ハマグリ文化

おはようございます。只今の時刻はAM6:03です。
連休が3日過ぎました。
午前中、自宅周辺:国道23号線以南は大渋滞。
長島温泉のアンパンマン子どもミュージアム&パークへの来園者は相当の人数。
本日の中日新聞によれば昨日は約1万人とのこと。
長島町時代から感じていたが、桑名市(長島町)の長島温泉ではなく「全国有数の観光地である長島温泉」。
市全体の観光施策との連携の必要はあるが、現実的な話として外の方から見れば市とは別物と認識されているのではないか。
全国から集まる研修会に参加した際、「愛知県内・名古屋経済圏にある長島温泉」として認識している方も多かった。
鈴鹿市と方と話をした際、「鈴鹿市内の鈴鹿サーキット」ではあるが、「8耐・F1の鈴鹿サーキット」が全国的なイメージと言われたことがある。
「市」の部分はどこかに消えてしまう。
長島温泉の集客の戦略・戦術も東海・近畿圏からの来訪者に、1泊2日の旅行の場合、1日目:長島温泉の遊園地・プール・ホテルで宿泊、2日目はアウトレット・なばなの里へ。
関連施設内の自己完結型の集客を目指していると感じる。
一方、この連休で市全体の経済・財政への効果は相当のものがあると考えてしまう。
5/1(土)午前中は赤須加地区複合施設「はまぐりプラザ」の竣工式へ。
 公民館・地元漁協事務所・漁業交流センター複合施設
漁業組合長さんの挨拶は、ハマグリの復活にかける熱意が伝わってくる。
式典後の相可高校:村林先生・生徒の地元水産物料理も良かった。
食事時間中は、静けさが会場を支配した。
このプラザの存在をどれだけの市民の方が知っているのだろう。
漁具等の資料から展示品のひとつ一つに、脈々と続く「桑名のハマグリ文化」を感じる。
是非、足を運んでいただきたいと思う。
3日間、六華苑へ大橋議員と絵画展、水辺のやすらぎパーク・なばなの里青空市場他、市内アチコチと山のような事務処理他。
本日も市内アチコチの予定。

Follow me!