変えたいだけでは変わらない

おはようございます。只今の時刻は、AM4:04です。
昨夜は、爆睡して今目覚め。
昨日29日は、市議選立候補者の収支報告書提出の第1回目の期限。
第1回目(?)と思われる方もあるかもしれませんが、選挙中の電話代(口振であれば期間中の相当額を計上)、請求書が届いていないもの、清算が途中のものを除いて提出する必要があります。
全て整った段階で第2回目として収支報告書を速やかに再度提出。
市民の方に知られていないことに、選挙期間中にボランティアで手伝ったくれた方は、無償の労務提供として一定の時間単価を設け寄付(金)として報告書に明示しなければなりません。
山積みの書類の中から請求書・領収書を探し出し、昨日17:10に第1回目分として提出。
職員の勤務は17:15までなので、ギリギリセーフ。
<市政>
昨日、会派調整会議が開催され、12/6からの任期後の議員間の調整や事務的な課題を協議。(私は出席していませんが)
会派は3人以上の申し合わせなので
「(6人×1G)+(4人×3G)=18人」の4会派の代表と「2人×3G」「1人×6G」からも出席。
会派調整会議が開催されたことで、私の所属する会派も皆さんに報告できます。
代表:鷲野勝彦氏(3期)、大橋博二氏・飯田尚人氏(2期)と私(幹事長・政務調査費会計責任者)の4名で
  「新桑会(しんそうかい)」(新しい桑名を考える会)
として2期目をスタートします。
新桑会のの理念として「基本的な課題について統一的な見解を持つ政策集団、4名だけではなく議員間の情報共有に努める」他を4名で話し合いをして合意に達し会派を結成しました。
最近、地方議会のことが新聞報道されることも多く、桑名市議会や市議の活動について質問を受ける機会も多々あります。
こうした話では、「変えたいだけでは変わらない。」を末尾につけることにしています。
1期目では、様々な事を学ばさせていただきました。
先輩議員と十分な話し合いの必要性、意見が反しても調整し次の機会に更なる高みを目指す・・・・・。
活動のスタイルは個人により様々ですが、議員の多くの方と話し合いができる状態にしておくこと、情報の共有に努めることで、様々なチャンスや改革する機会を得ることができます。
9月議会の「市民病院と中核的な民間病院との統合再編に関する決議」(議員提案)では、先輩議員から「君が代表提出者にならないか。」と連絡を受け「2日間ほど考えさせてください。」の回答して、結果的に私が先輩議員のご配慮により24名の代表提出者に。
その後、事前通告もない質疑を本会議場で受ける必要もあり、3日間ほど過去の会議録・資料を熟読し、結果的に4氏の市議と本会議場で議論を。
いい機会を与えていただいた先輩議員の皆様には「感謝」の一言です。
<自転車>
某サイトにおいて、選挙中の私の自転車での活動についてご心配をおかけしていますが、事前に選管に「問題無し」(※安全確保に努めるのは当然ですが)を確認しています。
農道や狭い道では機動的、横断歩道で信号待ちの際には有権者の方から話しかけられることもあり身近に感じていただくこともできます。
ご心配をいただいたき感謝します。
※本日30日は、12月議会のための議案説明、12/2午後の
 R23号線補強工事「伊曽島小3.4年生工事現場見学会」の準備
 (約45年前の建設当時の写真資料収集)、
 工事関係者から相談を受けた地元対応の案件の調査や協議 他

Follow me!