道筋・ストーリー・・・・・

おはようございます。只今の時刻は、AM6:05です。
◎昨日からのTV報道から
前原国土交通大臣が、「羽田空港の24時間運行空港・ハブ空港化」の発言。
交通アクセス・国内の採算割れをしれいる空港の多さの整理他が目的であることは一定の理解ができる。
この報道を見た瞬間に成田空港持つ自治体の長が抗議をする報道がされると考え、実際に異論を唱える報道。
大臣と会談をした関空を抱える大阪府知事も不快感を表すコメントを寄せている。
特に、成田空港は反対運動が歴史があり、地縁・血縁・地域コミュニティの崩壊他、こうしたことは予測ができたはずだ。
八ツ場ダムしかり、羽田空港のハブ化しかり、突然に発表するのはインパクトが大きく、地元を以外の世論を見方につけようとしていることも理解できないことはない。
一方、地元の自治体の反発は相当のものがあり交渉が難航する原因を大臣自らが作ることになる。
政権交代だけで説明はつかないはずだ。
人間性がある道筋・ストーリーが必要に感じる。
政権党である民主党が「3兆円の財源確保」に苦悩している。
連休返上で副大臣・官僚と調整をしているが、4千億円ほどが不足している。
あれだけバラマキと自民党を批判してきたが・・・結果はこれ。
また、補正予算ベースで財源を確保していることも問題だ。
本来であるなら、当初予算ベースで確保できるか検討をしないと、22年度予算編成は、相当の困難が想定がされ、地方自治体への予算編成・確保への影響が大であることは必死。
もう少し道筋・ストーリーがないといけない。
◎10/12(月)
気になっていた県道水郷公園線・市道の「穴凹」を見に行く。
県道は、連休の交通量の多さの原因か?、アスファルトが飛散しかなり大きくなっている。
アスファルトを片付け県桑名建設部に連絡するための資料作成。
13日(火)に根本的な対策はできないものの、補修だけはしてくれるといいが・・・・。
その後、所用を数件。
  ↓
四中工に高校サッカー選手権県予選2回戦の三男の試合を見に行く。
思わず「おじさん」と声をかけられるが、瞬間誰かわからず。
三男の同級生で知人のお子さん。
「大きくなった・・・。」他、しばし懇談。
「テント下でないと日焼けする。」の私の言葉に、友人のいるテントに戻られる。女の子らしい。
試合は4×0で勝ち。
  ↓
桑名へ戻り依頼を受けた案件をいくつか。
 ※本日は、街頭指導の後、県道補修の連絡調整、
       NPO法人設立の相談他を受けているので
              市役所会派室で事務処理他

Follow me!