冬期の自主トレ

おはようございます。
1週間、市内をアチコチ・山積みの事務処理に忙殺されていますが、
昨夜は所属するソフトボールチームの忘年会で気分的にリフレッシュ。
21年シーズンは、打率3割3分・出塁率5割ほどであったので攻撃は、
マズマズ。
1塁からホームまで全力疾走をしても、転倒・足がもつれることも無かった。
一方、守備はイマイチ。2試合に1度はエラー。
メンバーから「市野さんは守備の際、ボールよ来るなとオーラが出ている。」と厳しい指摘。
元々、パワー(レガッタ)・持久力(タイムは今イチですがトライアスロン他)系は、人並みに。
投げる・ラケット他を使う「手首・指先の微妙な感覚」が求められるスポーツは全く「×」。
1ヶ月間で7キロ「-」ですが、この1週間で3キロ「+」。
戻るのが早い体質。
ソフトボールのためだけでなく体のケアのため、冬期の自主トレを進められる。
<自転車から見た桑名の道路(路面)>
1週間、自転車で桑名・多度・長島を走り回った。
自転車の走行距離「431㎞+α」
車社会の中で見えてこなかったものが見えくる。
路面が著しく風化・老朽化し石がゴツゴツ、私の自転車(マウンテンバイク)でも走りにくいのであれば、高齢者の方にはなおさら、車椅子の方はさらに。
高齢者・幼児他が、転倒した場合のケガも心配。
こうした路面の補修は、「本来、議員の仕事ではないのでは。」と言われる方もいますが、私の場合は「気付いた人が、地域の自治会長さん他と相談して、うまく処理すれば。」が基本。
住民生活の向上につながる。
県道大山田東員線の本年度分の全面補修も終わりに近づいている。
昨日も、市内数箇所の現場へ。
「今まで誰も指摘がなかったのか?それとも?」
本日21日もイベント等で市内アチコチ。

Follow me!