多度地域審議会傍聴・・・・・

おはようございます。只今の時刻は、AM6:54です。
国政は混沌としていますが、私は粛々と活動をしてます。
ご案内を受けた実践倫理宏正会の朝の集いに参加し今帰宅。
寒さは厳しいものの風もなく心身共に引き締まる感じがする。
◎21日<午後>
多度地域審議会傍聴。
工業団地アクセス・多度山再生&活性化・学校再編問題が取り上げられ会議時間は約3時間半。
学校再編に関しては、今回も含め11月の多度東・西・南小の合同説明会を傍聴時でも感じたが、行政側が地域へ説明する時期の調整不足を感じた。
審議会委員もその事を指摘する発言。
H23.4月に統合を目指しているのに、今だ解決に至っていない。
行政・地域・保護者、3者は「子ども達の教育体制を確保しなければならない。」目標は一致する。
一方、その心・手法は3者とも必ずしも一致するものではない。
◎22日<午前>
情緒障害児短期治療施設に関して関係者と懇談。
地域は施設と子ども達が地域と共存できる体制作りに協力しようとしているのに、行政側の歯切れの悪い説明に厳しい意見。
県は自分達の立場・日程を優先し、地域への配慮に欠ける・・・。
 ①関係する団体長への説明会→②地元への説明会→
   ③同意→④建設→⑤完成後開所前の施設見学説明会
①~③がないままに着手。
<午後>
地域医療に関し関係者と懇談。
地方自治は、最少の経費で最大の効果を目指さなければならない。
現在の市民病院の老朽化も分からないわけではないが、莫大な建設費用が市民の皆さんに重くのしかかるのも事実。
 
◎23日<午前>
問い合わせのあった道路補修がされているか確認に。
道路穴凹で車破損、補償をしなければならないケースが全国的に増加している。
職員時代、私も厳しい対応を迫られたことがある。
今回は補修済。
<午後>
連絡を受けた方と面談。
出来ない事は出来ない、時間を要する事は時間がかかると明確に言わなければならない。
<夕刻>
5名の新自治会長さんと当面の諸問題に関して懇談。
R23号線橋梁工事・渋滞対策他、メンバーも変われば再度説明する必要がある。
 ※本日24日は、
   午前:4自治会で構成する自主防災組織の
             ポンプ点検・地元のミニ出初式に出席
   午後:伊曽島小PTA保護者向け説明会
                 情緒障害児短期治療施設
   今から資源ごみを出しに行きます。
   

Follow me!