松阪市長選挙公開討論会・・・

おはようございます。只今の時刻は、AM7:30です。
AM7:00の目覚。自宅2階べランダから見える伊曽島小学校プール全面には氷。
昨夜も風もなく寒かったようです。
◎1/14(水)
市内各所
  ↓
多度総合支所で会派視察の打ち合わせ。
小学校再編問題、現在進行中の市道坂井多度線、美鹿地区農業集落排水事業(農村集落型汚水処理施設)他を視察させていただくことになる。
 ※まだ見ていない箇所が多い。
  ↓
大山田コミュニティプラザにて芸術文化鑑賞事業について懇談
  ↓
市役所でいくつかの協議
  ↓
夜は、公私ともお世話になった方の通夜式に出席
◎1/15(木)
木曽三川ゴミの会の月2回の定例活動日ですが、早朝に電話があり緊急のため、河川清掃活動への参加はやめ、その方を優先する。
その方と20分ほど懇談。
  ↓
昨日に引き続き告別式に出席。
三重長島農協代表者から弔辞。
故人は、いち早く農業の受託(田植え・稲刈り他)を受ける事業に取り組まれ、農業の受託事業の先駆者・・・・・。
  ↓
長島総合支所で協議
  ↓
PM7:00から、松阪青年会議所主催:市長選挙立候補予定者公開討論会に参加。
駅前再開発・中心市街地活性化の議論がメインになると考えていたが違った。
一定のルールのもと
 (1)産業 (2)福祉 (3)安心・安全 (4)教育
4テーマをについてそれぞれが4分間、意見を述べるものであった。
四日市市長選挙においては、コーディネーターが大学教授であったが、今回は青年会議所理事長が務めら、采配や会議所による運営は見事であった。
参加者は、約300名ほど。
残念なことは、四日市の場合でも同じであったが、アメリカ大統領選挙のように本人同士の議論の場がないことであった。
 (※実施するには、相当の準備やルールが必要だが。)
しかし、松阪は桑名市と同じような課題を抱えていることも判明。
合併の地域格差・摩擦。
地域特性・産業構造として、海から山まであり、農林水産商工業。
林業・材木・間伐材の活用まで考えなければならないことである。
候補者は、勢いだけでなく説得力が必要。
2候補とも、原稿を用意し、それをほとんど見ながらのスピーチも残念だった。
終了後、青年会議所の方に聞いたところ、候補者の気持ち・想いが伝わるような公開討論会にしたかったとのこと。
今日は、市内の道路改良工事他の打ち合わせ。

Follow me!