市野よしたかブログ

2017.10.26 Thursday

正すべきは正し反省すべきは反省する

おはようございます。

昨日10/25(水)、久しぶりに伊曽島朝市のテント張りに。
ご指摘をいただいた件の報告をする必要もあった。
小雨の中でも多くの方が買い物に。

その後、22日(日)の台風21号の対応関係の調査。
市からの報告(書面)と市民から連絡を受けた内容に大きな差異があった(感じた)。
結果的に大きな被害はなかったものの現場を確認したところ私としては「いかがなものか?」と感じる印象。

台風22号が接近している。
30日(月)深夜早朝3時頃、紀伊半島沖の太平洋上を東へ進む予報だが、最も北寄りの進路の場合には東海地方への影響や、前線による豪雨も心配される。

22日(日)、衆院選挙投開票もあったが避難所の開設の要員確保他、問題が発生。
対策本部はバタバタの状態だった。

正すべきは正し反省すべきは反省する。
こうした市政運営であることを願う。

本日26日(木)、30日(月)午後6時半から開催の第12回議会報告会の準備他。
私の担当会場は在良地区市民センター。
是非、ご参加ください。

2017.10.23 Monday

今年の流行語大賞「排除」「さらさらない」「踏み絵」

おはようございます。

与党連立政権で衆院2/3以上を獲得。
選挙は結果というが、そうでない部分も多い。
結果を真摯に受け止める必要がある。

小池党首の
 ・「排除」
 ・民進党議員を全員受け入れるつもりは「さらさらない」
 ・政策協定書に署名させる「踏み絵」
とした言葉や行為で自滅し、側近も落選。

環境大臣時代「クールビズ」が流行語大賞にノミネートされたことを記憶してる。
今年は、この3言葉がノミネートされるかみしれあいが、本人にとってはマイナスであり辞退されるかも。

筋を通した立憲民主党は、野党第一党に。
これを軸にして新たな野党再編がされる印象も。
過去の再編が実質失敗、民主党政権時代、国政運営は空振りの連発。
筋を通したなら最後までこの姿勢を貫く必要がある。

昨日22日(日)、台風21号。
深夜、員弁川が増水したが、市内には大きな被害はなかった様子。
但し、市内全域に道路冠水他が発生。

夜6時半頃、自治会長さんより
「学校を自主避難先とするので市民から問い合わせがあったら対応してほしいと連絡があったが電気もついていない。」

この電話から深夜まで数件の連絡・問い合わせが入ってきた。

最後の連絡は、度々浸水被害を受けている蓮花寺地区の方から
「道路冠水が見られるが通行止めの処置や誰も来ていない様子」

長島町内の避難所等の一巡中を切り上げ、市役所へ連絡し現地へ。
消防団の方が通行止め迂回路案内をされていた。
お聞きしたところ「今年になり3回目らしい」

7/10の豪雨を受け、9月議会で厳しく指摘した「新設調整池」は、2900tの貯留量に対し半分もなく、その上流に位置する南方調整池15900tも1/4程度で降雨にもよるが結果的十分な機能をはたしていなかった。

このブログ書き込み前に伊曽島小校区を一巡。
1/4の子どもが通る通学路が冠水状態他。

昨夜、伊曽島小の前の水田は100×300mエリアは一面「池」状態だった。
この影響で今まで冠水したことのない(記憶ではH12の東海豪雨時のみ)県道までが40m区間25センチ冠水していた。
水は引いたが、過去の経験から道路が見えるようになるまで3時間はかかる。

学校へ連絡したところ暴風警報が9時の段階で発令中の場合、休校の予定らしい。

防災を所管する総務安全委員会委員長なので、市内の被害報告を受けるのは今日か明日。

衆院選挙の投開票は確実・正確に行わなければならないが、そもそも台風が接近することはわかっていた。
行政組織の災害を含む有事や臨機応変的な対応の欠如を感じる。
考えること多々。

2017.10.22 Sunday

答えは現場に、長時間降雨

おはようございます。

台風21号。
市町村(職員)は衆院選の投開票事務は確実・正確に行わねばなりませんが、住民の安心安全を怠ることなくその職責を果たす必要があります。

お昼頃から明日の早朝まで時間10ミリ〜20ミリ程度の長時間の降雨予想。
市内各所の度々冠水する地域。
9月議会で厳しく指摘した直後にどれだけ対応できるか?
現場にしか答えはありません。

本日10/22(日)午前、松蔭新田が再懇祈念祭他。
江戸時代末期に長島温泉付近を老松新田として松干拓事業が行われたが風水害で頓挫。
明治20〜30年代、岐阜県海津の地主らが個人資本で開発し今の姿がある。

午後、博物館予定。
幕末に関する企画展が開催されている。

2017.10.17 Tuesday

遅咲き、筋論

おはようございます。

5時起床、時間5ミリ程度の雨。
バッテリー式の草刈り機なので何もできず。

この1週間の雨は、特産物ナバナにも影響しそうだ。
定植して約1ケ月。
一定の雨は必要だが、日照時間も少なく、時折朝初冬とも感じられる寒さで伸びが少ない。
10/15(日)に農家の方からこんな話をお聞きした。

遅咲きの台風21号も接近している。
田んぼが冠水すれば、大規模的に4〜5反程度の作付けをされている方は、人力で畝を直す必要がある。
高齢の生産者も多く作業は厳しい。

市政を司る某氏と防災・雨水排水対策の話をした際「桑名地区で冠水は多く何が問題か!」と叱責されるような言葉に耳を疑った。
「現場の事は何もしらない。」と感じるしかなかった。

10/22(日)投票の衆院選挙。
報道機関各社が様々な予想をしている。
情勢はどうであろうが、筋論、政争・・・様々な重いが見え隠れする。

2017.10.16 Monday

梯子

おはようございます。

昨日、雨、
今週1週間、雨模様。
小雨なら何とかなるが、外での作業は今の降り方では厳しい。

昨日10/15(日)、実践倫理宏会「朝起会」に参加後、午前中は家の片づけ外でバタバタ。
午後、なばなの里「青空市場」の餅つき、子ども虐待防止フォーラム(市民会館)、夕刻よりご案内をいただいた市政懇談会に出席。

10/14(土)、長島幼稚園の運動会。
前日の雨で園庭が不安だったが、夏休み前、日頃から整地用の(通称)トンボで中心に向かい渦巻き状にならすと真ん中が高くなりよくなっていくと言葉をかけ、資機材も調達させていただいた効果もあった。
水溜りもなく、天気予報も夕方まで曇りもなく6時半に開催決定。

早朝より万国旗他の準備に。
市内土木関係企業から地域貢献がしたいと話があり、閉園した長島北部幼の掲揚塔(高さ10m)を長島幼へ移設できないかと伝えたが、さすがにクレーンの手配等で手間がかかるため、1回使用したポール(高さ7.5m)を持っているのでこれでと申し出があり、9月中旬に設置していただいた。

フェンスに取りつけるポール2本もいただき前日に設置。
掲揚塔に職員による手作りの幼稚園旗の下(6.5m)の位置からからポールほか3方向(3.5m)へ向かい「梯子」に登り取りつけ他の作業を1時間半。

運動会前にテントの風による転倒の支援をさせていただいた明正幼も声をかけていただいていたので1時間ほど訪問し、長島幼へ戻り後半の1時間を見学し閉会式後、半時間、万国旗他の取り外し。

午後から連絡をいただいた場所の現地確認他。

本日10/16(月)、30日(月)開催の議会だよりの資料作成他。





幼稚園職員から

2017.10.10 Tuesday

90張り市内最多

おはようございます。

10/8(日)、第54回長島町体育大会。
自治会のテント当番なので7時に会場へ向かう。
200mトラックの周囲を自治会テント83張りと本部席7張り計90張り。
市内1会場でのテント数最多イベントに違いない。

午後から1番目の競技、15チーム×40名=600名参加の地区対抗綱引き大会。
競技中、テントから人が減った感じもしないので3千名(長島町内1/6)の参加者と思われる。
お昼の休憩中、「あの家のおじいさん最近見かけないけど元気か?・・・・・施設にでも入ったか?」
こうした話があちこちで聞かれる。
見守りや災害時の対応等、このイベントには大きな意味がある。

開会式・ラジオ体操後、ご案内をいただいた綾成幼稚園運動会へ。
市内の子育て支援施設で園庭等の整備で処分のしようがない土砂を土のうにしてロープを付けテント風対策で運ばせていただいた。
狭い園庭でどういった工夫をして運営するのか見てみたかった。
同じような条件の保育所でも見させていただいたが、どちらもなるほど・・・といった感じ。

10/9(月)、長島中部地区すくすく農園での稲刈り、里芋・サツマイモの収穫。
午前中2時間、畔の草刈りとサツマイモのツル切り延長150m。
午後1時スタート、早く来られたお父さんに一輪車でツルを運んでいただく。
その量、軽トラ山積み2台。
20家族・ボランティア参加者50名。

畔刈り中に見つけた御臨終の「蛇」を子ども達に見せる。
田んぼのカエルを狙う途中に自動車に踏まれ田んぼまで来て息絶えた感じ・・・とした解説付き。
こうした話を子ども達に聞かせるのも意味がある。

本日10/10(火)から衆院選挙。
政治家の忖度や原理原則主義も通す筋論家も見え隠れする。
10/22(日)、深夜の結果も気になる中、今日は北朝鮮の記念日で各国が警戒している。
選挙も大事だが国の安全保障の問題も重要。

今から自宅畑の草刈り、その後、明日からの会派視察の準備他。

2017.10.08 Sunday

英断

おはようございます。

昨日10/7(土)、長島中部保育所での運動会。
雨天時、遊戯室(広い)で実施のため基本的に延期はない。

7時半頃まで小雨の降る中、外での実施を決定。
排水溝もまったく無いに近い状態で、雨天後の外での保育に支障もある見るに絶えず周りを削り真ん中を高く園庭全体を低い野球のマウンドのようにしてきた。
基本的に子どもが演技する場所に水溜りはなく、ある程度整備すれば外でも可能な状態。
砂巻き・観客席部分に残る水溜りの排水他を職員・ボランティア保護者とともに約1時間。

遅れることもなく予定通り9時からスタートで12時終了で。
時折、小雨がパラパラしたが傘も不要の状態だった。
外での決定は関係者の英断だった。

片付けも終了後、なばなの里「青空市場」での餅つき会場へ。
テント内で買い物すればレシートにスタンプして餅を試食することができる。
私はつき手で半時間。

本日10/8(日)、第54回長島町体育大会、担当者として8年間を含め12年間、運営する側として関わってきた。
途中、1時間半ほど会場を離れ、桑名地区の幼稚園運動会へ向かう予定。

今から自宅畑の草取り後、7時から自治会テント当番。

2017.10.06 Friday

結果的に「16対7」

おはようございます。

10/4(水)、9月議会定例会最終日。
総合支所の地区市民センター化・業務縮小、地区市民センターでの窓口業務廃止、市民センター・公民館のまちづくり拠点として名称変更の関連3議案。

所管する総務安全委員会では、副市長に出席を求め審査。
「市民に理解を得られていない。」「全体像・具体的な対応・体制はできていない。」とした答弁が続く中、「4対3」で3議案を可決。

本会議場での採決は、私は(仮称)まちづくり協議会結成は賛意だが、「そもそも論」から「市民が理解・納得をしていない段階」「今でもできないことが新体制の案も示さずできるわけがない(特に日々の雨水排水を含む防災体制)」「地域課題の把握も不十分」等から「否決」の意思表示をしたが、結果的に「16対7」で可決された。
今後、この結果や未解決課題等をどうしていくのか事業推進の行く末を注視していきたい。

昨日10/5(木)、広報広聴委員会業務の一日。
議会だよりの原稿紙面、新聞サイズ2枚の3/4の原稿作成。

先週の土曜日から市内小学校では運動会が始まっている。
10/7(土)も市内各所で行われるが、本日午後から雨模様。
水ハケがよいところは、明日の7時の段階で曇りや晴れに転じ半時間〜1時間時間を遅らせれば可能だろうが、天気予報は微妙。
保育園にいたっては、給食関係ほか影響も多いことから本日中に可否を決定すると聞いている。

今からすくすく農園での草刈り作業。
あっちこっちへ行っていたので気をぬいていた。
午後から広報広聴委員会。

2017.10.02 Monday

運動会、場所取りの列200名

おはようございます。

9/30(土)、長島地区内の小学校3校運動会。
前日16;00、長島中部小サッカーゴールの最後の作業に行った際、場所取りのため約200名の保護者の列。
先頭の方は12:00頃から並ばれている。
17:00からトラックサークルには場所をとれない方は、後方の思い思いの場所にレジャーシートにピンを打ち確保される。

学校教育あり方検討委員会では、9中学校区で施設一体型の整備を目指すべき答申を提出。
日々の学校活動を見て知る機会の多い私には、長島中学校区で長島北部・伊曽島小の児童は長島中に隣接する長島中部小へ統合し小中一貫を目指すべき内容が、この場面から判断しても現実的ではない印象を受ける。

そもそも長島北部小・伊曽島小も100名を割り、複式学級が発生する地域でもなく、防災拠点でもあり、無理に統合しても誰がその後を管理するのか疑問。
1校で草刈りだけで年間100万円以上の経費が必要。
小中連携型の一貫校を目指せばよい。

10/1(日)、伊曽島神社秋の例大祭に伶人兼来賓として出席。
想えば伶人は、S58年(1983)の秋から。
34年間、氏神様にご奉仕をさせていただいたことになる。

午後は、子育て支援施設周辺での草刈り。

夕刻からご案内をいただいた地区ボランティア関係者30名が集まる会合に出席。

この日は朝から夜まで、総合支所・地区市民センターのあり方の関連3議案の話。
市民は注目していることを実感。

今から草刈り1時間半。
その後、市役所へ。
1/1