県立特別支援学校を桑員地区へ

昨日、NPO木曽三川ゴミの会から、7/15の河川清掃活動の報告書(写真付)を届けていただいた。
代表は、関係機関への要請、報告書は別の方が作成する等、役割分担がされ活動をしている。
7/15の活動は第98回。
8月は1・13日(15→13日に変更)で、13日は第100回となることから、関係機関への参加要請をする計画とのこと。
報道関係の方、是非、取材をお願いします。
★本日の新聞
 「桑員地区の県立特別支援学校の早期設置の陳情活動の記事」
新聞報道では、県教委は11年度に桑名高校・空教室を使用して設置する計画であったが、
「根本的な対策につながらず、とても納得できるものではない。」
との保護者側の意見である。
先般、施設を会派4名で視察し、保護者側の意見には十分納得。
財政的な諸問題も多いが、保護者側の意見を尊重することが必要だ。
11年度まで、まてる状況でもない。
3年後、本気か?????????
以前、長島中PTA会長・長島地区PTA高校進路対策委員をしていた時代に、桑員地区の県立高校進路対策・定数の維持拡大を地元県議・県教委へしていた。
障がいを持つお子さんをお持ちの保護者・家族のみの問題としてではなく、PTAの進路対策等の活動の中で、桑員地区の県立特別支援学校の早期設置の活動を広げていく必要もあると感じる。

Follow me!