水道事業:4億円のロス:NO.2・・・・・

只今、帰宅。
本日21日、建設水道委員会での出来事。
私は、福祉安全委員会のメンバーであるので参加していない。
勉強のために「傍聴せよ!」と言われる方があるかもしれないが、会派で情報共有に務めているのでお許しを。
この時間帯は、別の調査。
建設水道委員会で私のブログの「水道事業:4億円のロス」、その他事項で委員側から質問。
市側から「数字的にはそうなる。施設・機器・配水管の老朽化が著しい・・・・・・・他」の説明。
これに対して委員から様々な意見。
いい意味で盛り上がったと出席した委員会メンバーから聞く。
委員間での情報の認識が高まったらしい。
仮に近い将来、水道料金改定の協議が始まった場合は別問題。
市民の皆さん・市議会に説明責任が果たせるのか、ここが重要。
改善努力がどこまでできるか?
市政運営上、国保・下水道料金を含め同じタイミングで改定するのは現実的に無理。
3年前に私の頭では、H23.4月に水道料金改定をイメージしていたが、現段階では不祥事他で現実的に不可能。
市側は、いつの時期を考えているか。
経営も限界に来ている。

Follow me!