市野よしたかブログ

2017.08.21 Monday

タイムキーパー「残り5分」「残り1分」

おはようございます。

8/19(土)、多文化共生を考える議員の会結成10年を迎え県総合文化センターでフォーラム開催のため早朝から津へ。

県内6団体から事例発表、参加者150名
私の担当はタイムキーパー。
「残り5分」「残り1分」のボードを持ち演壇前に。

この10年間で自動車運転免許試試験外国語導入、学校教育法施行規則の一部改正が行われ日本語指導が必要な外国人児童生徒の教育課程の位置づけも明確になった。
外国人の雇用形態は派遣が多いが、介護職への正規就労もある。
子どもの貧困は親の貧困に大きく起因する。
課題は多い。

15時半に終了片付け後、地元へ急ぎ、子育て支援関係者の会合に。
45名の参加。
秋になっても様々な子ども向け地域行事が行われる。

8/20(日)、5年に1回の子ども議会。
市内小中の学校から選出された児童生徒が市政に対し質問というよりは政策提案他。
傍聴席は保護者・学校関係者で満席。
控室TVで中継を視聴。


本日8/21(月)から2日間、会派視察・勉強会で三重県庁・大紀町津波タワー他へ。

2017.08.18 Friday

コンバイン、そもそも

おはようございます。

長島では1週間前から水田の中を稲刈りのコンバインが走り、その後を追うシラサギ他の野鳥の群れの風景が見られます。

長島地区では地区社協が、町内18ケ所で夏休み期間中、3年前からラジオ体操を復活。
昨日までに11会場参加。
お盆前の8/10まで土日休みの会場が多いのですが、1ケ所は8/25最終、もう1ヶ所は8月末。
場所により参加人数も10〜70名、乳幼児から〜80台と年齢も様々。
ベビーカーに乗り、体操をまね様とする赤ちゃんの姿は微笑ましい。
保護者の話では、学校がある時期よりより子ども達は早起き。

会場で久しぶりにお会いするから「大きく〇くなりましたね。」「真っ黒ですな。」と声をかけていただくともある。
最後は、地区市民センターの窓口業務廃止や総合支所の業務縮小他の話になる。

説明会に参加していなくても、相当の市民の方は関心を持たれ不安をいだいていることがわかる。

7/29(土).30(日)長島地区3会場で行われた「総合支所・地区市民センターのあり方、(仮称)まちづくり協議会」説明会。
質問というよりは、サービス低下に厳しい意見、異論、反対、行政の決定事項を伝える説明会なのか!・・・・・とした意見が続出し、1時間半の予定が3会場とも2時間。
参加者から「市議会はどういった説明を受けたのか。」等と私に意見を求められたので2会場で発言。

,修發修盧までに行政が約束(書面・口頭・説明)したことや地域課題が解決・実行されておらず、サービス低下も著しい。
■横亜腺械闇先までのことはわからないが、地区市民センターは、現状の職員体制を(主に)正規から退職職員の再任用等、様々な雇用形態に変更しサービスは維持し、経費の削減をはかる。これで年間5千万円以上の場合により1億円近い削減が可能。まず、これをすべき。
K漂丗寮は抜本的に見直すというが、過去に長島ではなかったが、そもそもチョット大いなと感じる雨の排水でも問題が発生しているのに、今できないことが(整理・対応できない)総合支所を縮小しできるわけがない。
い海寮睫晴颪砲蓮公民館他の施設が来年3月末で閉館される話しが地区内に出回り、それだけを聞きたいだけの参加者もみえる。ここで閉館か?継続か?明確に回答すべき。
タΠは職務命令で来ているが、そもそも行政でも想定できる意見・質問に、何ら回答ができない今回の説明会のあり方そのものが問題である。

等に対し同意を示す意見や会場全体として賛意を示す雰囲気。
説明会後、多くの方と話をしたが、概ね同じ意見。

最近、市から市議会全員協議会で様々な計画に対する説明を受けても、想定される質問に何ら回答できないケースが目立つ。

考えること多々。

2017.08.15 Tuesday

戦後72年

おはようございます。

戦後72年。

10年程前の今日、長島中部小隣接の平和公園の碑に拝礼に行った際、高齢の方と孫と思われる一組とお会いした。

当方の勝手な思い込みかもしれないが、親族が戦争犠牲者で子どもがノートを持っていたので夏休みの自由研究に平和学習をテーマとしたのではないかと推測した。
碑まで来ると全体に水打ちされたような跡が見られ、振り返ると高齢の方は、ペットボトルを持っていられた。

今日のブログ書き込み前に、冷えた水のペットボトルを持ち5時半頃に家を出て6時に公園着。
小雨となり碑の前を清掃し、雨で濡れてはいるが水をかけたところ碑に染み込んでいく感じだった。

母の兄も飢餓島と言われたガダルカナル島で戦死。
戦地に赴く前、名古屋城内の設営地で面会したのが最後と母から聞いている。
この島は戦闘ばかりでなく、飢餓・マラリヤ等の疫病で多くの方が命を落としている。

私の今は亡き父は、16歳で少年兵として出征し山口方面で終戦。
帰路、荒廃した街並みを見て大工になったと聞いている。
最近、父と同年の方とお会いし、その方は朝鮮半島で終戦となり、帰国には半年かかったとお聞きした。

遺族も孫・ひ孫の時代になりつつある。
数日前から新聞・TVで数日前から終戦にちなんだ報道がされている。

今一度、平和のあり方を考える一日となればいいと願う。

2017.08.12 Saturday

北東から北北東に

おはようございます。

今年は、空梅雨で、曇り空が続き日照時間は短かったのですが、長島の水田では稲が実り黄金のベルト地帯のような風景です。
数日すれば稲刈りが始まり、8月末ほぼ終わります。
8/7(月)の夕刻から深夜にかけてのゆっくり時速25キロで進んだ台風5号の影響で稲が相当倒れている(発芽)のが心配です。

台風当日、夕刻より市民の方から連絡をいただいている場所の確認に。
長島の7ケ所(14基排水ポンプ)の主要4ケ所⇒多度香取ポンプ場⇒多度総合支所⇒山除川⇒さざれ川⇒大山田川⇒蓮花寺遊水池⇒在良地区市民センター⇒員弁・町屋川(河川敷までやや余裕あり)を回り22時帰宅。

台風の進路は、伊賀市から北東から北北東に進路を変え、琵琶湖東岸を北へ進みましたがそのまま進めば桑名直撃のコースでした。
翌朝のTVニュースでは、長浜の柿川の氾濫が流れていました。

コースを変え、鈴鹿・養老山系の西側を進み、台風の背後・左側に雨雲があったことが幸いしました。
そのまま進んでいれば、大山田・さざれ・弁天・嘉例川他の中小河川はいったいどうなっていたのか?と感じます。

コンビニで市民の方とお会いした時、「昨日の夜、学校の電気は点いていなかったな。」市民の方は、行政の動きをよく見ています。

翌日、8時半頃、桑名へ所用のためでかけ、町屋・員弁川を通りましたが、昨夜、下流域では確実に河川敷まで浸水していたのがわかりました。

避難準備・勧告・指示等のあり方・タイミングが問われます。

今日8/12(土)、長島中部地区すくすく農園スイカ収穫他。
今から畑の畔刈りに出かけます。

8/1(火)木曽三川ゴミの会定例清掃活動(参加者40名)
      子ども達との河川環境活動打ち合わせ
  5(土)伊曽島地区わくわく農園(参加者30名)
      長島FC.子ども達・保護者・指導者にて伊小グランド整備
      長島中部地区夏祭り   
  6(日)長島FC.子ども達・保護者・指導者にて北部小グランド整備
      桑名石取祭
  7(月)地元共同墓地・七日盆、委員会打ち合わせ
  9(水)市議会全員協議会、総務安全委員会
 10(木)第8回河川環境活動(主催:木曽三川ゴミの会)
      子ども11名参加・ボランティア他9名

2017.08.07 Monday

18ケ所、次ないぞ

おはようございます。

台風5号、午後9時〜12時桑名に接近の予報。
十分に備え、被害が最小限で過ぎ去ることを願います。

本日8/7(月)、地元の墓地では七日盆の風習があり参拝。
地元の住職により参加者約60名で午前7時から15分間読経。
この間は雨降らず。
前後15分間の大雨。
この後、市内各所・蓮花寺方面他へ向かい、小雨の時間をねらって子育て支援施設関係で雨どい(閉鎖的構造)他からの雨漏りの修理。
針金・手では届かないところに何か詰まり、それが原因。
散水用の長いホースを突っ込み水圧で10分間ほど飛ばす。
雨どい(縦)に耳をあてれば水の流れる音が相当すしたので一定の対策はできたようだ。

帰宅後、ブログ書き込み。

夏休みに入り平日は朝6時半ラジオ体操の会場へ向かっている。
長島地区社会福祉協議会では時代の変遷の中で消滅した夏休み期間中のラジオ体操を3年前に復活させた。
長島町内で「18ケ所」。
地区社協役員・民生委員・自治会長・同OB・ボランティアらで運営。
概ね8/10頃までだが、場所により8月末まで行うこともある。
市内中学校区で18ケ所もラジオ体操が行われていることを聞いたことはない。
昨年、子どもらに参加を促された。
その時の最後の言葉は、子どもが真面顔で「次ないぞ」。
周囲の大人は爆笑だった。
参加すれば市政の課題・要望・ご意見等を多々いただく。

本日の北勢5市の議員研修会は、台風で中止。
別のやるべきことを。
雨でしか確認できないこともある。
1/1