県防災ヘリ隊員の士気・気力・体力、行政の壁、癒しの空間、教員魂

おはようございます。只今の時刻は、AM5:47です。
国政は、混沌としてきました。
出るわ出るわ与野党の失態の・・・・水かけ論のように。
どちらにどう動くか、まだ、わからないが、衆院選の前で何か感???じてしまう。
◎3/3(火)
 県庁で教育・福祉支援で県庁内関係者と懇談。
   前向きであったり・・、少し動きが出てきそうだが・・・。
 その足で、県防災ヘリの視察。
   ヘリに関する人件費他を県内29市町で負担している。
   桑名市の負担は、約400万。
   ヘリ運行は民間委託だが、ヘリから降下する隊員は県内消防本部
   から消防士を1名派遣し9名体制。桑名市も1名派遣。
   各消防本部で希望するものが多く、本部内で選抜試験等を行い
   派遣していることから、士気・気力・体力も高い。
   全県下に及ぶ大規模災害では桑名市に飛ぶことは厳しいが、市内
   木曽三川・沖合いでの水難救助、山での事故等の災害救助時を
   考えれば約400万円は効果的で◎。
  桑名に戻り、質問通告の作成、深夜まで。 
◎3/4(水)
 10:00から3月議会初日。会期は、3/26(木)まで。
   市長の提案説明他で午前中終了。
   午後、会派内の質問の最終調整。質問締め切りは16:00。
   新志会会派4名全員質問。
◎3/5(木)
 11:00から議会運営委員会。
   質問通告に関して内容の審議(議案との整合性・内容)他。   
   その後、質問の原稿作成。この日も原稿作成深夜まで。
◎3/6(金)
 残りの原稿作成をする中、
  長島中予餞会(3年生を送る会)に午前中1時間出席。
    校長先生と懇談した際にお誘いを受け、保護者の方から
    プログラムを届けていただいた。
    ここには書けないような行政の論争・壁を感じる中、
    心が洗われる時間。
  生徒も先生もモチベーションの高さを感じる。
    先生方の席から舞台への出番前になると
    「自分を忘れろ。恥ずかしがるな・・・。」の言葉が聞こえる。
    先生もここ一番の教員魂に気合を入れている。
    生徒の鑑賞する態度も良かった。
    保護者の参加も約100名。数名のお父さんの姿も見られた。
  夜は、伊曽島小学校の学校評議員会(年3回開催の最終会議)
    会議前に、この学校評議員会に出席されるべき、地域教育の
    要の方の冥福を祈り黙祷。
    協議事項は、4ヶ月間の学校の歩み・伊曽島小学校100周年
    最後に「学校評議員通信」
     これは、市内で他校にはない独自の取り組み。
     数年前から卒業式前に発行。
    今までは、
     「何が学校で行われ、何が会議で話し合われたか。」    
    今年度は、
     「何が学校で行われ、評議員がそれぞれが何を感じたか。」   
    学校外部評価に準じるような、意見・提言を具体的に保護者へ
    発信をすることになった。
      学校側・評議員もこの通信に対する取り組みに前向き。
  ※本日3/7、何人かの行政・福祉関係者と午前・午後とも懇談。

Follow me!