まちなかを歩く他

★5/18(日)午前
中心市街地活性化協議会による「第1回まちなかを歩く日」に参加。
参加者は約20名。
桑名駅前に集合し八間通・寺町・赤須賀・住吉周辺他を歩き、活性化に関する意見交換・アンケート等の提出をするイベント。
駅前→寺町三八市→博物館(約1時間半)で次のイベントへ向かうため途中で失礼をさせていただく。
☆感じたこと
ゆっくり歩けば普段見えないものが見えてくる。
博物館にも約20名の来館者。年数回行くがこんなに多いのは初めて。
「また来てみたいまち桑名」にするには、誘客・集客に対する工夫や空き店舗等課題が多い。
後日提出のアンケートには、感じたことをレポートにして提出したい。
途中失礼し「輪中の郷・輪中ドームでの春のイベント会場」へ。
このイベントは定着し駐車場が不足する状況。
知人のフリーマーケットに参加された方も昼にはほぼ完売。
団体の出店の売れ行き状況もマズマズのようだ。
駐車場には、三重のほかに愛知・岐阜ナンバーの車が目立つ。
潮が良かったこともあり木曽川での潮干狩りもイベントへの集客に影響がしているようだ。
その後、輪中図書館、なばなの里・青空市場他へ。
            

Follow me!