中日新聞から 他

本日5/20(火)
中日新聞に日曜日の輪中の郷・ドームでのイベント記事では来訪者1万2千人。
こういったイベントはよく水増し(?)して観客人数が発表さるが、駐車場が満車に近く、木曽川での潮干狩りから流れた来客者等のことも入れれば、この1万2千人は実数に近いと感じる。
当日、駐車場で2列ナンバーを見たが、会場に近い1列は三重県NOが多く(関係者・朝からきた市内の方?)、離れた場所の1列は約半数が愛知・岐阜県NOであった。
愛知・岐阜・三重の県境に接している場所での開催であり、イベントも10年以上していることから、近隣県に定着化したのであろう。
フリーマーケット50組も5/7に電話受付をしたが短時間で50組に達した。
ドーム内の会場をうまく整理するば(+)30組は受付できそうなので、今回のイベントの反省点としてほしい。
さて、本日午前、総務政策委員会。
協議事項もありましたが、財政当局から各会計を連結した場合の10年間の数値等の報告。
予想したとおり、ここ数年が起債(借金)のピークを迎える。
一方、公債費(借金返済)は増加傾向。
ここ数年が財政健全化の勝負どころであろう。
もう少し自分なりに分析して、6月?、9月決算議会で質問予定。

Follow me!