市政×県政×国政

おはようございます。只今の時刻は、AM6:16です。
毎日バタバタ。
その中で感じたこと。
<国政>
補正予算はかろうじて通過したものの、閣僚の迷走発言、発言の取り消し・謝罪等、未熟内閣と言われても仕方がない。
北朝鮮の韓国砲撃等への危機管理能力への対応も。
移動中にラジオで国会委員会で砲撃に関する質疑中継を聞いていたが、内容はあまりにも「お粗末」。
内閣支持率も危険水域、国民支持も与党・野党で逆転。
一方、本日早朝のTVニュースでは、菅総理が鳩山氏と懇談し、内閣支持率が1%になっても辞めないと発言。
前にブログした清渓セミナーの日程が数日遅かったなら、福岡教授は更に厳しい話をされたに違いない。
<県政>
志半ばにして野呂知事は、2期8年で終焉。
北川知事のRDF事故等、その後始末等お気の毒であった感じもする。
パフォーマンスではなく実務・堅実な方、前知事時代、市町村と疎遠になった関係を修復した新聞報道の記事も。
野呂知事の県立博物館の構想もわからない訳ではないが、県内の地位医療対策に相当の予算を投じているものの、もう少し道筋をつけてほしかった感じがする。
<市政>
市議会では、概ね会派構成も終了。
3人以上が会派と位置付けいるため、3人以上で議員の半数(15/30名医)以上でないと、会派代表者会議や会派調整ができない。
現段階で3人以上のメンバーで4会派・18名となった模様で概ね良好。
会派は基本的に政策集団。
基本的な施策に対する考えが一致しないと。
12/6から2期目のスタートだが、現在のメンバーで29日に臨時議会が開催される。
今期で勇退される先輩諸氏と懇談できるのも事実上最後になり、謝意を。
 ※本日は、資源ゴミの当番、その後、市内アチコチ。

Follow me!