障害者支援

★昨日5/19(月)
障がい者支援に関する原稿作成や2団体の総会へ出席し説明と日曜に参加した「まちなかを歩く日アンケート」作成で1日を終える。
夕刻思わぬ電話をいただく。
代表他に携帯がつながらないため某新聞社より私に電話。
これも障がい者支援の用件で記事内容の確認。
夜は定例の少年警察協助員の方とのパトロール。
雨であるが、自転車+傘+無灯の下校途中の高校生?数名に声かけをしたり、やることはいろいろある。約1時間半で終了。
帰宅中、雨足が強くなり排水路の水位が気になり、数箇所の排水路を巡視。
水位も高くなく排水ポンプ場も稼動中。
中心市街地活性化アンケート作成中、長島で開催された20年ほど前の講演での言葉を思い出す。
「長島とかけて大好きな1着の洋服ととく。また着て(来て)みたい。」
1時間半の講演の結びをこの言葉で締められた。
「また来てみたいまち桑名」
まちにこんな雰囲気を作ることが必要だろう。
点を線で結ぶ・PR・集客と誘客の関係・景観等課題は多い。
アンケートには、その他等の事項を1枚のレポートにして提出した。
本日5/20は、午前:総務政策委員会、午後:以前からの案件を数件。

Follow me!