桑名市消防本部・県防災ヘリ共同訓練

おはようございます。只今の時刻は、AM7:56です。
◎5/19(火)(午前)
会派室で会派庶務と思いきや携帯に電話。
当初予定の半分しかできず。
携帯への連絡は感謝しなければならない。
自分を頼っての要望等の案件。
一方、携帯の普及で情報・連絡網が瞬時に可能になった反面、その情報に経済活動が追いつかず現在の不況の一因になっていると何かで読んだことも想い出す。
(午後)
いなべ市藤原町中里ダムへ。
 「三重県防災ヘリ・桑名市消防本部
       (員弁北・南分署)との藤原岳山岳救助訓練」視察。
山岳救助のため数日間、藤原岳へ登山訓練をして、今回も数名が午前中に山頂へ。
登山訓練の後半は、竜ヶ岳での実際の遭難者捜索になり、連日になる。
午後1時半からの訓練を一人で視察。
中里ダムのヘリポートに防災ヘリの離発着訓練も兼ねる。
捜索する「R1・R2」(レスキューワン・レスキューツー)が乗り込み。
   ↓
山頂付近で要救助者(山頂に登った消防署員)発見し、R1・R2がヘリから降下。
   ↓
続いてヘリから防災ヘリ隊員も降下。
   ↓
要救助者を防災ヘリへ引き上げ。
   ↓
防災ヘリは中里ダムへ。
   ↓
要救助者を救急車へ。
防災ヘリ隊員・消防署員のテキパキとした約1時間の訓練内容を視察。
午前中に山頂登り残った消防署員・R1・R2は、藤原岳を捜索訓練をしながら徒歩で帰路。
3月議会で定期的な防災ヘリとの共同訓練を質問。
消防署も計画中であったことから、今回の訓練が実現。
関係者の皆様、ご苦労様でした。
桑名へ戻り、いくつかの案件。
本日5/20日は、少年サッカー支援のための1日の予定ですが・・・

Follow me!