市野よしたかブログ

2017.09.29 Friday

100枚

おはようございます。

伊曽島漁協での海苔の種付け場を6時から訪問。
ここで種付けされた網は、漁協保冷庫に保管し10月に木曽三川河口の沖合に張られます。
20名ほどの方が作業され、国交省・伊勢大橋工事関係者他も現地を視察されていました。

今では、海苔スキ・乾燥も自動で行うが、50年前の小1.2の頃、天日干しで乾燥していたので、父の実家へ日曜日に手伝いに行くと500円(札)が小遣いにもらえました。
海苔の100枚の束を黒い札束・黒いダイヤと言われていたことを思い出します。

1枚の価格がそれほど上がらず、枚数をこなさなければならない海苔漁師の方も相当の設備投資をしなんければなりません。
但し、自然相手の部分が多く、近年遅咲きの台風が10月下旬に来襲する場合もあるので、網を外し再度保冷庫にいれる場合もあります。
7年前にその現場を漁港で偶然見かけました。

26日(火)、津地方裁判所四日市支部で市民相談の案件の調査。
家族に対し障害者福祉に関して問い合わせのあった案件の確認と今後の対応について。
突然、裁判所から書面が届いた方は困惑されるが、内容を熟読し確認すれば、裁判所という法的機関がその人の人権・権利を守るため。

昨日28日(木)、衆院が開会直後に解散。
大義があるのか・・・・・?が脳裏をよぎる。
与党・野党も。

私は是々非々粛々と。

2017.09.27 Wednesday

3個のビンのお供え

おはようございます。

9月市議会は、決算特別委員会全体会28日(木)、最終日10/4(水)を残すところとなりました。
今日9/27(水)は、総務安全委員会委員長のため全体会での報告事項の打ち合わせ後、数十ページの会議録概要の熟読、議会だより原稿作成、長島中体育祭訪問他の1日。

昨日9/26(火)、伊勢湾台風から58年。
この時間帯の深夜3時半には、台風は過ぎ去り満点の星空だったと体験者からお聞きしています。

長島中部小の平和公園での慰霊祭ともう一か所での式典に出席。
前日、清掃のため平和公園を訪れた際、観音像に3個のビンに入った鶴がお供えしてあり碑の前は(どなたかが)掃き清められているのが印象的でした。
平和公園前の式典では報道関係1社の取材。

高潮のエネルギが集中した伊勢湾最深部の長島・桑名地区。
長嶋海岸の補強は本年度終了予定、城南海岸は数年前に着工したばかり。
早期の完成を願います。

本日の夕刻〜明日午前は雨の予報。
夏の定番作業は今週中に何とかなりそう。

5時に出かけた際、畑で農作業中の方を見つける。
20分後には十分な作業ができる明るさ。
6時には朝日昇る。

是々非々、粛々と。

2017.09.24 Sunday

道路上でご臨終、舞台は9月議会最終日へ

おはようございます。

ご案内をいただいた実践倫理宏正会朝の集いに参加後、ブログ書き込み。
県議らの出席7名。
帰宅途中、連絡をいただいた現地確認途中、市道上の大量飛散物(ゴミ)、ご臨終イタチを発見し、長島総合支所へ。
温かく硬直もしていなかったので半時間ほど前か?
合掌し袋へ丁寧に。

9/21(木)、総務安全委員会9月議会最終審議日。
地区市民センター・総合支所他の業務縮小・窓口業務廃止他、市民サービスの低下・機能転換を図る関連3議案。

7〜8月に実施した16回のオープン型地域説明会に副市長(調整担当)も出席しているので委員会への出席を求めた。

質問に対し、
・市民の理解は得られていない。
・地域一括交付金使途範囲も十分に決まっていない。(仮称)地域協議会に
 委ねる。(?市民・団体に理解が得られるのか?)
・図っていく・・・。・・理解を求める。・・・検討していく・・・。
とした答弁が続いた。

ちづくり協議会の結成に反対するものではない。
但し、協議会結成・継続的運営・後継者(不足)の育成がどれほど大変がわかっているのか?疑問に感じた。
大きくはないが団体の代表を数回経験。
机上の理論でなく、現場の理論でわかる。
団体代表を経験した方なら多くの方が同じ思いではないか。

結果的に採決の結果、「4対3」で可決。
舞台は9月議会最終本会議10/4(水)に。

先週の台風18号16(土).17(日)の雨でこの時期にやる事他が大幅に遅れている。
今日の1日は、その対応。
どこまでできるか?

2017.09.21 Thursday

大義

おはようございます。

晴れ、やや風あり、絶好の?日だが、6時すぎに起床し作業できず。
疲れか?昨夜の2時間の雨でややキガゆるんだか?
台風・雨・突発的な案件で全ての事が遅れ気味。

突発的な案件で事を収めるまで、アチコチに連絡したり走りまわったりして実数日間かかる場合もある。
課題を持つ方の法的な問題で弁護士他の法務関係者と面会しなければならない場合、同行を求められたり、来週も1件あり。
問題を整理して解決策を組み立てれば、何とかなる場合もあるが、その反対も。

国政は衆院解散で10/22(日)が投開票濃厚というより確定の雰囲気。
野党の思わぬ失態により一気に選挙ムードとなった。
党利党略が先行し勝てば官軍の雰囲気で大義があるのか?と考えたりもする。


市政、地区市民センター・総合支所の窓口業務縮小やそのあり方、地域一括交付金、仮称まちづくり協議会他の関連3議案。
本日9/21(木)、総務安全委員会で審議される。
私は、委員長なので賛否には加われない。
その結果を懸念され、問い合わせ等もある。
昨日も電話数件、偶然お会いした方からも聞かれた。


今から台風18号関係で連絡をいただいた場所の現地確認、その後、市役所へ。

2017.09.19 Tuesday

比重2.3、舞台は委員会へ

おはようございます。

昨日午前中、公共施設他の台風18号強風被害の連絡数件。
休日といえども被害の把握がされていない事が問題ではないかと考える。

お会いした市民の方から「長島北部地区で停電が発生していた。」とお聞きした。
豪雨ではなかったので排水機場に大きな影響はでなかったと思うが、下水道マンホールポンプには、何らかの影響がでていたことが想定できる。

幼稚園でのポール立柱の立ち合いを4時間ほど。
小規模の土木工事でああるが、コンクリート型枠の作り方、コンクリート比重は「2.3」で今回の基礎重量1,2t・・・・・他、道路・排水路・上下水道工事担当時代の記憶が思い出す。

子育て支援関係組立プールのボルト外し他。
11年ほどボルトを使用しているので、ねじ山の痛みや砂を館でいたりして手間取り約1時間。

本日9/19(火)、市議会の舞台は委員会へ。
地区市民センター・併設公民館・総合支所のあり方・窓口業務廃止他の関連3議案の審議は21日(木)の予定。
最終日は10/4(水)。

今から昨日の片づけを2時間ほど。
その後、市役所へ登庁。

2017.09.18 Monday

けん引ロープ・土のうで固定

おはようございます。

台風18号が過ぎ去りました。
桑名では雨台風ではなく、風台風といった感じでした。

午後8時過ぎ、風が最も強くなる前んい確認したい場所だけ見にいこうと出たところ、某学校プールサイドの日よけの屋根(5×3m)がひっくり返っているのを発見。

車庫に戻り車のけん引ロープで飛ばされないようにして、長島総合支所から運ばせた土のう5個で固定。
長島⇒多度⇒蓮花寺⇒町屋・員弁川を2時間半ほど巡り帰宅。
風は思ったほど強くなく(過去の経験では今回以上の経験多々)、国道23・大桑国道は何事もないように車は走っていました。通常より多かった印象。

蓮花寺の浸水多発地域では、自宅前から車はなく北勢線在良駅前の駐車場他へ一時避難していました。
今回の台風の予測できる雨の場合はまだ対応が可能ですが、突発的豪雨で留守の場合、どうしようもありません。

7時半現在で、市民から数ヶ所の連絡。
本日9/18(月)、この確認・長島幼ポール立柱立ち合い・子育て支援施設組立式プールボルト外し他。

2017.09.17 Sunday

400〜600t流入させれば浸水被害は免れた

おはようございます。

台風18号。
進路予報では桑名に最も接近するのは、本日9/17(日)深夜10時頃〜18日(月)2時頃。
予報の南寄りの進路の場合、相当の雨と強風になる。
十分な備えを。

私の今日の仕事のスタートは、強風に備え個人・後援会各6枚・計12枚可能な看板の確認。。

9/15(金)、市議会本会議場での質問。
2事項を割愛したが時間不足。

7/10午前7時半頃から3時間の豪雨による蓮花寺地区の浸水被害は当日正午頃の写真を使い厳しく指摘。

新設桑名福祉センターグランド調整池、 2600t。(1200)
         既存の南方調整池、15100t。(不明)
          〃 農住調整池、 4600T。(満水)下流
( )は、当日の貯水量、南方は1/4程度と思われ3池の流末は稗田川。

現地確認で浸水面積は、4千〜6千屬悩膿治苅哀札鵐繊
満水でない調整池へ400〜600t流入させ、10〜15センチ程度浸水を下げれば、道路は浸水しても車他への被害は免れたはず。

そもそも勤務時間中の豪雨であるのに、南方調整池の状況を把握せず、災害対策本部に相当の隠元がいながら、長年度々の浸水被害を受けている地域の詳細な現地確認に気づかないことが問題。
4年ほど南方調整池の周辺の坂道を登ろうした際、車のバンパーやタイヤハウスからフロントガラスへ水しぶき高速ワイパー、道路の表面排水が南方へ流入せず浸水域へ向かっていく。
こうした事案は現場の理論でしかわかならい。

質問2日後、台風18号に対応できる組織になっているのか。

昨日早朝から3時間気になっていた場所の草刈り。
通りがかりの方が声をけけてくれた。感謝。
その後、市内企業から「地域貢献を考えているが、何かありませんか?」と声をかけていただいていたので、「長島幼稚園が運動会で万国旗を張るのに低く苦慮している。」と伝えたところ、高さ7mアルミ製のポールを立柱していただくことになり、その基礎工事の立ち合い。

プラ製のコルゲートパイプΦ80cm(※仮設の排水切り回しに使う資材)1mを埋め込みコンクリートを打設し、作業後に本格的な雨になりシート他で養生。
基礎の重さは約1.2t。

夜は地元自治会の集会。
総合支所・市民センター・地域一括交付金他の質問多々。
3議案が上程されている。

4時半現在、雨無し、雲の切れ間に空も見える。
雨の予報だが、正午頃までは何とかなりそう。

午後2時から市指定無形文化財「八幡神社獅子舞」。
雨が心配だが、神がかり的にやまないか?
駐車場は、長島総合自動車学校。
時間のある方は、是非、お出かけください。

    

2017.09.14 Thursday

予定ですが、台風18号、桑名の106と46

おはようございます。

9月議会定例会が始まり本会議場での私の質問は「明日9/15(金)10:45」からの予定です。(場合により午後1時から)

時速15キロ、ママチャリ全速のノロノロスピードで台風18号が接近しています。
桑名に最も影響がでるのは、17日(土)午後〜18日(日)早朝の予報。
宮古島で1日の雨量500ミリで50年に一度の雨と報道。
風も強いが、どうやら雨台風のようだ。
過去の経験を踏まえ桑名でどれだけの対策ができるのか?
これ以上被災すれば「人災」との声も聞かれる。
雨に強い桑名にしたい。

9/3(日)伊曽島、10日(日)長島北部・中部地区の敬老会に出席。
桑名で100才以上の方は「46名」、最高齢は「106才」。
戦争・伊勢湾台風他を乗り越え、今の社会を築かれた方々の長寿にお祝いと感謝。

9/9(土)、伊曽島わくわく・長島中部すくすくのW農園。
早朝1時間半、伊曽島で作業しやすいように草刈り・サツマイモのツル切りをして集まり始めたころに中部へ移動し、草刈り・落花生の収穫を2時間半。
農道で落花生を根から外す作業は1時間半で1家族あたりバケツ一杯。
W農園の場合、自宅へ戻ると伊曽島のボランティアの方野菜を届けてくれている。
里芋・サツマイモ・ナス・ピーマン他が入った袋が玄関先に置かれていた。
農園で聞かれた声。
「上下水道の値上がりは全く知らなかった!」「総合支所・市民センターどうなるの!」
としたご意見多々。
真摯に受け止めか活動していきます。

3連休は外での作業は無理そう。
16日(土)までの早朝が勝負。
今から出かけます。

2017.09.12 Tuesday

東海豪雨から17年

おはようございます。

車の大きな音に目覚め。
自宅裏の国道223号線、トレーラーがバウンドした音?

昨日9/11(月)、H23年の東日本大震災から6年半。
S34年の伊勢湾台風後、東海地方に最大の被害をもたらしたH12年9月の東海豪雨から17年でもある。

当時、この時間帯(AM3時半)、長島町内を見回っていた。
11日の午後から車の走れないような雨が断続的に降り続き、12日に入り小康状態。
国道1号・23号他もいたるところで冠水し、長島の冠水した農道で迂回しようとした脱輪した車を発見し、車内にロープがあったったので引き揚げたり、11日の夕刻には、道路上でボラ・フナ・亀を見つけ水路に戻したり。

印象的なのは、長島の北部地区で冠水家屋の対応に向かった際の帰路、雨で全く見えない状態になり、数ヶ所の現場確認と対応に向かえと指示されても30分ほど足止めされたことだ。
「動けません」としか言えなかった。

これを経験した職員も現職では少数派になりつつある。
経験や普段の現場の状態を知ることが防災上の基礎基本。

雨に強い桑名にしたいと思う。

本日9/12(火)から9月議会定例会、本会議場での質問が15日(金)まで。
私の質問は、15日の最終質問者で午前か?午後か微妙。

2017.09.08 Friday

もう限界

おはようございます。

朝夕、めっきり涼しくなりました。
秋の到来を感じさせますが、作業すれば汗だく。

9月議会質問通告
1、防災体制
(1)7月10日豪雨
]_峪新設調整池(事業費7千万円)を整備したにも関わらず浸水被害発生。周辺住民は被害を受けた。車他を保険で修理するが等級も下がらず困惑。もう限界。
(2)台風5号、8月7日〜8日
‖臘纏圓ら北東から北北東に進路を大きく変えたことが幸いし、鈴鹿・養老山系の西側を通り積乱雲が三重に一部しかかからず大事に至らなかった。一方、進路となった長浜市姉川他で河川氾濫による浸水被害が多発。予想進路を進んでいれば、桑名市内さざれ川・弁天側・大山田川他で同様の被害発生の可能性は高い。当日の職員体制は万全か。

2、地域活性化・振興策
(1)小規模企業育成と地域振興策
‐規模企業の衰退(廃業他)は地域の衰退を招く。どのようにお考えか。

3、小中一貫教育
(1)課題等への対応
中1ギャップ・高1クライシス(ギャップ)・五月病(大学生・社会人)
|羈惺擦任龍飢蔽看だが中1ギャップの大きな要因と言われる。現行教育課程の中で、まず、その対策をすべき(小61組・2組とあった場合、国語を1組担任、算数を2組担任他)。そもそも人の中1ギャップが、人の発達段階で乗り越えなければならない壁ではないか。後ろに先送りするだけではないか。

⊂中一貫の場合、教育目標・目指す子ども像は、一つでなければならないと言われている。桑名市内では小学校は7中学校への分散進学他の問題が短期間で解決できない。解決できない場合も想定される。小中一貫としても学校教育目標・目指す子ども像は「生きる力」(基礎的学力や体力・人権感覚あるコミュニケーション・対応能力)が基本にあり、教員へも経営感覚が求められる。各学校が抱える課題も、本来全ての学校が共有しなければならないはず。とすれば教育目標は大きく変わらないはず。大きな財政負担を伴う施設一体型ではなく隣接・分離型で可能ではないか。

施設整備について、現在進行中の大山田東小増築工事(事業費8億円・基本は教室12室のみ)から判断すれば多度小中一貫学校整備には、校舎・体育館のみで60億円余が想定される。同規模の事例で施設整備の事業費は。そもそも60奥円の場合、30億円が借金で利子含め1億3全万円×30年間。これを市内9中学校区で可能なのか。莫大の借金計画ではないか。

他を質問予定。

本日9/8(金)、昨日の質問聴き取りを踏まえた原稿作成他。
その前に今から草刈り。
雨の後の草刈りは水分を含み刈りやすい。
1/2 >>