原稿作成中

昨日11/20。
ちょうど1年前の午前中は、自宅から近い掲示板のポスターを外し、午後は当選証書受け取り、新人のメンバーと初めて懇談した。
本年は、会派室で会派通信の原稿作成。
9月議会終了後、すぐに発行と考えていたのですが、12/6が私達の任期の開始であり、それに合わせて発行することになり。
(少しはこのことをサボっていたこともありますが。)
細かく書けばキリがなく読んでいただけない、ザクッと書けば内容が乏しく。
迷うところです。
昼に長島の方から電話があり、昼食の途中、相談に立ち寄る。
話の内容は、etc。
会派室に戻り、あちこちに電話する。
可能性があったりなかったり、様々。
会派室で原稿を作成していたら、財政関係について数値がわからなくなり、財政課に指導をあおぐ。
夜は数名の方とまつづくりについて懇談。
11/19(月)の夜は、警察から委嘱を受けた少年警察協助員3名の方と市内パトロール。
当選後、パトロールのお誘いを受け2ヶ月に1回は参加している。
このメンバーの方は、昼間にも青少年・ゴミ不法投棄対策で、更に、月3回はパトロールをされている。有言実行の方はやはり違う。
今回は防犯灯の球切れも約1・5時間の間に実施。
寒かった~。

Follow me!

原稿作成中” に対して1件のコメントがあります。

  1. tokumekibou より:

    提案があります。市役所のトイレの電源を感応式にしてください。ISOでいつも電気がついてないけど、どこにスイッチがあるのか分かりません。コンビニのトイレはみんなこのタイプです。小さい子供はスイッチに手が届かないです。電気も節約できる。どうかな?

  2. 職員の人件費は高すぎる! より:

     同じ会派の議員のブログを読みましたが、以前市政レポートに書かれていました桑名市の経常収支比率の高さが話題にあがっていました。
     閲覧者のコメントも読みましたが、まったくそのとおりだと思います。
     今の桑名市には無駄なお金を少しでも節約しようという考えはないのでしょうか?
     義務的経費のうち少なくとも人件費はかなり節約できると思うのですが・・・合併して旧桑名にいた仕事ができない職員が多度や長島に大量におくられ、その結果旧町の住民からかなり不満の声があがっています。
     行政メセナをうまく実施して残業費を削減してみては?
     桑名市はこのまま第二の夕張市になってしまうのでしょうか?
     

  3. 職員の人件費は高すぎる様 より:

    コメントありがとうございました。
    合併前から桑名の経常収支比率は、多度・長島と比較し高すぎる状況でした。
    旧桑名は合併前に90.0を示している状況で、合併前に根本的な改革を実行しなければならない状況でした。
    しかし、これは市と町による交付税の仕組みにもよります。※町村が優遇されていた。
    多度・長島も合併せず、税源移譲・交付税と補助金の仕組み、いわゆる三位一体改革が進めば、厳しい状況になったと思われます。
    さて、人件費の件ですが、削減は可能です。
    県においては全国的に「職務遂行能力不足職員の特別研修・1年後向上がなければ自主退職を促す・分限免職」が実施されています。
    議会においてこの制度導入の発言をしていますが、検討・勉強するの回答です。
    職員出身の議員の発言であり、「内部告発」×「賛美」の両方があります。
    確実にこの制度を利用すれば、??人、二桁台の退職者が発生すると考えます。
    職員の意識改革の向上にもなります。
    今後、議会で言い続けます。
    行政メセナですが、私の持論は行政が市民・企業の皆さんに対して、ボランティ活動の促進・推進を指導するのであれば、まず、行政自らが実施することです。
    仮に、
    市役所の管理職が、落ち葉の季節の頃、30分早く出勤し清掃をしていたら? 
    地域のイベントに役所の職員がボランティアで参加をしていたら?
    一歩・・ですが、市民・企業の皆さんの行政に対する意識も変化をするでしょう。
    職員の意識改革の足がかかりになるでしょう。
    意識改革が始まれば、残業代の削減へとつながると感じます。
    桑名市は第2の夕張か?
    可能性は否定できませんが、そうならないためにも「市民・団体・議会の目・監視」が必要です。
    今後もよろしくお願いします。    市野

  4. tokumeikibou 様 より:

    ご提案ありがとうございました。
    関係課へは、その旨伝え、今後の動向を見守ります。
    社会的弱者の方への配慮は、行政自らがが実施することが必要です。
    今後ともよろしくお願いします。   市野

この投稿はコメントできません。