学校訪問・会派原稿聞き取り

おはようございます。只今の時刻は、AM7:25です。
◎12/12(金)午前
案件を済ませ、学校2校を訪問
建物の古さ・新しさの違いも感じるが、設備内容の違いに愕然。
2時間で2校を訪問し、その差がはっきりわかる。
別々の日に訪問すれば、その差もこれほど感じないだろうが。
桑名市は、最近の朝日新聞の報道でH22年度中に小中学校の校舎・体育館の耐震化を終了する計画を明確にした。
これは、三重県でもトップ水準で評価したい。
その後のハード面での教育環境の整備方針は?
例えば、教育環境整備のため、夏休み期間の学力向上を目指した学校内補習授業のため、図書室・パソコンルームのいずれかに空調を整備する計画を立案しないか。
 ※上記の質問をします。
  教職員はよくやっていると思う。
  校舎の古さで教育内容が変わるわけではないが、環境整備による
  支援策が必要と感じる。
     ↓
途中、市役所から数件電話。市役所へ戻り意見交換。
(午後) ↓
会派内の原稿チェック。4人の原稿で3時間。
想定される答弁。
再質問は、どのように展開をしていくか・・・・。
     ↓
原稿チェックを受けて会派室で修正他
 ※21:00頃、複数の職員と出会う。
  Q:市野議員は、質問の前になると、いつも会派室に
    この時間帯にみえますね。
  A:職員も答弁を遅くまで作るなら、こちらも根拠があり
   内容ある質問を作成するのが、我々の役目。 
   自宅へ持ち帰っても資料も多いし、
   会派室でこもるほうが作業がしやすい。
     ↓
 23:00頃帰宅
☆本日午前:子ども達と農園作業や大もちつき大会(約150名)
   午後:いくつかの年末・年始の集会に出席をするので資料作成。
   
   
 

Follow me!