まったくお粗末な・・面子・・・縦割り行政・・・6月の嵐・・・

おはようございます。只今の時刻は、AM4:56です。
2日間、3箇所7施設で、情緒障害児支援他に関して視察・調査に行ってきました。
◎4/22(水)
  ・三重県立小児心療センター「あすなろ学園」
   津市立南郊中学校・高茶屋小学校あすなろ分校
◎4/23(木)
  ・愛知県厚生事業団・愛知県立ならわ学園愛知県厚生事業団
   半田市立板山小学校・青山中学校ならわ分校
  ・社会福祉法人:さざなみ学園
人間関係・家庭環境・社会的要因他により、精神的衰弱・いじめ・不登校・虐待・神経性習癖・病虚弱等、軽度の発達障害を有する子ども達を療育・治療・生活支援、教育支援する施設です。
 ・数年不登校のまま過ごしたが、短期間の入所治療により、
              中学校卒業時には公立高校へ進学
 ・子どもの頑張り周囲の方の支援により学力を克服し
                  大学・専門学校への進学
 ・子ども達ばかりではなく家族に対する支援
 ・施設イベントの際には地域へ開放
 ・この施設を支える地域の方やボランティアの存在 他
療育・治療・生活支援と教育支援は「表裏一体」「密接な関係」を確認するため意義深く学ぶべきことが多い視察でした。
ならわ分校では、縦割り学習(低~高学年)で和太鼓の学習の様子も視察できました。
現在、桑名市長島町横満蔵地内に「三重県総合計画により平成22年4月開設」を目指し、情緒障害児短期治療施設の準備・建設が進められています。
この施設は、三重県では始めての施設であり、事業主体・福祉支援・治療支援・教育支援関係者が、一同に集まる準備委員会の未設置、地域への理解・説明・連携他の対応は、三重県・教育行政関係者の連携は、
 「まったくお粗末」「行政組織の面子」「縦割り行政の弊害」他、
まったく話にならず、こちらから「6月の嵐?」をしかけなければならない状況。
 
 ※2日間視察のため、
   本日4/24午前:事務処理、午後:いなべ方面で研修です。

Follow me!