市政レポート

2008/01/21 月

市政レポートNO.3 桑名市の財政

桑名市の財政について、会派通信NO.2や市政レポートNO.1で報告をしましたが、わかりやすくするために「市政レポートNO.3」を発信します。


市町村の財政を示す数値に次ぎの3つがあります。
 〆眄力指数    H18年度桑名 0.856
   「1」に近いほど財政にゆとりがあります。
   北勢4市(いなべ、四日市、鈴鹿、亀山)は、工業団地等の
   進出等によりほぼ「1」。
   桑名のこの数値は、全国的には、こんなところといったところ。

 経常収支比率   H18年度桑名 94.8
   義務的経費の占める割合。
   「90」を越えると黄色信号が点滅。 
       ★桑名は点滅中。
       ★簡単に言えば、家計に余裕がない。  

 8債費比率    H18年度桑名 10.3
 桑名のこの数値は、こんなところといったところ。
   ★違う見方をすれば、財政に余裕がないから、
           これ以上増やすことはできない★
 
北勢5市
     財政力指数 経常収支比率 公債費比率
 桑名  0.856  94.8  10.3
 いなべ 0.933  86.5  10.8
 四日市 0.966  85.2  17.3
 鈴鹿  1.026  80.0  13.8
 亀山  1.018  80.4  14.1
  ※経常収支比率は、県内14市中、 13位 ★(下から2番目)
             29市町中、26位 ★(下から4番目)

桑名市の借金(起債)
 桑名市の借金は、どれくらいあるのだろう?
 市民の方なら、誰でも疑問に感じるはずです。
  
 平成18年度 起債残高  
  市債・病院・ガス・水道の合計 579億
  これに土地開発公社を加算   102億(内駅西事業約45億)
     合計          681億/14万人=約48万円

 この48万円は、多いか少ないかは微妙なところ。
 国の景気対策に合わせて、全国的に借金までして
 公共事業を推進した経緯もあるため全国的には似たような状況です。

★改革のための現実的な話
  々垪眄改革を行うには、現実・実務的に実行可能な改革を実行
  効果的な質の行革を目指した職員減他  
    ※県の行う職務遂行能力不足職員特別研修の実施 他
    (この制度は研修後、自主退職を促し、場合により免職がある。)
  ○○改革、○○プランのスピード実行
    ※トヨタ方式と言われるが、スピードはどうか・・?
  け慇昌業が「一息・ある程度ゴールが見えるまで」
   安心・安全・生活弱者への配慮・福祉・教育等を除き、事業の見直し。
      ※駅西事業は★「建築規制」をかけていることから、
        今の段階で事業縮小を打ち出せば、
        訴訟の対象となる可能性もあるのでは?

★1年生議員のつぶやき★
 ★「組織が大きい分、改革の意志形成に時間がかかりすぎる。」
  「これが改革にブレーキをかけている。」
     これが、議員となって1年間で一番感じた私の感想です。

    「変えるべきところは変える。」
    「守るべきところは守る。」
    「攻めるべきところは攻める。」

 メリハリのある行財政改革・まちづくりが求められると感じます。
これが、私達の★「未来・将来への責任」★となるのだろう。
1/1