長良川河口堰アユ遡上最高を記録、市政レポートNO.5

本日5/9(金)の中日新聞に長良川アユ遡上最高を記録
  「今シーズン既に167万匹」
が掲載をされていました。
前回のブログで4連休に私が魚道観察室に行ったことを掲載をしましたが、まだしばらくアユ遡上の様子が見れそうです。
河口堰の賛成・反対にかかわらず、この週末等には河口堰の資料館「アクアプラザながら」隣接する「魚道観察室」へお出かけいただきたいと思います。
遡上するアユは、潮・天候により見れるかどうかわかりませんが。
さて、先週5/2(金)の夜のことですが、私の後援会役員会を開催し、15名ほどの役員さんお集まりをいただきました。
選挙の有無にかかわらず、この時期に役員会を開催し、後援会の事業・会計報告の他、市政・当初予算・私の活動等について私が40分ほど報告し、20分ほど質疑応答をします。
後援会役員会は、ある意味では「私の活動審査機関」の意味があります。
質疑では、桑名駅西開発・桑名の雨水排水対策・多度小学校再編・財政問題他にも及びます。
役員会は1時間ほどで終了しましたが、今後の課題・宿題もいただきましたので、取り組んでいきます。
明日5/10(土)は、子供達とスポーツ大会(ミニ運動会)、長島FC総会他
    11(日)は、市内のイベント他に出没します。
来週は「1泊2日」×2回の会派研修個人的な研修視察です。
  (政策研究、火葬場他の研修・視察です。)
 ★市政レポートNO.5を更新しましたので、ご覧下さい。
   コメントもお寄せください。

Follow me!

長良川河口堰アユ遡上最高を記録、市政レポートNO.5” に対して1件のコメントがあります。

  1. tokumeikibou より:

    質疑の内容は公表しにくのですか?中身が、私たちには重要です。

  2. tokumeikibou様 より:

    質疑の内容ですが、現段階で好評は控えたほうがよいと考えます。
    いろいろな考えがあり、どれを選択するのか難しいものと考えます。
    行政・学校・地域の関係者の中で議論をされている段階で、その方へも失礼にあたると考えます。
    緊急の課題でありますので、9月頃までに方向性が市側から出なければ、議会でガンガン質問します。
    私の意見市政レポートの要約は、
     多度北 統合再編しない
     多度中 このまま残し可能であれば小山開発の人口抑制他
     多度東・西・南 多度南への再編検討
    小山の学校は基本的に建設せず、別の有効的利用の検討です。
              市 野
      

  3. tokumeikibou より:

    市民への意見を求めることはないのでしょうか?多様な意見や考え方があるのは、当然であって、それぞれが皆真剣に考慮されてることだと思いますが、何せ地元にほとんど何も知らされてないことが、腹立たしく感じます。一般大衆に何もすべてを開示してほしいとは言っているつもりはありません。ただ、考え方の方向性ぐらいは公表してほしいと思っています。最終的には地元民が結局大きな影響を受ける訳ですから。私たちにも発言の機会がほしいと思います。

  4. toumeikibou 様 より:

    質疑というより私が受けた事務局の説明内容からの私見というのが正確かも知れません。
    いずれにせよ教育長も交代し方向性を再確認する必要もあります。
    桑名市において、今までの各種計画に意見を求めても意外と少なかった事実もあります。
    私見掲載後ある方から「現実的」との意見をいただきました。
    半永久的に複式解消のために臨時的任用講師を派遣することを現実的ではありません。
    桑名市の問題で財政等の問題もありますが、現実的に多度地域のデリケートな問題です。
    多度地域審議会、多度自治会連合会、PTA・学校等の連絡会において意見集約をすることが重要です。
    内容については公表できると判断をした時期にはコメントをさせていただきます。
                市野
                

この投稿はコメントできません。