灼熱のやける日射しのグランドに一球入魂高校野球・・・・・

おはようございます。只今の時刻は、AM3:42です。
◎7/17(土)
早朝から「伊曽島地区夏祭り」準備・本番。
第20回の記念大会とういことで来場者も例年と比較して多数。
小学校の先生方も「焼きそば・・・」他の担当。
開かれた学校を目指すのであれば、学校側も地域に出ていく必要がある。
好ましい姿。
片づけ帰宅は23:00.
夕刻、1時間半ほど民間保育園のイベントへ。
挨拶を求められ、挨拶が続いたので雰囲気的に短いほうがいいと考え、
「今日のイベントの主役は、小さなお子さん達です、元気な姿をを拝見し嬉しく思います。健やかな成長をお祈りします。」
終わった瞬間、顔馴染みの5才児の子どもが大きな声で「短いお話」の一声。
会場は爆笑の渦。
◎7/18(日)
夏祭りの片付け・会場清掃の半日。
短パン・ポロシャツの姿で、市民会館・博物館の「市民展」へ。
思わぬぬ方に出会って話をしたりイロイロ。
夕刻から「長島北部地区夏祭り」会場へ。
◎7/19(月)
毎年、夏にしている少年サッカーゴールのペンキ・ネットの補修の準備。
思えばこの作業も15年目になり、ゴールの数は大小12組まで増えた。
その合間に霞ヶ浦球場での高校野球。
稲生3×2川越、桑名工10×0昴学園の試合観戦。
特に知人の子どもが出ているわけでもないが、5年前からの自分のイベント。
 <灼熱のやける日射しのグランドに一球入魂高校野球>
三重県のチームの中には恵まれない環境の中での練習や、廃部の危機を乗り越えて出場しているチームもあるだろう。
試合結果がどうであろうが、いい試合をしてほしい。
 ※3日間で多くの方に出会った。
  市民の皆さんとの対話が、私にとっての心の栄養。
  この気持ちを大切にしていきたい。

Follow me!