桑名三川商工会賀詞交換会

おはようございます。只今の時刻は、AM3:10です。
昨日20日は、午前中は数名の議員と懇談後、前日に引き続き多度総合支所へ。
庁舎内北側に見える多度山は、魅力を感じる。
窓枠が額縁となり、日光・雲の変化で違った表情を見せてくれる。
当選後に会派での多度視察時、当時の総合支所長さんが、窓枠が額縁となるように建設した旨の話が思い出される。
多度と私の関係は、多度大社伶人の皆さんに伶人の基礎、玉串奉納の際に奏でる曲「越天楽」(えてんらく)をS58年・9ヶ月間週1回学ばせていただいた事から始まる。
多度山は鎮座する多度大社があることから、私にとっては霊峰:多度山。
午後は、長島地域審議会を傍聴。
傍聴者8名の内、市議7名。
前回の審議会で委員が強く発言・質問し、今回の会議の前に委員間で事前勉強会が開催されていることから、今回は粛々と審議が進行するが、海抜0m地帯・堤防と排水機が生命線の長島では、防災が議題になると発言をされる方が多い。
大きな波乱もなく会議は終了。
夕刻より、桑名三川商工会(多度・長島地区)賀詞交換会。
桑名には合併後、商工業関係の団体として、桑名商工会議所・桑名三川商工会が存在する。
この2団体の統合を主張される方もみえるが、設置に関する根拠法が違い、当然のことながら全国・県の本部も違い、商工会会員は会議所以上に個人零細事業者が多く、統合は現実的に困難。
商工会長さんの挨拶では、
 ・地域活性化 ・地域再生 ・特産物を使ったコロッケコンテスト
 ・環境対策への積極的活動 他
熱い思いを語られる。
 ※本日21日の多度地域審議会・・・・他

Follow me!