桑名市の決算

おはようございます
昨日8/12(火)、総務政策委員会で多治見市へ視察。
  目的「財政公表・指標・行財政改革他」
・市民向けわかりやすい決算書等の発行
・情報公開
・市の基金の蓄えの増
   ※驚いたことに災害時の基金15億円がある。
    私が桑名市議会の一般質問で同じような質問をしている。
    私の場合は財政調整基金の中に組み込んでいるが。
・財政力指数がそれほど高くないにも関わらず基金残高が数値が高い他
・聖域なき補助金の1割カット
   ※これには個人的に賛成をしかねる。
    生活弱者支援団体、教育・福祉団体への影響が大にならないか?
・名古屋からの廃棄物処分「愛岐処分場」へ500円/tの課税
   ※今は法の改正により廃止をされたが、課税期間の財政への
    プラスの影響は大きかっただろう。
昨年の桑名市決算特別委員会で決算書以外の資料の無さに苦言を呈した。
情報公開が直接的に財政健全につながるとは思わない。
むしろ、行政側の財政に対する危機感・職員の意識の高さ
    議員側の適切な審査・提言とそれに対する行政側の実行
                           であろう。
それを市民の皆さんへ公開する行政側の前向きな姿勢が必要ではないか。
9月議会は平成19年度桑名市の決算審査が行われます。
決算書はまだ配布・公開をされていませんが、頭の中でおおむねイメージは出来上がっています。
9月議会までにしっかり質問を精査・整理します。

Follow me!