「拍手」「ヤジ」×「段取り」「手法」

おはようございます。只今の時刻は、AM4:33です。
<25日(火)午前>
四日市市上下水道局と鈴鹿市水道局へ、漏水・緊急事故修繕等の調査へ。
東名阪集中工事のため、四日市まで1時間と考えていたら15分遅れ
9:15着。
途中で電話はしたが、到着時間の見通しの甘さ・・・。
鈴鹿でも調査を済ませ帰路も1時間半ほど。(普通であれば45分)
工事の必要性は理解できるが、長距離トラック運転手の方には相当のストレスになるだろう。
本年10月から始まる国道23号線下り線「揖斐長良・木曽川大橋」補強工事。
国交省の担当者とも人脈もでき、昨年度の工事は18日ほど短縮。
今年度の工事も相当の働きかけをしたい。
<午後>
桑名地域医療対策連絡協議会を傍聴。
開始時間13:30の3分前着。
私を含め3名の議員が傍聴。
大きな進展もなかったが分科会を設置し、今後は介護・医療等の連携に向け審議することになる。
多度総合支所へ諸課題の調査。
<国政>
 -事業仕分け第2弾終了-
出るわ出るわ公益法人の天下り構造・埋蔵金。
第1弾と違うことは、傍聴席からの「拍手」と「ヤジ」。
   ↓
仕分け判定を省庁に守らせるのに苦労しているのに公益法人は、
官と密接に関係はあるが基本的には民間。
法人を所管する省庁他の今後の抵抗もあるだろう。
判定を遵守させることができるのか政権の手腕が問われる。
 -普天間問題-
福島社民党党首は仲井沖縄県知事と共闘を呼びかけ。
首相「社民切り」を覚悟したのか?
 -口蹄疫-
赤松農相が謝罪。
  ↓         
「段取り」「手法」「地元無視」「準備不足」
言葉はいくらでも浮かんでくる。
市政運営にこうした言葉がないことを期待したい。

Follow me!