挙の惨敗を受け、閉会中審査が行われた。
官邸や内閣府でのキーマンが欠席したり、何かチグハグ。

22名の死亡が確認された九州北部を襲った豪雨。
防衛省の政務三役(大臣・副大臣・政務官)省内不在の状態が1時間半程度あったと報道された。
現場で危険と立ち向かい作業する隊員の指揮にかかわる。
呆れるしかない。

桑名では如何に。

2017.07.06 Thursday

恨みの雨

おはようございます。

現在、3時のNHKニュースを視聴しながらブログ書き込み。
福岡・大分では大雨特別警報。
テレビを流れる気象レーダーの2県の雲は半分が大雨を示す赤や黄色。
連絡が取れない方が数名。

この数日の雨。
空梅雨で恵みの雨となった地域、恨みの雨となった地域と分かれています。
これ以上、災害が拡大しないように願います。

7/3(月)、6月議会最終日。
施設使用料改定議案関係。
1年後の予約が可能な市民会館で来年4月1日からの適用は「行政の道義的責任が果たせない」「法(条例)の不利益不遡及の原則に反する」として、既に予約された方は施行日(7/3)まで適用除外する修正案を提出。
1年後の使用許可が可能な数施設は適用除外されており、行政として2つの方針にも疑問があった。

個別では、賛意や少なくとも問題ありとして疑問を呈する方もいたのですが、結果的に賛成少数で修正案は否決。
これも地方行政の有り様でしょう。

昨日7/5(水)、議会改革推進特別委員会。
協議事項は、正副議長・委員会2年制。
委員会2年制は、決算に対する事業評価を2年間監視し予算に反映させるとして概ね合意に達したが、正副議長2年制は意見が分かれ再度協議することに。

本日7/6(木)、連絡をいただいた案件の整理他。
その前にしばらくしてから我が家の畑?(空地)の草刈り他。

2017.07.03 Monday

体力勝負、市民感覚

おはようございます。

外は晴れ。
昨日7/2(日)、午前中草刈りほか5時間の体力勝負の作業。
暑さで後半はバテました。

一部の地域を除き空梅雨と思いきや、東シナ海に発生した台風3号が明日の午前中にも九州に地方に上陸し本州を東へ進むようです。
恵みの雨か?梅雨前線も連動し災害が発生し恨みの雨となるのか?
適度な雨量であってほしいと願います。

さて、本日7/3(月)、6月議会最終日。
1日のブログに記載しましたが、市民会館使用料関連に議案に会派で修正案を提出しました。

1年後の4月から6月に至るまで仮とはいえネットから予約をしている市民の方らは、突然の値上げの連絡に「聞いていない!」と市民感覚なら感じるでしょう。
現実的に感じないのが少数派。

これを公布日までは従前の例の使用料とする修正案の内容。

午前中、会派で各会派に説明に回ります。
採決結果はいかに。

2017.07.02 Sunday

虫食い、バキッ、うまいか?まずいか?、生一粒甘い

おはようございます。

昨日7/1、早朝「長島中部すくすく農園」トウロコシの収穫を急遽1週間前倒し」と連絡を受け向かう。

草刈りを始めたばかりで姿は畑作業と同じだったのも好都合だった。
収穫作業を始めから30分ほど経過したところに着。

40名ほどの参加者の前で皮をむき、虫食いのところからバキッと折り、子ども達に白い2センチほどの虫を見せる。
「これは農薬を使っていないから虫がつく。虫が食べるトウモロコシはうまいのか?まずいのか?」には「うまい」。

この言葉を聞き一粒ほぐし、目の前で(私)食べる。
これには子ども・保護者も驚きの雰囲気。

一人の男の子が手を差し出したので一粒乗せたところ口に。
第一声は「甘い」。

この声を聞き、15名ほどが順番に手を差し出す。
保護者も数名。

収穫するだけでは意味がない。
様々な体験をさせることが必要。

終了後、草刈りの現場に戻り2時間作業。


午後から会派3名で多度公民館での「小中一貫シンポジウム」へ参加。
聞きなれたメリットの内容の話が淡々と進む。

質疑に4名の方が挙手された。
3番目の方、「県立某高校で18年前の整備の際には100億円。何でもカットの続く中、財政的に大丈夫なのか?」
ごもっともと思う。

大山田東小学校増築事業費約8億円(普通教室8・特別教室2程度)。
仮に多度で小中一貫校を整備した場合どうなるのか。

基本的に「普通教室3クラス×9学年+特別支援教室6、職員室・保健室・音楽室・美術室・家庭科室・体育館・校内整備費他、単純計算で60億円余の事業費となる。
これを計画の複合施設とした場合、60億円+αになることは間違いない。

内1/2が国庫補助金、残りを起債・借金で補填することになる。
これを9中学校区で既設利用が一部にあっても整備すれば巨額借金を生み出すことになる。
現実的な話。

夕刻から1時間半、午前中の草袋詰め。


本日7/2(日)、連絡をいただいた箇所の確認や作業の一日。

2017.07.01 Saturday

修正議案

おはようございます。

7時現在、外は曇り。
4時半現在では小雨だった。

関東から西は雲がかかり雨・曇り模様。

6/29(木)、移動途中にラジオから「東京の水瓶」といわれる利根川水系ダムの貯水率は例年の半分で、木曽川水系で農業用水を担う愛知用水は今日の午前0時から10%取水制限をすると聞こえてきた。
帰宅後、渇水期によく報道される「四国の水瓶」の早明浦ダムの貯水率も半分程度だった。

局地的豪雨により鹿子島他で土砂災害も発生しているところもあるが、全国的には空梅雨。

明日から天気は晴れ予報。
夏季の渇水が心配だ。

昨日まで会派打ち合わせ数回。
その内容は、市民会館条例議案(使用料改定)に修正議案を提出。

3月議会では使用料改定議案に対し30議案否決。
3ケ月後、周知期間ほか一定の是正がされ再提出されてきた。

市内公共施設の予約・許可方法に相違はあり1年後の許可等が出ている場合もある。

今回の議案は、基本的に来年4月から新料金へ移行しようとするものだが、現時点で来年の許可を出している場合には、その時点での料金とする施設もあれば、そうでない施設もある。
ここに行政の統一感、公正・公平性に欠ける部分がある。
その施設が市民会館(大・小ホ−ル、展示室)。

これを交付日まで適用を延伸させ、一定の是正を加える内容の修正案。
議員提出議案として最終日に審議・採決される。

本日7/1(土)、曇りを狙って草刈り。
午後から多度にて小中一貫シンポジウムを傍聴。
1/1