マグネットシティー

おはようございます。只今の時刻は、AM6:00です。
◎4/17(金)(午前)
朝の1時間半は、県へ県道水郷公園線の測量に関し「御礼」の電話や会派の庶務・・・で時間が過ぎる。
県職員にとっては「御礼」ではなく「??」に感じる??
   ↓
福祉安全委員会
秋に委員会から市長への政策提言のテーマや視察先他。
(午後)↓
市民の方から、市内を案内してほしいと依頼があり何箇所か同行。
「こんなところにこんな施設があるの?」驚きを見せる。
行政側が、まちづくり情報の発信の仕方がイマイチと感じる。
   ↓
劇団四季:桑名公演(7/24)の側面的支援に関して打ち合わせ。
☆「マグネットシティー」
最近、上記の言葉(造り言葉・造語)が、思い浮かんだ。
インターネットで検索しても出てこなかったので、まだ、社会的認知をうけていない言葉になる。
・市民の方が、まちの旧所・名跡・施設・イベントを知っているか。
・市内のお金は、市外に出さない。地産地消・・・・。
          この言葉の意味は、イロイロ考えられる。
要は、「まち」が、市内(外)の方を磁石のように引きつける魅力も持っているのか?
桑名市は、磁石のように人を引きつける魅力を持っている。
うまく情報発信をして、さらに人を引きつける「マグネットシティー」になってほしい。

Follow me!